フィリピンのカミギン島という離島に住んでいる、

 

「そうしろう」さんという素敵な方にお会いしました。

 

 

ネットからお借りした紹介画像には

 

「これまでに10万人以上の前でスピーチ」とあるのに、

 

お会いするまで、まったくその存在を知りませんでした。

 

 

一方の「さとうみつろう」さんも、

 

これまでに数万人以上の前で話しているとは思うのですが、

 

先方も、「さとうみつろう?」を知らなかったそうです。

 

 

「世界」というモノが思っている以上に広かったのか、

 

神の計らいなのか、

 

とにかく、このタイミングの「ご縁」でお会いできました。

 

 

 

東京生まれ・東京育ちの惣士郎さんは、

 

ニュージーランドの高校へ留学し、日本の大学に戻ってきてビックリ

 

「日本人はみんな、目が死んでいる」と感じたそうです。

 

 

 

そこで、「自然とは?生きるとは?」を日本の学生たちに考えさせるため、

 

大学4年の時に、【500人キャンプ】というモノを企画。

 

 

チーム戦で「カレーの材料」を取り合うサバイバルゲームなど、

 

大自然の中で、

 

「自分で考える」

「チームのためを考える」

「自分たちの手で、生き残る」

などを通し、

 

=「生きる」を実感する

 

イベントを敢行。

 

 

20年近く経つ今でも、

 

この【500人キャンプ】は後輩たちの手で続いている名物イベントに。

 

 

ちなみに、初期のメンバーたちからは、

 

ZOZOタウンなど、有名なIT企業の中核で活躍する人材を輩出。

 

ほとんどのメンバーがベンチャー企業を立ち上げているそうです。

 

 

こうして【500人キャンプ】の噂は在学中に拡がり、

 

企業を経営する社長さんたちから、

 

「どうして、君の所のスタッフはこんなに優秀なのか?」という問い合わせが多くあり、

 

社長さんたちへアドバイスをするうちに、経営コンサルタントを行うように。

 

都心の一等地の最上階のオフィスを「無償で使って欲しい」と提供された事もあるそうです。

 

 

また、経営コンサルや起業家育成セミナーをしながらも、

 

「心の専門家」として、

 

特に女性が住みやすい社会の実現を目指し、コーチングや講演会などを行うように。

 

 

惣士郎さんは大学卒業後に、葛西という街で彼女さんと住み始めたそうですが、

 

1人、また1人と、惣士郎さんを慕う人たちが周囲に引っ越し始めて、

 

最終的には「ゆかい村」という村ができるほどの人が集まって来たそうです。

 

 

その後、覚醒体験なども経てハワイへ移住。

 

世界的なベストセラー『神との対話』の著者、ニールDウォルシュさんに、

 

「君は世界的なメッセンジャーになる」と予告され、帰国。

 

現在は奥さまと、フィリピンのカミギン島で暮らしています。

 

 

そんな惣士郎さんは、小さいころから「ヤツ」と呼ぶ存在と会話していたそうです。

 

今に思えばそれはだったそうで、

 

「どうして、こんな事を自分はしてるんだろう?」と自分でも分からない行動をよく取らされ、

 

カミギン島移住後も、なぜか1年の半分以上を日本で講演会をして巡らされることに。

 

 

 

結局、3年かけて日本中を何周も回ったそうですが、

 

後からその「点」を結ぶと、「∞」←このカタチになっており、

 

龍脈を開いて歩かされていた事に気づいたそうです。

 

 

今では、立派に龍の流れが日本に通ったとのこと。

 

また、ハワイと日本もレインボー色の龍で「繋ぎ」終えており、

 

 

さぁ、いよいよこのエネルギーを世界へ放出する時が来た!と思った2018年。

 

「毎月、琉球へ行け!」という指令が。

 

 

「え?次は、世界じゃないんですか?」と聞くと、

 

「琉球こそ世界のコントローラーだから」とのこと。

 

 

こうして、「わけも分からないまま」に2018年から毎月1回、

 

琉球へと通い始めた惣士郎さんが、

 

3回目の琉球で、とある重要なビジョンを視せられたそうです。

 

 

 

首里城に500人の女性たちを集めて、祈る。

 

女性性の解放と、男性性社会の終焉。

 

 

このビジョンを見せられた翌日に、

 

さとうみつろうさんと偶然に?出会う事になり、

 

 

惣士郎さん

「初対面ですが、なんだかとても話したい衝動に駆られたので、

 

怪しいかもしれませんが、聴いてもらえますか?」

 

 

と前置きして、ダダダーっと一連の流れを話してくれました。

 

話した内容より、その背後のエネルギーがとにかく凄くて、

 

瞬間的に、

 

「それは、冬至点にやるイベントになるでしょうね」

 

