新茶 おくゆたか | マルヒデ岩崎製茶のブログ

マルヒデ岩崎製茶のブログ

Welcome to Maruhideiwazaki tea factory!
茶畑から湯のみまで、お茶にまつわるあれこれを楽しくお伝えします。


テーマ:

 

 

 

製茶工場では、連日新茶の仕上げが続いています。

 

 

 

今日も新茶の荒茶が入っている

大海(だいかい)が届きました。

 

 

荒茶の同業者間取引では、ほとんど

この大海の荷姿で取引をされます。

 

1本30㎏の大海。

 

 

30㎏の荒茶をつくるにはおおよそ、

150㎏のお茶の生葉を必要とします。

 

 

 

お茶を育てるには、大変な時間と

労力がかかります。

 

 

 

生産者さんが寄り添って育んだ新茶。

 

 

このバトンを皆さんにつなぐために、

今日も魂を込めて仕上げました!

 

 

 

 

 

 

今日仕上がった新茶は、静岡市葵区産の

「おくゆたか」です。

メジャーな品種のやぶきたとはまた異なった

香気をもつ、香りの豊かなお茶です。

 

 

 

 

このおくゆたかが育った場所は、

山の急斜面の茶畑。

 

昼夜の寒暖差が激しく、お茶にとっても

そして人にとっても厳しい環境ですが、

生産者さんは、こう言います。

 

「厳しい環境だからこそ、生き抜こうとする

お茶の本能がでるんだ」と。

 

 

 

仕上げていても、その言葉はわかります。

 

 

ひとつかみお茶をもっただけでも、

ずっしりとくる重量感。

 

 

 

 

茶葉が肉厚に育ち、

ミルい葉がよく揉まれた証です。

 

 

 

 

 

こちらが、今日仕上がった新茶、おくゆたか。

 

 

淡い水色とは裏腹に、その香りと甘さの余韻は

今年出逢ったお茶の中でも1,2を争うものかもしれません。

 

 

このお茶が育った風景や、お茶の生き抜こうとする

本能を思い浮かべながら、ご賞味いただけるとうれしいです。

 

 

 

 

 

マルヒデ岩崎製茶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス