無念さの奥にある、愛を感じて・・・

中村 美幸オフィシャルサイトはこちら

 

【講演会・おはなし会の情報】

☆「いのちと心のおはなし会」@半田市

<日時>6月9日(日) 10時から13時 (延長する場合があります)

<場所>半田クラシティ3階市民活動ルームABC
<参加費>3,000円
【お申し込み先】ハンドメイドクラブ新美佳子  (TEL)080-6955-1214  (メールアドレス) h_h8524y_y@ezweb.ne.jp
留守電切り替わった場合は、番号とお名前を残していただければ、折り返えさせていただきます。
※残席わずかです。
 

☆「幸せは足元に落ちている」~我が子を看送る時間の中で~@東京・長野

【東京】

5月19日(日) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>かん芸館(荻窪)

<入場料>3,500円(小学生~高校生500円)

【長野】

6月22日(土) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>長野リサイクルプラザ多目的ホール

<入場料>2,500円(小学生~高校生500円)

 

お申し込みはこちらから

 

その他、講演会等についてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

 

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

 

・~・~・~・~・

 

「渓ちゃん、ありがとうね。楽しかったね。

 

・・・渓ちゃん、もういいんだよね・・・」

 

 

腕の中でかすかな呼吸を続ける渓太郎の耳元でそう囁くと、それからほどなくして、ベッドの脇に立つ医師の口から、温もりに包まれた凛とした声がこぼれた。

 

 

「3時10分です。

 

渓太郎くん・・・よく頑張ってくれました」

 

 

 

それは20年前。

 

渓太郎との別れ間際にかけた私の言葉と、医師による、あまりにも優しい死亡確認の言葉。

 

 

 

 

3月11日。

 

この8年間の間に、テレビから流れてくる震災の映像を何度も目にした。

 

視覚は画面の中の画をとらえながらも、いつも頭に浮かびあがってくるのは、渓太郎とのあの別れの場面だった。

 

 

そして、突然の災害に見舞われて、大切な人に直接伝えることができなかった言葉の数々・・・想いが頭をめぐる。

 

 

 

最後に・・・

 

なにを伝えたかっただろう・・・・

 

なにを残したかっただろう・・・

 

 

 

すると、いつでも心の奥から聞こえてくるのは、決してネガティブな言葉ではなく、愛にあふれた言葉と想い。

 

 

 

ありがとう・・・

 

愛しているよ・・・

 

ごめんね・・・

 

 

 

それは、無念さの奥にある、いつまでも継続される深い愛。

 

 

残された方がいつまでも、いつまでもこの愛を感じ続けていられますように・・・。

 

そして、旅立たれた方の無念がいつの日か、深い安堵へと変わりますように・・・。

 

 

 

 

 

 

~*~ こちらのブログは自由にリブログしていただいて構いません。 ~*~

 

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます