三宅洋平と選挙結果

テーマ:


1万人の笑えるスピリチュアル読者のみなさま、

先日は作者の急な呼びかけに応え、三宅洋平を応援頂き、ありがとうございました。

お陰さまで、17万票という、恐ろしい得票数を得ました。


「どうして17万票もGETしたのに、落選したのか!」

「やはり、不正選挙だったのか!」

「どぶろくと大麻と塩を奪ったGHQの陰謀は、まだ続いてたのか!」

という、読者からのメッセージを多数頂きましたので、

今日は、そんな疑問が湧くような頭が良い方ではない読者の方にもすぐにわかる、

三宅洋平を中心とした参院選の解説をしてみます。

チョー簡単に、ポイントだけを解説します。



まず、162名のココロザシのある人間が、今回の選挙に手を挙げました。

「僕、みんなのために頑張るよ!」って。

それぞれ言ってることに細かい違いが有れど、

この162名は全員、「この国を良くしたい」と思った人。

はい、まずは、拍手! 出ただけで、ぼくらより偉い! (⇒後でココ読んで


次に、受かるのは48名

この国を良くしたいと思ってる人たちなんだから、

本当は、162名を全員国会議員にしたいんだけど、114名は落ちちゃう。

162名は、48席のイスを目指してイス取りゲームを始めました。

どうにかして、48位以内に食い込むぞ~!!



さて、昨日、その結果が出ました。

我らがヒーロー、三宅洋平は、何位だったのでしょうか?

162名中、26位でした。(17万票)


さぁ、ここで、これまで政治を遠くに任せていた人には、疑問が湧くわけです。

「162名が立候補して、48名が受かるのに、どうして26位三宅洋平が、

落ちるんじゃい!!」


するとそんなあなたに、たたみかけるように、みつろうが言うわけです。

89位の公明党の新妻さんは、2万票で受かってるよ」って。


ますます、あなたの脳みそは、パンクして、怒りすら込み上げるわけです。


「三宅洋平は17万票GETして落ちたのに、2万票の公明新妻が受かっただと?

 ふざけるな! 宗教の力か! フリーメーソンが裏でインチキしたな!!」って。


さぁ、どうして、
17万票も集めて26位になった三宅洋平落選して、

2万票集めただけの89位公明新妻氏は当選したのでしょうか?



それが、政党政治です。

今回、三宅洋平が手を挙げたのは、全国比例区です。

この比例区とは、「どの党を応援しますか?」というジャンル

人気の政党を選ぼうぜ、のコーナー。

ポップス? レゲエ? ハードコア? スカ?

人気の音楽を選ぼうぜ、のコーナー。

自民党? 公明党? 共産党? 緑の党? などのような、政党


党を選ぶ選挙なので、選挙用紙には「○○党」と書きます。

自民党は1,800万票を、公明党は700万票をGETしました。

自民党は1,800万票の「あなたの政党に任せたい!」という指示を得たことに。

公明党は700万票の「レゲエが好きなのよ!」という指示をGET。



さぁ、1,800万イイネを集めた自民党と、700万イイネを集めた公明党

政党が集めたイイネの数に応じて、議席が割り当てられます。

自民党には18個のイスが、公明党には7個のイスがプレゼントされました。


ところが、18個のイスをGETした自民党からは、今回29名が出てました。

すると、11名が落ちちゃうので、ここでもイス取りゲームが始まるわけです。

第二回イス取りゲームin自民党 大会


・・・二回もイス取りゲームをするのに疲れた日本人は、

自民党の中で誰が人気なのかも、有権者に決めてもらおうよ!

と考えつきました。


ということで、先ほどの「自民党」と書いた紙に、

「人間の名前」を書いても良いぜルールにしました。

「ポップス」と書いても良いし、「浜崎あゆみ(ポップス党員)」と書いてもOKなわけです。


「浜崎あゆみ」と書くと、ポップス党という政党に一票が入る、AND、

ポップス党の中での順位付けも可能に!!


「レゲエ党」と書くと、レゲエ党に一票が入ります。

レゲエ党から出ている、「ムーミン」や「プシン」と書いても、レゲエ党に入る。

「レゲエ党」と投票用紙に書いた人が100票で、

「ムーミン」が10票、「プシン」が5票の場合、

「レゲエ党」は115票GETで、なおかつ

レゲエ党の中の順位も(1位ムーミン、2位プシン)自動的に決定する、画期的なシステム!!!




さぁ、今回の選挙では、あの紙に、

「自民党」と書いた頭のおかしな人が1,400万人いました。

(自民党から出ただれか)人間の名前」を書いた人を合計すると、400万人いました。

1,400+400で、自民党がGETしたのは1,800万票です。

なおかつ、名前を書いた400万人が、自民党の候補者の順位を決めてくれました。



「わたなべみき」と書いた人は10万人いて、

10万票ってのは、自民党の中の順位では、16位でした。

自民党は、18個のイスをプレゼントされてましたよね?

ということで、10万票をゲットしただけのわたなべさんは、当選しました。


「公明党」とあの紙に書いた人は300万人。

(公明党から出た)人間の名前」を書いた人の合計は400万人。

なので、公明党という政党として700イイネで、7個のイスをプレゼントされました。

ここで、(公明党から出た)新妻さんは、2万票しか集めませんでしたが、

公明党の中では7位でしたので、無事、2万票で当選しました。




どういうことだか、わかりますか?

毎日、新聞やテレビで、「自民党」って名前を聞いてるもんで、

ついつい「自民党」って書いちゃう票が、

得票数が少ない自民党候補者が居たって、当選させちゃうってことです。

この時点で、おっきな政党が有利じゃん!!


ハードコア党が、Jポップ党に勝てるわけが無い!!

誰が、「ハードコア」っていうジャンルを知ってる?

90%の人間が、Jポップしか知らないじゃないか!


ハードコア党から、キリストの生まれ変わりの、「向達郎」さんが出た。

もう、確実に、キリストの生まれ変わり!

なんなら、選挙演説中に、浮いたり、光の球を手の中から出したり、

海の上を歩いたり、数々の奇跡を、連発!!



カリスマ性もあって、「向達郎」さんは、個人名で、80万票をGETした!!

でも、「ハードコア党」と書いた人が1万人で、

ハードコア党の他の候補者全員の得票数を足した票が5万票で、

合計86万票のハードコア党には、1議席もプレゼントされなかった。

海の上を歩く超人が出ても、0議席!!


一方、なんとなく「Jポップ党」と政党名を書いた人が1,400万人居た。

それだけで、14個のイスがプレゼントされることになる!!!

最近では売れなくなった歌手、「ムーディ勝山(ポップ党)は200票しか獲れなかった。

でも、大丈夫。14個のイスが、「Jポップ党」のお陰で、用意されたのだから!!


片方は、左から来たものを右に受け流す事しか出来ないのに、当選!!

片方は、海の上を、本気のトキならスキップさえ出来るのに、落選!!



ということで、17万票を集めた三宅洋平も、組織のチカラの前に落選となりました。

ちなみに、例えば、三宅洋平が、どこか別の政党から出ていたらどうなったか。


自民党は29名出していて、18位までなら当選。

三宅洋平が自民党から出ていれば、14位で当選。

公明党から出ていれば、7位で当選(公明党の7位まで当選/17名中)。

民主党から出ていれば、5位で当選(民主党の7位まで当選/20名中)。

みんなの党から出ていれば、トップ当選(みんなは4位まで/15名中)。


自民党から出ても、公明党から出ても、民主党から出ても、みんなの党から出ても、

維新の会から出ても、共産党から出ても、生活の党から出ても、社民党から出ても、

当選していた。

ほぼ、どの政党から出ても、三宅洋平は当選していたのだ。



でも、維新の会から出て「憲法変えようって言えよ!」って党からの圧力も嫌だし、

自民党から出て「本当は原発嫌いなんです」と二重の顔を持つのも嫌だし、

民主党から出て「モンサントと仲良くしろよ」と束縛されるのも嫌だった。

だから、彼は、自分の主義を変えないために、緑の党から出て、鮮やかに散りました。

「いつでも、どこでも、誰とでも、笑顔でなんか、居られない。」と。




個人的には、組織票との戦いの中で、

電力会社の組織票を集めた、浜野氏(23万票)に負けたのは悔しかった。

浜野氏というのは、電力会社の全ての会社が、全力で組織プッシュした、おっさん。

反原発を掲げる三宅氏(17万票)が、原発推進の勢力(23万票)に負けた構図になる。

せめて、そこは超えたかった。




1位(99万票)~6位(54万票)までは、公明党が独占。宗教の力です。

8位(35万票)のアントニオ猪木は、テレビの力

9位(33万票)は農家の力を集めた、JA役員。

12位(29万票)は歯医者の力を集めた、インプラント票(参考までに)。

22位(20万票)は看護婦の力を集めた、朝倉票(後で読んでね)。

26位(17万票)に、新たな僕らのチカラ、三宅洋平。

30位(15万票)で当選した、テレビの力の丸山弁護士も超えたんだぜ!

31位(15万票)で当選した、原発の力の東芝組織票も超えてたんだぜ!

32位(14万票)で当選した、新聞の力も超えてたんだぜ!

40位(10万票)で当選した、居酒屋の力の渡邊美樹も超えてたんだぜ!

89位(2万票)で当選した、電車の力の川崎重工も超えてたんだぜ!!





まぁ、そんな感じで、長くなりましたのでまとめますと、

100万票が当選ラインだとすると、

17万票の一人ひとりが、あと5票を集めていれば受かってました(;_;)/~~~

組織として、90万票足りなかったんじゃないんです。

個人として、あと5票、僕らの力が足りませんでした。


簡単でしょ?

たったの、あと5票が足りなかっただけ。



あんたが、あと5票、周りを説得できてれば、受かってました。

でも、大丈夫。

起こるべきこと以外は、起こりません。

今回、「落選」が起こったなら、それは、「良いこと」です。


どうして今回のこの選挙結果が「わるい」だなんて言える?

今回のこの選挙結果は、確実に、「よい」に繋がるただの要素です

何度もこのブログで、言ってきた話しじゃないか!(過去記事(コレ)とか)。


このブログの過去記事を読めば、

今回の結果は、結果じゃ無く、過程だと分かると思います。

長くなって書くのが疲れたので、もっと分析したかったのですが、さようなら。一番下のFacebookボタンなどで、あなたの周りにシェアして下さい。皆で、強くなりましょう。頭を強くしましょう。


虹初めてお越しの方はブログの目次から過去記事へ(⇒ココ) 虹





↓さぁ、次です。

失敗なんて、ただの、成功の過程でしかありません。

17万票なんて、アホみたいにスゴイ数字を獲れたのだから、簡単です。

量より、質です。

電力票は、会社として、命令されて、23万票集まったかもしれない。

でも、三宅票は、一人ひとりが自分の意志で、17万票も集まったじゃないか。

17万票の、このが、次に、試されます。

↓今日は下の二つのボタンを押す際、

「どうしてこの落選が、当選に繋がっていないなどと言えようか」ポチ↓ポチ↓



虹初めてお越しの方はブログの目次(⇒ココ) 虹