(カリフォルニアの山火事で焼失した)エルクバレーのクリーンアップ大作戦 | 三宅洋平 オフィシャルブログ「三宅日記」
2018年12月07日(金) 20時17分25秒

(カリフォルニアの山火事で焼失した)エルクバレーのクリーンアップ大作戦

テーマ:ブログ

 

 

  

 

昨年から続く米国西海岸の山火事で焼失した、かつての日本人ヒッピー村。

 

北カリフォルニア・メンドシーノ国立公園の奥深くにある谷に、1980年代から30年以上維持され、福岡正信氏も自然農を教授しに訪れたという聖地。

 

その最後の世帯の一人、当時の若手、サカネヨシキ(UKIAH Janpanese Food "OCOTIME" 創業者)が、全てが焼失したElk Valley(エルク(鹿)の出る谷)の整備に動き出しています。重機や工具を購入するためのファンドを募っています。

 

https://www.gofundme.com/elk-valley?fbclid=IwAR3Ye3PN-GWR2BZYRlEJDwzJoB5B6aPjvinTuEXpRDbndpQMMw77tNr1Pmk

 

  

 

一般社団法人 里山経済・環境研究所からも2000ドルをファンドしました。

Satokenは国境を超えて、人間と自然のエッジの保全に貢献していく所存です。

 

米国社会とその大地を訪れる日本人が、足がかりや拠りどころにできるようなコミュニティの再構築が進みますように。

日本の文化や立場を、米国市民社会に肌身を接する距離で伝えていける存在が、機会が、増えていきますように。

 

これからもSatokenはElk Valleyと繋がっていきます。

 

 

From Yoshiki

 今年アメリカで最大の山火事に全て焼き尽くされたジャパニーズヒッピーの聖地エルクバレーの復活にご協力ください。

 カルフォルニア最大の湖の北岸に位置する小さな町アッパーレイクから更に未舗装の山道をどんどんどんどん登って行くと湖を一望出来る頂に行き着く。その峰を更に進むとわりと大きな三叉路が現れ、そこを大きく三叉路とは反対にユーターンして、えっ! こんなところ通れるのっと思うような細い道に入っていく。横には行き止りと書いた小さな看板さえ立っている。雨で水の道が出来たガタガタ道をジェットコースターの様に下って行くと大きく開けた谷が現れ一瞬で人を異世界に連れて行ってしまう。そこはかつて日本人を中心にしたカルフォルニアンヒッピー達が集う場所エルクバレー。皆は親しみを込めて“やま、エルク”と呼んでいた。

 カウンターサブカルチャーとしてカルフォルニアから始まったヒッピームーブメントはカルフォルニアに住む日本人も巻き込み そのエネルギーは何故かこの辺境の地へ結集した。一時期は11家族が暮す日本の伝統と ネイティブアメリカンの暮らし方 そして西洋文化の交差した独特な暮らしのスタイルを共有していた。

 日本のヒッピーを牽引した部族の長老方や ビートニクスの大先輩たち 自然農法の福岡正信翁なども立ち寄る場所になっていったのは当然の流れだったのだろう。もちろんそこに住んでいた先輩達は現在国内外の各方面で大きく活躍されている。

 山では沢山の子供たちが生まれ世代が次世代に移り始めると次世代のエネルギーは家族を山から街へと引っ張っていった。22年前の夏に起きた山火事では当時暮らしていた3家族以外の家を焼失してしまった。その山火事の火は 暮らしに使っている家が分かっているとしか思えない様にそれらの家を避けて燃えていった。残っていた3家族も次世代に連れられて山を降りる事になる。山はその後しばらくの期間は山にあった登り窯へ集う陶芸家達が町から定期的に訪れたり 出産の為にわざわざ戻ってくる家族を迎えたりしていたが 窯を使う陶芸家達が日本へ帰ってからは地元に残る家族が時々様子を見に戻る程度で 人の吐息は薄らいで行き それと共に遠慮なく人間の気配を消しに掛かっていた。

 人の居なくなったエルクバレーは今年2018年の夏、全米一大きな山火事に見舞われ人間の残した物を見事に一掃して行った。

 

 はじめましてよしきといいます。先に書いたように山は本当に潔く 見事にエルクの歴史を一掃しすべてをリセットしていきました。しかし残ってしまった金物などの不可燃物目にした時に これを綺麗にするのは人間の役目であると瞬間に腹をくくりました。すべての命のつながりを観じ 自然と共存出来る暮らしの工夫を出来るだけ日常の意識に残せる様になれたのは 山や出会った先輩方のお蔭です。電気工具などの近代機器を出来るだけ使わない事で自然との丁寧な関係を学ばせてもっらってきましたが この度は一気に重機を入れて残骸が風雨で拡散される前に適切な場所に移動整地し直したいと思っています。その後にもう一度人が集える様に初期設備を再建したいと思っています。

 下記の物の購入もしくはドネーションに協力ください。

 

 建設工事用クラスの4X4-バックホー付きのショベルトラクター, 発電機、チェンソー、アラスカンミル(移動式小型製材機)、大小水タンク、ソーラー設備、それらの備品

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



The Cause:

Please help in resurrecting the Japanese hippie sacred land Elk Valley, which burned in this year’s 400,000 acre Ranch Fire, the largest U.S. forest fire of 2018.

 

The History:

From the small town of Upper Lake located on the north shore of the largest natural lake in California, driving higher and higher over unpaved mountain roads, we reached a ridge overlooking that lake, Clear Lake. As we continued further along that ridge, we came to a big three-way intersection where we turned around and down a narrow trunk road that was on the opposite side of the intersection. Though there was a small “Dead End” sign, we drove down the steep narrow road hoping it was actually passable. After we drove down the slippery, roller coaster-like road, there was a vast, open valley; suddenly, we had entered another world.

Here was Elk Valley, known as “Yama or Elk” to the many Japanese hippies who lived or visited there.

 The counter subculture, California hippie movement, engulfed many Japanese who lived in California and whose energy somehow all gathered in this remote place. At one point 11 families shared a unique style of living where Japanese, Western, and Native American cultures, values, and lifestyles fused.

 Elders who led the Japanese hippie tribe, beatnik veterans, and the pioneer of natural farming, Masanobu Fukuoka, all visited the Mountain. None of which is surprising information, as many other elders who had lived here are now also highly active in various fields both in Japan and abroad.

 Many children were born in Elk Valley. As the generation changed, the children’s energy pulled their families from the mountain to the city. 22 years ago, the Forks Fire burned all houses in the community, except for 3 that belonged to the families who still lived there. It was as though the flame of the fire knew the houses families were living in. Eventually, those families also moved out of the Valley so their children could attend schools.

 For more than fifteen years, only a well-known Japanese potter visited the mountain occasionally to fire his pottery with the hand-dug Elk Valley anagama kiln. After he returned permanently to Japan, only local family members visited from time to time. Slowly, the breath of people faded away from the Mountain.

 Elk Valley, no longer with a thriving community, was swept away by the Ranch Fire. This time, the fire cleared away all that was left by people.

 
About Me:

Nice to meet you, my name is Yoshiki.

As I wrote earlier, the fire prudently wiped out the physical history of Elk Valley and reset everything. When I saw twisted metals and nonperishable. I understood that it must be people who clean what they left behind.

 Thanks to the mountains and to the elders I met there, I learned to live in the daily awareness of the connection among all lives I learned how to live in that daily consciousness to create a way of living that could coexist with nature.

 In Elk Valley we used power tools as little as possible to maintain a polite relationship with nature.  Now, to prevent the spread of the fire debris and contamination of the land by the winter rains, we need to change our approach and use heavy machinery to ultimately rebuild the initial facilities so that people can gather there again.

 
We are raising money to purchase the following tools:

 
4X4 - construction excavator with backhoe, Backhoe loader.
generator
chain saw
Alaskan mill (mobile small sawmill)
large and small water tanks
solar equipment


 

三宅洋平(犬式 INUSHIKI)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