と、僕の口が。

 

 

ちなみにさとうみつろうさんは、

 

2018年の冬至の日に関西でイベントをしようと計画しており、

 

この惣士郎さんとお会いした翌日に、関西のホールへ予約の電話を入れる予定でした。

 

 

 

なので、出来る限り関わらないように(笑)、

 

出来る限り他人目線で、

 

「その『祈りのイベント』は冬至の日が良いみたいですね、

 

あ、僕は出れないんですが・・・。」

 

 

と外野的なアドバイスをし続けたのですが、

 

なんだかもう・・・その日のうちに、

 

このエネルギーに巻き込まれちゃいまして(笑)。

 

 

えぇ・・・。

 

関西のホールはキャンセルしましたとも・・・。

 

 

 

惣士郎さん

「その昔、宇宙のエネルギーが、

 

久高島に降りて⇒セイファーウタキ⇒首里城へと通った。

 

このエネルギーが宇宙へと戻されていないから、よどみ、

 

世界がおかしな方向へ向かっていたようです。

 

囲むエネルギーは、男性性。

 

丸く解放するのは、女性性。

 

 

エネルギーの逆側の流れを発生させるために、

 

首里城に真摯な気持ちで祈る女性を500名集める必要があるみたいです。

 

まぁ、荒唐無稽なビジョンですし、

 

どうやって500名もの女性を集めたら良いのか分からないのですが・・・。」

 

 

と。

 

 

ところが、実はこれ、

 

ぜんぜん「荒唐無稽」な話しなんかじゃなくて、

 

史実。

 

 

首里王朝時代に、

 

首里城の広場には、整然と役人たちが並んでいた。

 

ただし、全員が男

 

 

まさに、「男性社会」「権威主義」の象徴のような・・・。

 

 

 

東京生まれの惣士郎さんが、琉球のこの歴史を知っていたとは思えませんが、

 

「四角でビシーっと整列した男性的なエネルギー」を、

 

2018年の冬至点(太陽エネルギーが復活する瞬間)に、

 

歴史と同じ「首里城」で、女性たち500人で『祈る』事で丸くし、

 

イノリ終えた500人の女性たちが流れとなって、それぞれの家庭や地域へと還って行く。

 

この、エネルギーの流れを創りたい、と。

 

 

 

 

このイベントは「女性主体」でやらないと意味が無いとのことで、

 

惣士郎さんは、得たビジョンを伝えただけ。

 

 

その後、「あいぷらす」さんという女性組織が立ち上がり、

 

現在、首里城公園とイベント実現へ向けて交渉中だそうです。

 

 

その「あいぷらす」さん主催のコラボイベントが10月13日(土)に、

 

沖縄県で開催されます。

 

惣士郎さん×さとうみつろうの、コラボトークです。

 

詳しくは⇒あいぷらすさんHPへ

 

 

 

 

「女性性の解放」は世界的な問題であり、

 

イベントで祈る500人の女性は「琉球人」だけでなく、

 

「日本人」「中華人」「アメリカ人」などが混ざっているイメージだそうです。

 

 

おっさんなので、女性500人の冬至の祈りには混じれませんが、


読者数の多いブログを書いてるので、

 

沖縄県外の女性たちを集めるサポートなら出来そう。


ぜひ、あなたの周りの女性たちへ、「首里城女性500人の祈り」というイベントがある事をシェアして下さい。


くれぐれも主催は、女性組織として立ち上がったあいぷらすさんです。

 

また、沖縄県外の人にもこの情報に触れて欲しく、11月14日(水)に、惣士郎さんと、歴史研究家の嘉数先生、さとうみつろうの3人で、

 

東京で「マダマの祈り」という体感型のイベントを開催する事にしました。

 


現在、チケット手配中ですので背筋にピンと来た人は日程だけ空けといてくださいね。3時~7時の予定です。

 

 



沖縄の皆さんは、ぜひ10月13日(土)のコラボへご参列を!

 


詳しくは⇒あいぷらすさんHPへ


沖縄では11月にも、コラボ講演会↓

そのうち、詳細を書きます



 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓久しぶりに強い台風でした。

 

電圧が何度も揺れましたが、どうにか停電はしませんでした。

 

でもこれは、「停電させない」ために頑張っている人たちが居るから。

 

この日々が、「当たり前」だとは、思い上がりたくない。

 

自分の、ために。

 

今日は9月のミソカモウデの日。

 

お近くの神社で、あなたの「日常」を支える人たちへ感謝してみては?

 

 

今日は下の二つのボタンを押す祭、

 

「女性にしか出来ない真玉(マダマ)のイノリ」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

 

  読者登録してね 

 

 

 

↓いいねボタンを押すと、このブログの更新情報をフェイスブックにお届け↓