~緑の木陰で、幸せな時を~

   ~緑の木陰で、幸せな時を~

~ファンタジックな森のコテージハウスで素の自分を取り戻す時間を~
東京から札幌へ移り住み、50代で全ての夢を叶えたアロマセラピストが綴るセンス・オブ・ワンダー。

グリーンアーチの《緑の木陰》にいらして頂いて有難うございます。

優しい風が葉を揺らす。木漏れ日の輝き。
心地良い自然の香りにふわっと包まれ《幸せな時を》過ごして頂けますように・・・。

2008年、東京・下北沢でオープンした《グリーンアーチ》は、自然に導かれ札幌へ。
2015年、道内一のパワースポットでもある北海道神宮の山のふもと、木々の中に佇むアロマコテージハウスとしてオープンしました。
北海道の自然素材にこだわった心とお身体に優しい空間。
小鳥がさえずり、リスさんが走り回る、緑のパワー溢れる環境と、アロマテラピートリートメントが融合することで、ご自身の自然性や感性が高まります。
ご自分を大切に想う時間に相応しいアロマコテージハウスです。
植物の素晴らしさを、アロマセラピストとして、講師として皆さまにお伝えするのが私の使命であり喜びです。ブログにいらして下さった皆さまに心より感謝申し上げます。
ホームページ ⇒ https://green-a.shopinfo.jp/
《宮の森アロマテラピーサロン&ハーバルクラブ グリーンアーチ》

北海道の美しい自然、小さな幸せのタネを発信したく、人気ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けるとポイントになりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

人気ブログランキング

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

 

 
お早うございます。
今朝も素晴らしいお天気。
 
空は眩しく輝いていて、山々は緑が一段と濃くなりました。
 
小さな窓のカーテンを締めていないので、外から入る光で自然に目覚めます。
 
体内時計は太陽の光に反応するので、夏は早くリセットできますね。
 
さて、昨日は認定教室での「ハーバルセラピスト養成講座」でした。
 
外に広がる山々と気持ち良い空を眺めながら、メディカルハーブを学ぶ。
 
心も伸び伸びと、最高に楽しいですよ♪
 
各論は、イブニングプリムローズ。

 

 

必ず、この動画をお見せします。
 
こちらは、大花雌待宵草ですが、とてもインパクトのある映像なので、この植物が印象強く記憶に残る。
 
蕾の状態から、ゆっくりクロスの状態になって一瞬で開花します。
皆さん、とっても驚きます。
 
私も、その場に立ち会ったとき、衝撃を受けました。
 
充満したエネルギーがパッと飛び出だすのを感じてください。
 
撮影場所は、数年前の月見想珈琲さんです。大倉山月見想珈琲店 (tukimisou.com)
 
他に、白や綺麗なピンクの月見草も咲いています。
 
2階のカウンターの窓からは、グリーンアーチが見えますよ。

 

 
ミネラルウオーターの入っていた瓶ですが、濃いブルーが似合うと思って。
 

マルベリーをメインにブレンドしたものを、毎朝作りマイポットに入れています。

 

食前に飲むと生活習慣予防になりダイエットも期待できますが、お食事の支度をしてハーブティーを入れて先に飲むというのが案外忘れがち。

 

ポットに入れておくと、すぐ飲めるのでこの方法に落ち着きました。



 

夏は水分補給が必要な季節ですね。

 

どうしても冷たいものを飲みたくなりますが、なるべく温かいハーブティーを取り入れて。

 

冷たい飲み物も、ハイビスカスやミントなどのブレンドでハーブティーを冷まして冷蔵庫に入れています。

 


これから暑さも本格的になりますね。

 

特に道外に住んでいらっしゃる皆さま、どうぞご体調に気をつけてお過ごしください。

 

今日も楽しい1日になりますように・・・。

 

 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

 

 

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

 
こんばんは。
いつもご覧いただいて、ありがとうございます。
 
1日遅れで、父の日の小包が届きました。
 
ネイビーとベージュのラッピングペーパーに細い革ひものようなリボンが結んでありました。
 
青フラらしいおしゃれなブーケ。 
 
元フローリストとしては、その目線で色々感じることがあります。

 

 
お酒も一緒に入っていて、花酵母を使ってあるのです。
 
このコラボ商品、さすが良いアイディア!
 

 

 
お花の色味についての説明も感心しました。
 
おしゃれなニュアンスカラー(例えばベージュ系とか)のお花を使うと、送り主様によっては、枯れているというクレームが来たことを思い出しました。
 
このような説明が最初から入っていたら納得しますよね。
 
多分、このカードが入っているということは、そのようなクレームがあったのだと思います。
 
 
特に高齢になると、鮮やかなはっきりした色以外は分かりにくくなるのです。
 
説明も小さな字で書いてあると読みにくいですよね。
 
これは本当に分かりやすいなと感心しました。
 
 
青フラのアイディアは、花業界にあっていつも画期的です。
 
ブーケの切り口に保水ゼリーをつけるというのも青フラが始めたこと。
 
 
きっとアロマサロンも、斬新なアイディアがまだまだあると思います。
 
当たり前にしていることに疑問を持って、より良いもの、時代を少し先取りすることに変えていかなくては。
 
固定観念に囚われることなく、新しいことを取り入れる柔軟性は、どの分野でも本当に大切ですね。
 
ユニクロの販売形態も刺激を受ける一つです。
 
 
昨年の父の日は、娘も夫も近くに住んでにいたので、わざわざ小包を届けることはなかったと思います。
 
このカードを見た時、長生きしてねと言われるような年になったんだなと思いました。
 
65歳以上は高齢者に入るのですからね。本人は全然そんな気ないですが。
 
 
娘から見れば、祖父が他界したことで、急に順番が進んだような気がしたのかもしれませんね、
意識していなくても。
 
私が父を案じ感謝したように、今度は娘が夫を案じ感謝する。
 
次世代へ繰り返していく絆。
 
 
 
父に、お酒とグリーンアーチガーデンで摘んだお花を飾りました。
 
写真の父が、もっと頬ゆるんだように見えました。
 
 
 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

 

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

 

こんばんは。
 
今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。
 
ハートの花びらに、ニンマリする60代のアロマセラピスト&ヒーラーです。(*´∀`*)
 

 

 
ハイ、今日は講師としてのお仕事。
 
アロマレッスンの3回目でした。
 
4月からスタートして、ご希望に合わせてゆっくりと日程を組みました。
 
ガーデンの変化が見たくて、前回から1ヶ月以上空けていらしたTさん。
 
もりもりになっているガーデンを見て大喜び♪
 
 
早速、ガーデン撮影会をしました。
 
あら、妖精さんが写っていましたね。(゚∀゚)

今日は夏至なので、姿が写ったのですね(๑・̑◡・̑๑)

 

 

グリーンアーチガーデンに佇んでいると、妖精さんがいつの間にか集まってきて、フェアリーパウダーがかかり、誰もが妖精さんになれるのです。

 

 
ルピナス*ハピネス♪~
 
長女と同じくらいの年齢のTさん。 
 
若さが眩しい・・・。
 
思えば、ちょうど同じ年齢の時に、自分のこれからの人生を考え立ち止まりました。
 
フラワーアレンジメント教室に通い始めたのです。
 
その一歩が良かった。全ての始まり。
 
道は続き、今に至ります。

 

image
 
ローズの香りにうっとり。
 
実習のロールオンアロマにも、ロース・オットーを入れてブレンド。
女性性を高める美しい香り。
 
アロマフレグランスは、これからの暑い季節にぴったりの爽やかで元気が出る香り。
 
2つとも、お気に入りのブレンドになりました。

 

お写真は許可を得てアップさせていただきました。
 
アロマを学びたい・・・と、色々調べてグリーンアーチを見つけ「ここ!」と思ってくださったそうです。
 
私も出会えてうれしいです。 
探して下さり、本当に有難うございます。
 
これからも、ご自分らしく、楽しい人生を歩んでくださいね。
 

image

 

4月は、特別に課外授業も。

 

スプリング・エフェメラルに会いにいきました。

 

image

 

グリーンアーチでは、アロマレッスン、ハーブレッスン、ハンドトリートメント、フラワーアレンジメントなどのレッスン、JAMHAの認定教室として 「ハーバルセラピスト養成講座」を行っています。

 

ピンとくるレッスンにいらして下さいね。

 

私ならではのこれからの人生にヒントとなる、有意義なアドバイスや経験談もお話ししています。

 

夢に向かって歩み、実現したからこそ、お伝えする言葉には真実のエネルギーが宿っています。

 

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

緑のご縁に感謝。

 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

image

 

こんばんは。

 

前回のブログは、感情そのままに長々とブログにまとめましたが、貴重なお時間を割いて、ご覧いただき有難うございました。

 

プライベートなことでしたが、いつかは通る道。

皆さまと気持ちが共有できる部分や参考になることがありましたら幸いです。

 

初めて肉親の死に接して、悲しみや寂しさ、喪失感、諦め・・・ 本当に様々な感情の揺れを体験しました。 

 

同じように大切なご家族に先立たれた方々のお気持ちが、初めて実感として分かりました。

 

これからは、其々のお心に寄り添った言葉や、また直接的でなくても、静かに祈るということが、以前より深く出来ると思います。

 

アロマセラピストとして、ヒーラーとして、父の旅立ちを通して心も愛も広く深くなったと感じます。

 

 

image

 

「愛された」という実感は、自分を満たし周りに溢れるのです。

 

心の根をしっかりと根付かせ、自信を与えてくれて、自分を信じ迷わず行動出来る。

 

父のことがあったからこそ、かえって仕事に集中出来て、かけがえのない特別な時間になりました。

 

東京へ行くのは、感染のリスクがあるので留まり札幌の空から祈りました。

父も分かってくれたと思う。

 

資格取得のカルテ症例で父も練習台になってくれたのですから、その為にもこれから先出来るだけ長く続けていこうと、思いを新たに・・・。

 

image

 

人の最期は、何歳で迎えるか、ろうそくが徐々に消えるようにか、または突然か、自分のことでさえ予想がつきません。

 

何かしたいという夢や計画があるのでしたら、状況やタイミングを見て、なるべく直感に従い早く行動するのをお勧めします。

 

歳を重ねるごとに、(自分が長生きだったら)身内だけでなく、知り合いや友人を見送ることが多くなるのだな、としみじみ。

 

その喪失感は、かなり心身の負担になると想像します。

 

image

 

その為にも、自分一人の楽しみを持っていたほうが良いですね。

 

ご自分がワクワクする、なぜか惹かれることを。

 

アロマテラピーやハーブは、弱っている時こそエネルギーを与えてくれます。

精油の瓶を開けると、ふわっと漂う香り。

 

