初夏の女子会

テーマ:

いつものメンバーでランチ会。

大人気のフレンチ odeに行ってきました。

 

6名ほど入れる個室と、12名ほど座れるカウンターのお店。

内装もとてもおしゃれで、サービスの人数はこの規模にしてはとても充実していました。

 

コースはおまかせのみですが、苦手食材、アレルギー食材などは事前に調整してくださるそうです。

 

まずはお店の定番 ドラゴンボール

 

 

 

オマールエビの濃厚な出汁をボールに閉じ込めて。

このあと、ハーブやフルーツを漬けたコアントローをいただき、余韻も楽しみます。

 

次のアミューズはきゅうりをお花の形に。

 

 

このアイデアいいですねえ。

中には生のからすみ、ディル、松の実など。 濃厚でおいしかったです。

 

 

続いてはタルト仕立てに仕上げたもの。

 

枝豆のエスプーマに、キャビアをしのばせ 上には緑茶と抹茶パウダーをまとったバターが。

 

続いて前菜 鰯のマリネ。

 

ウイキョウのサラダや赤玉ねぎ  尾崎牛のタルタルをあわせ、

イワシのアラの部分でつくったメレンゲがかかっています。

 

こちら、すばらしかったです。 お店の内装が実はグレーなんです。

そしてお皿もグレー、お料理もグレー。 なのに、暗くなく、

スタイリッシュに仕上げてあって味も抜群。

いわしと牛のタルタルっていう組み合わせもすばらしかったですが、

なによりこのメレンゲがおいしい。 はじめて食べました、

 

 

次の前菜はリゾット。

 

夏らしく、つるむらさきとおくらのリゾット。

 

その上にうに、トップにはモロヘイヤのフリット

 オクラやモロヘイヤなどのねばっとしたものの組み合わせ。

 

このリゾットが何とも言えない食感でおいしい。

フリットもぱりっとしていました。

 

 

パンは季節、ということでとうもろこし入りのフォカッチャ これがとってもおいしくって。

お代わりできるとなおよいのにー!

 

 

魚料理は鱸でした。

 

この上にのっているのはイカのワタ

このワタがエビのような魚介の濃厚なうまみとなっていました

ズッキーニやウイキョウの花もいいアクセント。

 

お肉料理はシャモのバロティーヌでしたが私はお魚に。

クエでした。

 

新生姜のソースやラタトゥイユを合わせてあり、こちらもとってもおいしい

 

デザートと合わせるドリンクはハーブティと黒文字のお茶。

できればコーヒーも選べるとよいなあ、

だって、デザートがコーヒーに合いそうだったから。

 

パッションフルーツのブリュレ

 

 

 パッションフルーツをくりぬき、ブリュレに。

チョコの濃厚さに酸味がほどよいパッションフルーツと組み合わせが最高でした。

 

小菓子は抹茶とグレープフルーツのマカロン

最後まで大満足のメニューでした。

 

また行きたい!