中村美幸公式ブログ - 「存在=愛」-

~天使になった子どもたちが教えてくれたこと~

~*~*~ お知らせ ~*~*~*~

2月17日(土) クレハート「私が私に還るおはなし会」

2月24日(土) クレハート「私が私に還るおはなし会」


講演などのご依頼・お問合わせはコチラ ⇒ 中村美幸オフィシャルサイト


テーマ:

月2回お手伝いさせていただいている精神科病院内にある「リラクゼーション サロンcle」でのこと・・・。

 

 

その日は、歩くことが困難な田中さん(仮名)のため、病棟に伺ってヘアカットをすることになった。

 

 

看護師さんに案内してもらいながら病棟の中に入ると、まもなくして廊下の向こうから田中さんがやってきた。

 

 

 

すると、準備しておいたイスに座った途端、田中さんがいきなり真っ白な壁を指差して声をあげた。

 

 

 

「キレイね~!お花がいっぱい!ほら!」

 

 

 

 

 

「・・・はい。お花ですね。」

 

 

 

 

肯定も否定もせず、私が静かに答えると、田中さんはもっと感動して欲しかったのか

 

「ねえ!見てみて、こんなに咲いてる!!ほら!!」と、さらに声を大きくした。

 

 

 

 

(見えないのに、見えているフリをしていいのだろうか・・・)

 

そんなことを思いながら、また「お花・・・はい。」と答えると、その後はうっとりとした顔をして独りでつぶやき続けた田中さん。

 

 

 

「キレイね~。こんなにたくさん!あっ!あっちにも、こっちにも・・・。」

 

 

 

 

瞳をキラキラと輝かせてつぶやくその表情を見ていたら、ふと、疑問が湧いてきた。

 

 

 

 

 

田中さんが、ないものが見えているのか・・・。

 

それとも

 

私が、見えていないのか・・・。

 

 

 

 

 

田中さんの傍らでそんなことを思っていると、心の中から少しずつ答えが見えてきた。

 

 

 

 

 

そこにあるかないかではなく、田中さんには見えているということ。

 

 

そして、

 

 

私にはそれが見えないということ。

 

 

 

 

 

そんな目の前の事実をただ真っすぐに受け止めることなく、私は正解を求めていたのだと・・・。

 

そして、

 

自分が正しいと思い込むことで、田中さんを不正解だと決めつけていることに気がついた。

 

 

 

 

 

それから、ただ真っすぐ事実を受け止めたら、やっと淀みのない言葉がこぼれた。

 

 

 

「いいな~!キレイなんですね!」・・・と。

 

 

 

 

 

住んでいる星は同じでも、生きている世界は一人ひとりちがう。

 

 

 

 

だからこそ、心と心を繋げるためには

 

理解することよりも、認めることのほうが大切なのだと気がついた。

 

 

 

 

 

私も・・・

 

身体をもたいない渓太郎の声が聞こえる。

 

話ができる。

 

 

 

それはきっと、私の世界だけのこと。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)