気分転換に、またはゆっくり過ごしたいときに、其々のシチュエーション、心の状態に合った香りを選ぶ。

 

いつもそばにいて、元気づけてくれる、癒してくれる心友。

 

そして、ガーデニング。

 

お花の色、香り、形、質感、発する波動・・・

 

土と植物との触れ合い・・・ 無心になれる時間。

 

image

 

6月は2回、ギャザリング講座に行ってきました。

 

 

 
こちらは2回目。
鉢に合わせて、良い感じにできました。
 
 
お客様から頂いたバラ。
 
待ちに待った大切な初花なのに、それを頂きました。
ありがとうございました。
 
すごく良い香り。
 
お花は何も言わずとも、その空間を高め、見えない粒子が輝きをもたらしてくれる。
 
見ていると、お持ちいただいたお心も含めて、優しい気持ちになりますね。
 
 
花台のシャクヤク、ニゲラ、トラノオ、ハラン、アジサイ。
 
 
 
お花に関することが集まってきます。
 
ステキな花友先輩から。
日本の美意識がギュッと詰まっています。
 
グリーンアーチに置いてあるので、どうぞご覧くださいね。
 
 
雨が降ったので、大きくなっていたルピナスは水分を含み支えきれずに倒れてしまったのもありました。
 
でもまだまだ新しいルピナスが立ち上がっています。
 
紫に黄色もきれいでしょう。
 
 
今日は、緊急事態宣言最終日ですね。
 
札幌は感染者数が減少傾向で嬉しいです。
 
このまま収束しますように・・・。
 
image
 
悲しみがあり、楽しいこともあり、幸せもあり・・・
 
悲しみがあったからこそ、今を生きる喜びを感じる。
 
それが、生きているということですね。
 
色々な体験、感情を味わいに地球に来たのですから。
 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 
 
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 
今日のブログは、6月の上旬に下書きのまま保存していました。
 
明日は父の日ですね。
 
初めて父がいない父の日を迎えます。
 
お父様がいらっしゃる皆さま、プレゼントは準備できなかったとしても、お手紙やカード、電話でも良いので感謝と近況などをお伝えくださいね。
 
下書きに加筆してアップしますね。
 
・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・
 
今から綴るブログは、プライベートなことなので、時期を見てアップしようと思いますが、下書きにして今の気持ちを残しておこうと思います。
 
今までの最長ブログなりそうなので、宜しければお時間のある時に・・・。
 
 
肉親といつかは地球上で永遠の別れがある。 (天国で再会出来ると思っています)
 
いずれ、自分自身も旅立つ。
 
それは、人の決められた宿命であり、自然の大いなる循環。
 
 
大正15年生まれの父は、5月に95歳になり、母は9月の誕生日で91歳になります。
 
こうして年齢を見れば、とても長生きで天寿を全うしても大往生と言えるでしょう。
 
平均寿命より二人とも上回っているのですから。
 
あと数年で100歳・・・お若い方から見れば気の遠くなる数字ですね。
 
でも娘としては、ここまで来たら100歳までも長生きしてほしかった。
 
親はいつまでもいるような気がして・・・というか、そう思いたかった。
 
それが可能に思えるような、高齢になっても好奇心旺盛で行動力があり、身体も強靭な父でした。
 
 
4月下旬、同居している義妹から父が入院したことを知りました。
 
早ければ、あと2週間と宣告されたそうです。
 
コロナ感染防止のため、お見舞いは禁止されているとのこと。
 
父と最後に会ったのは、一昨年の12月で、コロナ感染拡大の前・・・
 
それが最期になってしまいました。
 
 
毎回、上京するたびに、これが最後になるかもしれない・・・と、頭をよぎるのですが、暗雲が広がる前にそれを追い払って、すぐその場から逃げてしまう。
 
それが何歳になっても娘の願いでしょう。
 
振返れば6年前、やはり宣告を受けて覚悟したのですが、奇跡の快復を果たしました。
 
その1年後、北海道旅行をしたのですから、今回ももしや・・・? と、奇跡が起きてほしかったし、現実から目を逸らせたかった。
 
 
今思えば、その後6年生きたというのは、神様からの最大のギフトだったのですね。
 
父はそれを感じていたのかもしれません。
 
足腰も頭も健康だった父は、好きなことをして、好きなように行動していました。
 
それは同居する家族にとっては心配をかけることであっても、今となってはその数々のエピソードが残された私たちの心を慰め救ってくれるのです。
 
もう会えないのは悲しく寂しいことだけど、十分楽しんで良かったよね、と笑顔にさせてくれるのです。
 
神様からのギフトは寿命に限らず、その人其々に色々な形で贈られていると思います。
 
80,90となれば・・・いえ、私は還暦を迎えた時に、この美しい地球に生かされているだけで有難いという境地になりました。
 
 
お見舞いに行けないのなら、手紙を出そう。
 
父のことを想いながら、パソコンに保存している写真で振り返りました。
 
image
 
箱根へ両親と親子水入らず3人で旅した写真。
 
ロマンスカーの前で、車内で、お蕎麦屋さんで、色とりどりのベゴニアと一緒に、ホテルの前で・・・
 
どれも笑顔で楽しそう。
 
その時の話声や、笑い声が耳の遠いところから聞こえてくるのです。
 
 
子供時代は親が計画して連れて行ってもらう旅行でしたが、大人になって子育ても一段落した頃からその立場が逆転します。
 
子供時代に楽しい思い出・・・そのお返しのような旅行。
 
両親に喜んでもらいたいという気持ちと、感謝の意味を込めて。
 
 
遠い昔、両親が手を繋いで色々な所へ連れて行ってくれた。 
 
その何十年後は、年老いた両親の手を繋いで歩く・・・。
 
 
両親にとって最後の旅行になった2015年の北海道
 
退院して元気を取り戻した父にその計画を話したら、とても楽しみにしてくれました。
 
きっとこれが生きる支えになる・・・最高の親孝行をしよう。
 
母は、脚が悪く杖を使っている上、飛行機が苦手なので「お父さんだけで行ってきて」と渋ったのですが、父が説得し一緒に来ることになりました。
 
行くと決心したら、嬉しくなったのでしょう。
 
母は福井にいる二人の妹たちに話したそうです。
 
すると、良い機会だからと叔母たちも札幌に来ることになり、叔母と両親4人合わせて【330歳!幸寿祝いツアー】として実現できました。
 
 

その時、皆に渡したしおりから・・・ 

 

「4人合わせて、330歳です。

 

長寿のお祝いは年齢によって呼び方がありますが、健康な4人が数年ぶりに再会出来るこの幸せな合

 

計年齢を《幸寿》と名付けました。

 

この機会に、ささやかながら、親孝行、叔母様孝行が出来れば嬉しいです。

 

何も大げさなことは出来ませんが、皆様のお身体を第一に、札幌近郊の素敵な場所をご案内して、楽しい時間を過ごして頂けたら幸いに存じます。

 

どうぞ、お身体を大切に、水分補給、体調管理に気をつけて、札幌でお会いしましょう♪

 

心より楽しみにお待ちしております。」

 

 

この旅行が、最高で最後の素晴らしい思い出となりました。

 

4人を車に乗せて、私は添乗員のように動き回りました。

 

最終日のホテルでは、叔母たちにもフェイシャルトリートメントをして、とても喜んでもらえました。

 

 

その後、旅行で撮った写真はアルバムにして両親に送り、実家にはあるはずだけど、入院中の父にその写真を見せたら励みになると閃きました。

 

写真をレイアウトして印刷し、ベッドの上で見るのに負担にならない10ページほどの薄いファイルに差し入れました。

 
 
image
 
北海道を思い出すラベンダーとバースディーカード、快復の願いを込めた折り鶴。
 
image
 
一緒に出掛けた北海道神宮の桜や大通公園、幌見峠のラベンダー。、

 

楽しそうな写真を見ながら作っていると、父を励ますつもりが自分も励まされました。

 

あぁ、あの時、思い切って誘って皆で一緒に旅行して、本当に良かった。

 

この時、自分としては精一杯のことをして喜んでもらった思い出があるので、私は自分の心を慰めることが出来ました。

 

 

もっとこうすればよかった、こうしてあげたかった・・・と、亡くなってから悔やむことがあります。

 

それを思い始めるとキリがなく・・・でも最終的に思うのは、そういうこと含めて全て私の気持ちは分かっている、というところに着地するのです。 ・・・だって、父ですから。

 

それが肉親との繋がりではないでしょうか。

 

それで救われるのです。

 

 

娘にとって父親というのは、母親よりも数歩離れたところにいる存在です。

 

長い人生の中で、良いにつけ悪いにつけ男性として一番影響力があったのは父親です。

 

自分では気づかなくても、いなくなった今思えば、男性を見るときに何らかの形で父の性格や考えなどから影響を受け比較対象の原点となっていました。

 

父と娘というのはある時から母より距離を置いた存在となります。

 

また年齢を重ねるごとに、その関係も変化していきます。

 

 

父も年齢と共に自分の身体も環境も変化するので、保護者という直接的な立場での父親像から、本来の自分らしい生き方が際立ってきました。

 

 

私は、そんな父に反発をしている時期がありました。

 

自分の理想の父親像、こうであってほしいという型に合わない部分について。

 

でも旅立った今、それも含めて人間らしい父だった、人生を謳歌した父を羨ましく思います。

 

image

 

親というのは最後まで子供に愛を与えてくれるのですね。

 

病院での過ごし方、臨終間際の表情・・・(義妹が動画で送ってくれたので、感謝と祈りを捧げることが出来ました)・・・直接言葉でなくても旅立つ自分の姿を通して、私に沢山の愛と教えを注いでくれているのです。 

 

旅立ったあとも、これからも・・・。、

 

 

旅行という非日常だからこそ、行った先々で写真を撮る。

 

その表情は朗らかで、どれも良い写真ばかりで癒しになりました。

 

カードは父に合ったもの、喜んでくれそうなもの、私の気持ちが伝わる言葉を・・・・・・

 

でも、あまりゆっくりはしていられませんでした。

 

宣告の2週間は、誕生日の数日前だったのです。

 

誕生日に届くようにしたら、間に合わないかもしれないので早めに送りました。

 

・・・で、ほっとしたのも束の間、もう着いた頃かなと思っていたら切手不足で戻ってきた。(汗)

 

あぁ、、、、 

 

でも、父はそれを待っていたかのように2週間を超えて生き、思い出の写真ファイルは間に合ったのです。

 

 

誕生日の前日、これが最後になるとのことで病院から連絡があり、弟夫婦は数分だけ面会を許されたそうです。

 

その時の写真を送ってくれましたが、人工呼吸器や管を沢山つけた父の姿は痛々しいものでした。

 

ベッドの上で本くらい読める・・・そんな生易しいものではなかった。

 

ファイルも置いてあったそうです。

 

きっと体調の良い時に眺めてくれたことでしょう。

 

父への愛と感謝の気持ちは伝わったと思います。

 

image

 

その時はまだ言葉も交わせたので、最後となる父の言葉を伝えてくれました。

 

入院してから、義妹とラインで連絡していたので、何か着信があるたびにビクッとしました。

 

無事に誕生日を迎え、95歳になりました。

 

そのことに私は深く感動しました。

 

こんなに嬉しい誕生日はない・・・ 良かったね、お父さん。素晴らしいよ、95歳!

 

お客様のお誕生日を殊の外、ワクワクして嬉しくお祝いしたのは、誕生日を迎えることの重みを強く感じていたからでしょう。

 

父の誕生日を傍で祝えない分、お祝い出来ることの喜びを嚙みしめました。

 

image

 

地球に生まれた奇跡の日。

 

ご自分の誕生日を大切にしましょう。

その数字を愛しましょう。

 

ドクターの宣告を直接聞いていない私には、刻一刻と近づいている命の猶予に実感が持てず、このまま1日ずつ伸びていくような気がしてきました。

 

でも、万が一のことを考えて、スーツケースに喪服を用意しました。

 

心の中では、現実的なA面と、非現実的な奇跡のB面があり、その時々で変化するのでした。

 

image

 

数日後、容態が悪化している連絡を受けました。

 

・・・今まで何年も見ることのなかったアルバム。

 

私の誕生から中学校くらいまでの古いアルバム。

 

それを押入れから取り出して眺めました。

 

そこには若かりし父と母の姿。

 

 

今はベッドに横たわっている父も、すっかり年老いて小さくなった母も、なんて素敵な、なんて美しいことでしょう。

 

母はどの写真を見てもにっこりと笑っている。

 

 

私を愛おしそうに見つめている二人の表情。

 

写真から愛情が溢れている波動がふんわりと優しく伝わってきました。

 

小学生の私と弟の手を繋いで幸せそうに笑っている母。

 

その目の向こうには愛する父がいる。

 

自分の幸せの形・・・愛する母と子供たちを写す、父のその時の気持ちを想像したら胸が一杯になり目が潤みました。

 

50年も60年も前の写真・・・。

 

 

 

 

二度と戻らないけれど、確かに重ねた時間。

 

人生の最後に見るからこそ、感慨深い特別な想いが迫ってくると思います。

 

病院という現実の中でとうに忘れていたかもしれない遠い日のこと。

 

写真をきっかけに、その時の様子や会話、気持ちが蘇るでしょう。

 

それを2冊目として仕上げました。

 

セピア色の写真をスマホで写し、パソコンで取り入れてレイアウトして印刷したのです。

 

父もこの時代の写真を長い間見ていないでしょう。

 

人生の中で其々の幸せはありますが、30代~40代は心身ともに充実して輝いている時。

 

自分の若かりし頃からの歴史を見て、あぁ良い人生だったと実感できるアルバムになりました。

 

それは作っている私にも幸せの同期を得ました。

 

image

 

1日終わるたびに、連絡が来なかったことにほっとして感謝する。

 

95歳という年齢を考えれば、もう何があっても仕方ないと諦める気持ちと、いやまだまだ・・・と思う気持ちと。

 

3週間、4週間が過ぎ・・・ もう少し大丈夫かも? と良い方へ考える。

 

ゼリーのようなものは食べられるようになったとの報告。

 

image

 

2冊目のアルバムにも、写真の横に付箋を貼りながら、父と一緒に見ているような感じで語りかけました。


ラベンダーやサンダルウッド、ローズ・オットーシダーウッドなどコットンに香りを染み込ませてファイルに貼りました。

 

これが最後の手紙になるかもしれないので、伝えておきたい感謝の言葉と想い、それだけでは希望が持てなくて寂しいので、オリンピックのこと、会いに行くから待っていてねと願いを込めて書きました。

 

image

 

私から父へ・・・全ての愛と感謝をその中に凝縮しました。

 

それが間に合うか、間に合わないかは、神様に任せて。

 

もし間に合わなくても、想いは届くと思うから。

 

image

 

ファイルを病院に送ってから4日目の朝方、危篤の知らせを受けました。


それは非現実的なストップモーションの中にいる世界でした。

直面したくない思いからか、脳機能がストップしたような空白を感じました。


暫くして我にかえり、父に遠隔ヒーリングをしている自分がいました。

 

それから3時間後、永眠・・・。

 

image

 

前日にファイルが手元に届いて、看護士さんが見せてくださったそうです。

 

「写真を見て微笑んでいたそうですよ」と、義妹が知らせてくれました。

 

・・・あぁ、良かった。

 

父の心と私の心同士が、時空を超えてしっかり繋がったのです。

 

父はどんなにか嬉しい、温かい気持ちで過ごしたことでしょうか。

 

写真が手掛かりとなって、人生を振り返り、旅立つ最後の夜、至福に満ちた夢を見たことと思います。

 

神様は待ってくれました。

 

父と私へ愛のギフトをいただきました。

 

image

 

もう自分でページをめくることさえ出来なかった父。

 

でも、その時はまだ意識があったそうです。

 

父に見せてくださった看護士さんに深く感謝しています。

(後日、病院宛てに、治療と看護のお礼のお手紙を送りました)

 

本当に間に合って良かったと思います。

 

それが来るのを待っていてくれました。

 

目に見えない何か・・・本人たちには分からなくても、ちゃんとシナリオ通りになっているのですね。

 

間に合わなかったら、やはり私に悔いが残ってしまうから・・・ そんな想いをさせまいと父親の優しさで頑張ってくれたのですね。

 

image

 

入院してから、1ヶ月と1日。

 

宣告の日数から2倍生きました。

 

その間、私たちは徐々に心の準備が出来ました。

 

父のことをこんなに思い続けた1ヶ月はなかった。

 

先日のブログでは勘違いして父の日も5月と思ってしまったくらい、父の存在が大きかった。

 

 

 

2冊の思い出の写真ファイルと手紙やカードは、棺に入れてもらいました。

 

あちらの世界で、またゆっくり眺めてくれると良いな・・・。

 

(あとで知ったことですが、折り鶴を棺に入れるのは鶴が導き、迷わずに天国に行けるとのことで、とても良いそうです)

 

 

image

 

長生きしても、やはりもうこの世で会えないと思うと、とても悲しい。

 

お父さんとよべる人は、一人なのですから。

 

お父さん、お父さんと、何回呼んだでしょうか・・・・・・。

 

image

 

自分が父のために作ったアルバムは、父と深い絆で結んでくれました。

 

父の存在というのは、ある時期から疎ましくなり、反発してあまり話もしなくなった時期もありました。

 

でも、亡くなって、その深い愛情に改めて気づきました。

 

私が好ましく思っていない点も、全て分かっていた父親なのでしょう。

 

娘からどう思われようが、それに合わせることなく我が道を生きるのが大正生まれの父。

 

無償の愛で、子供に何があっても信じ包んでくれるのが親の愛です。

 

今までしてくれた一つ一つの小さなことに、やっと気づきました。

 

父の一生を想うとき、写真から伝わってくる言葉や愛を感じます。

 

 

写真というのは、写したときは何気なく写すのですが、あとからすごく大切な価値あるものになります。

 

数年、何十年経ってから・・・ 

 

その時の時間を封じ込めてある。

 

それを見るだけで、掛けられた鍵が開き、幸せの時間がふわっと開くのです。

 

image

 

語りかけている目、全身から出ている平和な幸せ。笑い声・・・

 

もう一度、会いたかった、手を握りたかった、旅行したかった・・・・

 

何回していても、もう一度という想いは残ります。

 

そんな想いが頭をよぎる時、北海道旅行を思い出し、自分自身を慰められるのです。

 

その旅が、現実的には多分、最後の旅になると思っていました。

 

それは両親も叔母たちも心の中で思っていたことでしょう。

 

image

 

アロマセラピストを目指して勉強している時、両親にも全身トリートメントをしました。

 

帰郷の際に、ハンドトリートメントをしました。

 

浅黒く日焼けして、節々がごつごつとしている手。

 

握手をするとしっかり握って温かかった手。

 

その感触は忘れません。

 

 

仕事をリタイアしてからは、本当に自由奔放に行きたいところへ行き、食べたいものを食べ、好奇心旺盛に出歩いた父でした。

 

クルーズ船の飛鳥の説明会に行ってきたと楽しそうに話していた姿。

 

自分のできる範囲で、思い切り楽しんだ人生。

 

同居している弟夫婦がいたからこそ、安心して過ごせたと感謝するばかりです。

 

 

生きているときは、高齢なのに出歩いたのでケガなど色々困ったエピソードを残しましたが、それは悲しみの中で救われる笑い話となり、心に爽やかな風が吹きました。

 

 

 

親は、その人生の最期まで、いえ、永眠してからも、何も語らずとも教えをもたらせてくれる。

 

旅立つときに、存分に自分らしく楽しんだという人生を。

 

見送ってくれる人たちの気持ちも、軽やかに引き上げてくれるのです。

 

両親というのは、自分をこの地球に誕生させてくれた有難い存在。

 

赤ちゃんの時から、ずっと見守り育ててくれた。

 

もし何かあれば、自分の命をも惜しくないくらいの深い愛。

 

それは決して押しつけがましいものでない無償の愛。

 

その愛は空気のように当たり前になり過ぎて、気づかないことも多い。

 

いなくなってからも、愛で包んでくれている存在。

 

父と母と自分・・・特別な繋がり。

 

最期に立ち会えなかったのは悔いが残りますが、その分、母にしてあげたいと思う。

 

父は、全て分かってくれている。

 

 

父の日によせて

 

大好きなお父さん・・・ほんとうにありがとう・・・

 

 

image

 

皆さまに、5つを提案します。
 

*スキンシップをしておく。・・・手を握る(握手するでも) トリートメントする。
*一緒に旅行する。
*写真を撮る。
*手紙・カードに、愛と感謝の気持ちをつたえる。
*毎日を自分らしく楽しく過ごす。
 
 
長い長いブログをご覧いただき、ありがとうございました。
 
 
皆さまのご両親様のご健康とお幸せを心よりお祈り申し上げます。
 
お父様との時間もたいせつに・・・。



 
 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

 

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

 
こんばんは。
いつもご覧いただいて、ありがとうございます。

 

今日は心喜ぶことが沢山ありました。

 

午前中は、「ハーバルセラピスト養成講座」の2回目。

 

先日、お庭のバラで束ねたブーケを頂きました。

優しい色合い、ステキでしょう~。 

 

今シーズン初めて咲いたバラをこんなに・・・ありがとうございました。

 

香りも素晴らしくて、生徒さんにも楽しんで頂きたいと認定教室に飾りまた。

 

ハーブのことを話し始めると、いつの間にか熱くレクチャーしている自分に気づきます。

 

それを一生懸命、頷きながら聞いてくださっているU さん。

 

「学生の時はこんなに頷いて聞いていなかった」とのこと。

 

大人になってからの学びは真剣です。

 

18回通って頂くことに、心より感謝します。

 

image

 

午後からは、コテージハウスへ。

 

数年前に受講して頂いた生徒さんたちが、ホーリーバジルの苗を持ってきてくださるとのこと。

 

ポストを見たら、先日いらしたちぃねこママ画伯からのカードが~♪

 

うれしい~。 お時間かけて丁寧に描いて頂いて本当ありがとうございます。

 

何とも癒される絵ですよね。

 

色使いも構成も、すごく上手!

 

眺めているだけで、肩の力が抜けていく・・・ゆるかわいい絵って、意外に描けませんよね。

 

 
シリーズになっていますよ♪

 

 
さて、Rさんが苗と一緒に持ってきたのは、北海道産の麦を使ったヒンメリです。
 
実は、この場所にヒンメリが欲しかったのです。
 
作ろうと思いながら・・・数年・・・。

 

 

大小の丸型。グリーンアーチにぴったり!

 

ヒンメリ作りは、とても繊細なので力の入れ加減が結構難しいのです。

 

何日もかかったことでしょう・・・ 本当にありがとうございます。

 

 

人の気配でゆらゆら揺れるヒンメリ。

 

眺めているだけで、呼吸も深くなりますよ。

 

 

 

皆さんの近況を伺ったり、皆で写真を撮って楽しい時間を過ごしました。
 
 
ここは、あたたかい愛が集まる場所。

 

 
屋根の天井まで、空高く。

 

 
カモミールの上に。

 

 
 
 
ハニーサックルが咲き始めました。
 

 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

 

 
お早うございます。
今日も良い天気,、気温もちょうど良い。
 
次々とバラが咲いています。

 

 
ハートの小径。

 

 
心もハートになります。

 

 
地面に落ちなかったきれいな花びらを集めて、フットバスへ。
 
優しい香りと共に、楽しんで頂いて。
 
 
ルピナスがあまりにきれいで、思い付きで先週から始めたガーデン撮影会。
 
その日のベストな場所で、何枚かお撮りしています。
 
ルピナスと一緒に、ルピナススマイル。
 
ステキな笑顔をお見せ出来ないのが残念ですが、想像してくださいね。
 
お花に囲まれたら、表情がゆるみ自然な笑顔が引き出されます。
 
 
一番華やかな季節だからこそ、その日のお花と一緒にトリートメントの思い出に。
 
 
お写真は、旅行やお出かけ先で撮るけれど、日常ではあまり機会がないのでは?
 
昨年からのコロナ禍で、あまり写真を撮っていないと思います。
 
そんな意味でも是非ご一緒に。
 
 
人を撮るときはその背景が大事です。
 
心が喜ぶ美しい背景の中で撮ってくださいね。
 
皆さまの魅力、美しさが引き出されますよ♪
 
 
お写真は、あとからその真価が発揮されます。
 
その写真が記憶の付箋のようになって、楽しかった時間を思い出せるのです。
 
 
今は何気なく撮っている写真も、年数が経てば経つほど、その価値が出ます。
 
ですから、折々に写真を撮りましょう。

 

 
ガーデンでの撮影会も、グリーンアーチ名物になりますね。
 
写真が苦手な方もいらっしゃると思うので、宜しければ・・・ということで。
 
アロマセラピスト&ヒーラー&グリーンアーチ専属カメラマンがお待ちしています。
 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

 

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

image

 

朝ブログ、第2弾。

 

 

あみぐるみの猫ちゃん、可愛いでしょう。

 

ブログの写真で景色の中に登場している姿がなんとも癒されて、Mさまからご予約頂いた時に、是非ちぃねこちゃんも連れてきてくださいとお願しました。

 

image

 

ガーデンの色々な場所で記念撮影~。

 

ちぃねこちゃんが入ると、写真が生き生きして、どれもほっこり。

 

早速その様子をブログでご紹介頂いたので、リブログさせていただきました。


ありがとうございます。

 

 

 
ロサ・カニナのハートの花びらが散ると、至る所にハートが舞い落ちています。

 

 

 
きれいな花びらを集めて、フットバスに浮かばせ楽しんで頂きました。

 

 

サロンでは、8月までのご予約を受付けております。

 

アロマボディトリートメントに加えて、フェイシャルやレムリアン・ヒーリング®、オラクルカードのメニューも好評です。

 

皆さまに合ったメニューをお選びくださいね。

 

旅行や外出に制限がかかっている今だからこそ、ストレス緩和やご自身のメンテナンスを整え、心もお身体も軽やかに過ごしましょう。

 

グリーンアーチでは、1日1組様のご予約で、換気、消毒、仕切り板、マスク着用、良好な健康状態で安心、安全に努めてお迎えしています。

 

日帰り旅行気分で、ゆっくりお過ごしくださいね。

 

 


 

連続投稿をご覧いただいて、ありがとうございました。

 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

 

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

 

お早うございます。

いつもご覧いただいて、ありがとうございます。

 

ルピナスが最盛期なので、ガーデン記録として写真メインのルピナスブログです。

どうぞお楽しみください。

 

スマホで気軽に撮っている写真が多いのですが、今日のブログは全て一眼レフで撮りました。

 

(・・・と言っても、オート機能)

 

 

 

6月6日。

 

下から色付いてお花が開いていきます。

 

 

 

1週間後。

 

 

光に透けると、宝石のようにきれい。

 

 

紫系が8割、ピンク系が2割。

 

 

紫の中にピンクがあるから、可愛らしい。

 

反対だと、グリーンアーチには甘過ぎるかな。

 

 

マーガレットの白が入ると、お互いが引き立ちますね。

縦のラインと、面の花。

 

 

グリーンアーチ史上、こんなにカラフルになって嬉しい。

 

 

ルピナスには、黄色や白もあります。

 

様子をみながら増やしていこうかな。

 

 

紫系も組み合わせの色によって雰囲気が違います。

 

 

タネから育っているので、どこに何色が出るかは自然任せのお楽しみ。

 

 

表側だけでなく、ハウスの横にも沢山出てきました。

 

 

裏側にパラパラと蒔いた芽も出てきました。

 

石だらけの場所ですが、ルピナスはかなり逞しいですね。

 

来年はそれが育ってグリーンアーチをぐるっと囲んで咲くでしょう。

 

 

「数年先は、お向かいにもタネが飛んで行ってルピナスロードになるかも?」とお客様。

 

楽しい夢に心が喜びました。 ありがとうございます。

 

ルピナスロード・・・素敵~。

 

 

先週から、お客様にお声がけして、ルピナスと一緒に記念撮影をしています。

 

美しい色彩のグラデーションに、ルピナススマイルのお客様が入ると最高~。

 

ルピナス・ハピネス。

 

 

そろそろタネをつけ始めています。

 

次はローズとリナリア。

 

先ずガーデンの美しい花たちで、目も心も喜ばせ、中へお入りくださいね。

 

 

うっとりと豊かな気持ちにさせてもらって、ありがとう。

 

ルピナス・サンクス。

 

 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image

〜森のコテージで、心の休日を〜

 

北海道神宮の山のふもとにある、ファンタジックなハーブガーデン&アロマ・ヒーリングサロンです。

自然素材の上質な空間で、素の自分にもどる優しい時間をお過ごし下さい。

 

50歳の林住期を機に、東京から札幌に転居して12年。

奇跡のコテージハウスは、お陰様で5周年になりました。

 

これからも、皆さまの心安らぐ別荘でありますように・・・。

 

40代から一つ一つ夢を叶えた60代のアロマセラピストが、

日々の中に小さな幸せを見つけるセンス・オブ・ワンダー。

 

~愛と美と喜びのタネを蒔く、グリーンアーチ*宮の森 ~

 

image

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

数日前のこと。

 

六花亭さんでランチを頂きました。

 

グリーンアーチではトリートメント後に、ハーブティーと小さなお菓子を添えます。

 

品質の安心な六花亭さんのお菓子がメインで、円山店に時々行きますが、2階の喫茶室に無性に行ってみたくなりました。

 

 
ピザはもう売り切れということで、タンシチューを注文。
最後の一皿だったそうです。
 
席の間隔はゆったりとってあり、テーブルの中央にはアクリル板がありました。
 
空間自体は決しておしゃれ・・・とは言えない、広いワンフロアで照明も明るく食堂に近い感じですが、清潔感、安心感、品質、安定した美味しさ、コスパの良さが長所です。
 
中央に大きな生花が飾ってあるのが、さすが六花亭さん。
 
image
 
満足のタンシチューの後は、別腹ということで、ストロベリーパフェ。
 
たっぷりのイチゴと生クリーム、自家製のバニラアイス、イチゴシャーベット。
 
やはり締めにスイーツがあると、大満足となりますね。
美味しかった~。
 
手軽なところで、自分にご褒美。

 

 

六花亭さんのこの絵柄。

坂本直行氏が描いた北海道の花。

 
あまりにも見慣れた絵ですが、この絵がお菓子の包装をはじめ色々な品に使われているのが素晴らしいなとつくづく思いました。
 
これからも利用して応援したい。
 
 
さて、こちらは千葉のビワ。
 
ここ数年、毎年送って頂いて感謝しています。

 

 
大きなビワ、とてもジューシーで美味しく堪能しました。
 
ちょうどNHKの番組で、千葉のビワ農家のロケをしていたので、農家さんの育てるご苦労を聞きながら、一層有難く頂きました。
 
 
 

 

 

人気ブログランキング いつも応援のクリックを有難うございます

 

 

image

 

森のコテージ グリーンアーチ 

ハーブガーデン・アロマサロン・ワークショップ・限定日1組予約制カフェ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 

*お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*4月までのご予約を受付け中です。

 

*アロマトリートメントのご予約はこちらから→ https://green-a.shopinfo.jp/

ブログの上にあるナビからもご覧になれます。

 

*「JAMHA 認定 ハーバルセラピスト養成講座」・「AEAJアロマハンドセラピスト養成講座」

アロマ、メディカルハーブ、その他のワークショップについては、こちらから→https://green358.amebaownd.com/

image