豊中一新!みとう 雅道 の活動ブログ

豊中一新!みとう 雅道 の活動ブログ

現場主義、行動派。元消防士・豊中市議会議員・三藤雅道の活動ブログです。

NEW !
テーマ:

昨日は早朝より原田訓練場で消防団の南部合同訓練でした。

最後の放水訓練では新人団員が主に訓練対象になるので今回は残念ながら見るだけになってしまいましたが、その分、かぶりつきで一つ一つの動きをじっくり見学することができました。

 

夕方からはいつもお世話になっている学生のT君が参加するアカペラグループのコンサートで神戸まで。酒蔵を改装したホールが会場でその雰囲気とマッチした内容はほんと素晴らしかった!K君の勇姿も見れて良かったです。自分もこんな文化的で楽しいことしたいなと切に感じたひとときでした^_^。

 


テーマ:

昨日は朝からもちつき大会のお手伝い。

昨年まではノコギリで薪を切ったりしてましたが、今年は電動ノコギリを導入!この作業が重労働だったので随分と楽させてもらいました^_^。

 

防災訓練では「パスタ食べませんか?」と言われてなぜパスタ!?と思ったら水筒にお湯を入れてパスタを茹でてあとは缶詰やふりかけでオリジナルのトッピング!なるほど、素晴らしい防災食!こういったおもしろい取り組みがマンネリ化しがちな防災訓練を楽しいものに変えるんですね。勉強になりました!

 

豊中市産業フェアや人権学習講演会に忘年会と今日も盛りだくさんの充実した一日でした。

 


テーマ:

本日、環境福祉常任委員会が終わりました。今回は提案された議案も多く3時間半に渡る長丁場になりました。次は19日の個人質問です!さっそく準備にかかります。

 

今朝のちょっと嬉しかったこと。

活動報告を配っていると若い方が通り過ぎた後に「やっぱりください!」とはにかみながら貰いに戻ってきてくれました。

 

スルーされてると思っててもちゃんと気にかけてくれてる方々もいるんだなあと幸せな気持ちになりました(^^)。


テーマ:

昨日は早朝より公園の花壇の植替え作業のお手伝い!子供たちも参加してくれてみんなで楽しく土いじり。その後は場所を移して清掃作業でした。

 

気持ちのいい朝の空気の中で一日を始められました♬。その後は地域の防災訓練や文化祭に参加して、夕方から忘年会。

 

いよいよ今年も忘年会シーズン到来で体調管理が重要課題となってきましたが、皆さんも健康第一でご無理なさらずに(^-^)。

 


テーマ:

昨日、4回目の北摂三市の議員合同懇談会を開催しました!

広域のテーマを扱っていますが、今回は大阪国際空港の国際線復便について。

 

先日も取り上げましたがフライト1週間前にドタキャンになった香港便の内幕について各方面から具体的なお話を伺うことができました。

 

次年度の要望活動の方向性も概ね決まったのであとは来年の改選後にまた同じ席でみんなで会えるよう互いに切磋琢磨して頑張ろうと誓い合いました(^_^)。

 


テーマ:

祝!2025年大阪万博誘致決定!!

最近浮かない話が多かった中で久々の朗報ですね!

国や自治体、関係機関一丸となって勝ち取ったこの勝利に心から敬意を表します。

 

これで2020年のオリンピック以降もしばらく関西経済は地盤沈下を免れることができるかもしれません。しかし、近い将来、人口減少と超高齢化により関西の地域経済は活力を失っていくことは明らかです。このボーナス期間中にどれだけ対策を講じることができるか。私たちの暮らしにも直結することですからお祭り気分の中にも冷静に未来を見据えた動きをしていかないと。

 

これまで何度も要望してきたインバウンド施策。なかなか理解してもらえなかったですが、2025年までの大阪国際空港の国際線復便も視野に、豊中市もこれでインバウンド(訪日外国人旅行者)の動向を無視できなくなったはずです。万博誘致でますます増えていくであろうインバウンドを地域経済の発展のために活かすのか、ただ迷惑な存在としてスルーするのか。インバウンドとうまく共存共栄していく仕組みを今から検討しないといろんな意味で手遅れになるかも!?今後の動向にご注目!!


テーマ:

昨日、決算委員会でも質問した思春期のメンタルヘルス対策として中学校で実施されている「いのちの授業」を見学させてもらいました。

 

いのちの授業のねらいは、授業を受けた生徒の感想にもあるように「ひとりじゃない」、「誰かに打ち明けていい」、「親以外にも頼っていい」といったメッセージなどを生徒たちに伝えることにあります。

 

今回の授業内容は、こういったメッセージを込めた朗読劇やミニコンサートでした。私も子どもの居場所づくりを細々とですが実践しており、その子どもたちのことが思い浮かぶとついついホロリときてしまいました😢。

 

「悲しい、寂しい、助けて」

 

こういった見えないメッセージをいかに汲み取り、話を聞いてくれる人がいて居場所や逃げ場所はあるんだよと伝えてあげて支援へと繋げていけるか。行政や学校だけでなく私たち大人一人ひとりに課された責任だと思います。

 

「何くそ、負けてたまるか」

 

さらには、社会に出てからも困難に負けないこういったたくましさもこれから身につけていけるような取り組みが必要だと感じてます。

 


テーマ:

今日は空港問題調査特別委員会で大阪国際空港に関わる要望書を関西エアポート株式会社と新関西国際空港株式会社に提出、意見交換してきました。

 

9月の大阪北部地震により関西国際空港が大きな被害を受けたことで大阪国際空港に臨時便が飛ぶことになりましたが、その中に香港便が1便含まれており、24年ぶりに国際線が復活する!と経済界を筆頭に沸き立ちましたが結局フライトの1週間前に香港便はまさかのの中止に、、。

 

意見交換ではそのことにも触れさせてもらい、国際線対応のインフラ設置のことなどについて質問しました。また、当時の内幕についても現場の話を少し聞けて良かったです。香港便については残念至極でしたが、将来に向けて可能性は残ったようにも思います。これからもあきらめずしっかりと粘り強く働きかけを続けていきます!

 

ちなみに2016年から改修が始まり2020年にグランドオープン予定の空港ターミナルを視察させてもらいました。普段から豊中市民にも利用してもらえる空港づくりに向けた工夫が随所に凝らされておりたくさんの子育て中のお母さんたちが子連れで空港に来ていたのが印象的でした。皆さんもぜひ空港に遊びに行ってみてみてください(^_^)!

 

 


テーマ:

今日は三重県名張市で視察でした!

 

テーマは、市民が主体となって地域自治を進める「地域づくり組織」について。

これまで各地区に対して事業ごとの補助金を交付していたのを廃止して地域が取り組みたい課題に対して自由に使える一括交付金を創設し、窓口となる地域担当監も3名専属で配置。これまでの役所まかせの地域づくりから地域の自発性と主体性を高めて自分たちの地域は自分たちでつくる!といった意識を醸成することにも繋がっているようです。

 

驚いたのが、高齢化が著しい地域ではこの制度を活用してコミュニティバスを自主運営しているそうです。これ豊中でも参考にならないかなと思ったり(^-^)。

 

豊中市も現在、地域まちづくり組織と同様の取り組みとして各校区での地域自治組織の立ち上げを推進していますが、なかなか広がっていかないのが現状です。名張市は地域づくり組織のために平成15年に条例を制定して市長のリーダーシップのもと15地区すべてで立ち上げました。それができたのも当時、財政非常事態の中でかなりの危機感があったからだそうです。

 

一方、豊中市は41校区それぞれ地域特性も抱える事情も大きく異なり、公民分館や自治会が混在する中でどのように今後地域自治組織を展開していくのかが問われているように感じます。さらに、それを支えるまちづくり人材をどれだけ育成できるか。これから豊中市も生産年齢人口の減少や超高齢化により財政的に非常に厳しい状況になっていくことが予想されます。今回の視察ではこういった課題に対して示唆に富むやりとりができたように思います。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス