放射能の汚染とお魚と。 | kattyオフィシャルブログ「体内美人の作り方」 Powered by Ameba
2018年01月07日(日) 12時27分42秒

放射能の汚染とお魚と。

テーマ:×気をつけたい食事・習慣×
おめでとうございます。
  
去年はアンコールワットに行っていたのがもはや夢のようです。


新年早々に私の寝正月したくだらない話ではなく

放射能についての情報が目に入ったのでシェアする事にしました真顔



さっそく新年にこんな話題で申し訳ないのですが、大事な事なので滝汗




6年前の事ではありますが
2011年の関東の放射能汚染について
91万Bq/kgという驚きの数値。


田中龍作ジャーナル | 首都圏の土壌汚染深刻 35地点でチェルノブイリと同レベル
http://tanakaryusaku.jp/2011/08/0002744


「放射能雲が関東地方を襲った3月15日夕方以降、さいたま市、川口市では(外の)空気さえ吸ってはいけなかった」。こう語るのは埼玉県の中学校で理科教師をつとめる川根眞也さんだ。
風が福島から関東方面に吹いたこの日、川根さんは放射能測定器で両市の放射線量を計った。

 「安全だ、心配ない」を繰り返す行政の発表やテレビの報道とは裏腹に関東地方は、やはり高濃度の放射性物質で汚染されていた。

市民有志からなる「放射能防御プロジェクト」が首都圏150か所の土壌を測定したところ、35地点でチェルノブイリ原発事故の「一時移住区域」「希望移住区域」「放射線管理区域」と同じレベルのセシウム(合算値)が検出された。

 調査方法は表面から5cm、砂場は15cmを採取した。

期間は6月初旬から7月中旬。市民150人が1人1カ所ずつ身近な場所の土壌を採取し、すべての検体を横浜市内の民間調査機関に持ち込んだ。

 調査地点のうちセシウム汚染が最高値を記録したのは埼玉県三郷市早稲田植え込みで91万9,100Bq/㎡。

チェルノブイリ事故の「一時移住区域」(移住・立ち退きの義務がある)と同じレベルだ。
 
 次に高かったのが千葉県松戸市紙敷の園庭で45万5,845Bq/㎡。
チェルノブイリ事故の「希望移住区域」(移住の権利が認められる)に匹敵する。

松戸市はじめ首都圏の5ヵ所でこの「希望移住区域」と同レベルのセシウム(合算値)が検出された。

 チェルノブイリ事故の際設けられた「放射線管理区域」に相当するのは東京文京区小石川4丁目の植え込みをはじめ29ヵ所。
 
 チェルノブイリ事故では行政が住民を大量に避難させたが、それでも後にガンや白血病が多発した。


首都圏では行政が「避難」の二文字を発する様子はない。

事故を起こした福島第一原発間近の福島市においてさえ、政府の現地対策本部は「国が安全と認めた所には強制はしないが留まっていただく」と冷淡なのである。

 調査に加わった横浜市内のある母親は嘆息しながら語る。

「私たちが暮らす場所にこんなに放射能が降り積もっていたのかと驚く。
子供は泥んこになって遊ぶので心配です」。


との事。


そして

あの原発の事故から年月が経過し忘れがちな、お魚についてもうお座





放射能はセシウムだけではないですね。

海産物はストロンチウム90系
(白血病と糖尿病と突然死の原因)もあるので気を付けたいところです笑い泣き



次はお肉についても書ければと思います牛

カティー 食箋療法士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース