「森林経営管理法改正法案」:里山リペア 破壊と再生のワルツ | 三宅洋平 オフィシャルブログ「三宅日記」

「森林経営管理法改正法案」:里山リペア 破壊と再生のワルツ

すでに日本中の山間地がメガソーラー立地やバイオ燃料としてハゲ山化してる。移住者が増えて守るしかないと思う。 【ぼろ儲けを企む竹中平蔵! 日本の森林が丸坊主になってしまう。国土保全を壊す法案「森林経営管理法改正法案」(違憲法案)が国会でヒッソリ通過。】

https://blogs.yahoo.co.jp/sasaootako/65285064.html?fbclid=IwAR1HtyC2S5whSwh7cXOVb70IadZHvE6F_kudTdKVfw0Ff-8ov0eSLXW5Irw

 

 

放置された山林を市町村が取り上げ、これを民間業社に委託、伐採を含む経営を担う法案が、さらに国有林も加えて改正される。日本の山が金のためにハゲ山化してしまう。 竹中平蔵氏の未来投資会議の構想? 山が枯れたら水が枯れる。河と海が力を失う。 

そんな世界では、水ビジネスが跋扈する。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=199485&fbclid=IwAR063aHEcjSLF0aookkSS_zt574M-gKGzLQcjpWYp6Gq34DzXptNeH2YGn4

 

 

 

このへんの事と、里山リペアでやろうとしていることは、繋がります。

思っきし、利害が抵触しています。

 

自然破壊と自然再生。

 

これ、どうやって二項対立にならずに解決できるだろうか?

 

 

とりあえず、

自然との距離が離れすぎてしまった文明の中に、

野性の喚起を呼びかけ続けていくとしよう。

 

いやまずは、己をもっとか。

 

 

都市人口の3割が、地方へ流出したほうがいいとずっと思っています。

現実は、もはや9割が都市部になろうとしています。

僕の今いる集落は、30世帯ほどありますが、

10年後には消滅危惧村落です。

里山で、自然と文明のエッジを守る人々がいなくなると、

経済目的の伐採や、偏った植樹、ソーラー立地など、

生態系の破壊が歯止め効かなくなります。

 

山が水を生み、川を作り、海を豊かにします。

このサイクルを壊すと、その代償は、下流の都市部にいる人々にも

食、災害、水や空気の劣化、として如実に影響を顕します。

 

都市に自然を戻すこと。

人が自然を思い出すこと。

自然へと人が帰ること。

 

このシンプルな循環を、推進していこうと思います。

 

移住のみならず、行ったり来たりできる田舎のあり方も模索したい。

 

 

 

 

 

 

三宅商店のお向かいにある山崎ストア小森店の入り口にポスター掲示頂きました!

ありがとうございます!