第8期卒業の

浅見公一先生から

先日撮影した プロフィール写真と

共に

嬉しい感想が送られてきました。


公一先生は

心もかなりの

イケメンで

8期同期の

女性陣から

「生まれ変わったら 是非〜」と

リスペクトされておりました。


優しく

そして

しなやかな

魅力いっぱいの

ヨガ講師


浅見公一先生です。

どうぞよろしくお願いします。🙏



RYT200茨城8期生
氏名:浅見公一
年齢:39歳
備考:小学生の子供2人、医療従事者

<RYT200に参加して>
ヨガに出逢ってから1年ほどたち、身体だけでなく、心が落ち着くヨガがもっと知りたくなり学べる場所を探しました。すると自宅から通える範囲にRYT200が学べる「MYLヨガ&セラピースクール」を発見し、これはもう学ぶしかないと申し込みました。

RYT200はアーサナの誘導はもちろんですが、ヨガ哲学をベースとした「善く今を生きること」を学んだと思います。
レッスンを通し学び、課題に取り組む。その過程を、素敵な先生や仲間に出逢い、共有できたことは素晴らしい体験でした。
回数を重ねるごとに、それぞれ参加するまでの思いや、今の気持ち、悩みのシェアなど、それぞれが異なったステージで生きつつもお互いを励まし合う信頼関係が生まれ、そこに自然とヨガの教えが浸透していく~。本当に心地の良い時間でした。
RYT200に参加する方々は年代も職種も様々ですが、ヨガをもっと学びたいというベクトルは同じです。今、学びたいと思って一歩踏みだせば、そこには同じタイミングで同じ気持ちの仲間がいます。先生がその場を用意して待ってくれています。
私にとって、ここでしか出逢えなかった宝箱のような学びの時間となりました。

<今後の展望>
 今は、さらに自分のヨガを深めたいと思っています。アーサナの練習をしつつ、哲学関係の本を読んでいます。そして身近な人からヨガを伝えていこうと思っています。まず、職場でヨガサークルを作ろうと考えています。そして職場のイベントでヨガ教室を行う予定です。それを定期開催することが初めの目標となるでしょうか。
 一歩一歩、焦らず、無理をせず、自分の伝えたいこと、感じることを、サティアを大切に進みたいと思います。