ママに気づいてほしかった。私の発達凸凹ブログ
  • 31Oct
    • 学校の授業の怖さとは(2)ディスレクシア

      前回のつづきに参ります…★そうなんです。私は知的を伴わない、ディスレクシア。私に似たような子がいたら、私に相談してください。力になれると思います!音読の授業がトラウマに…私の小学校は音楽専門でした。そのため、ピアノさえできればいい。音楽の授業さえできればいいって思っていたら…大間違い!現実は、ピアノも音楽の授業も、できて当たり前のレベル。でも私には音楽に対しスパルタな母がいたため、なんとかやっていけていたのですが…小学2年生からが、苦難の始まりでした。国語の授業。その中でも音読。思い出すだけで、吐き気がします。読み間違えたら連帯責任!音読の授業は、みんなで一緒に読むだけではありません。国語の先生はとても良い先生でしたが、とても厳しい先生でした。音読の時は全員立たされ、先生が「ストップ」と声掛けがあるまで間違えずに読む。間違えず読み切る事ができれば座れる。これは、私にとって地獄のような授業でした。当然、私は文字があっちゃこっちゃ見えるので、スムーズに読めません。変なところで切ってみたりと、読み間違い以前の問題でした。そして間違えた場合、私だけのペナルティではなく連帯責任となります。そう、私のせいで、最初の人からやり直しになるのです。いじめが始まったのはこの時から?最初は、みんなゲーム感覚で、ヒヤヒヤしながらやっていました。でも何回もやれば、周りは上達していき間違えることが減っていくのです。周りができるようになってくると、私の間違えは許されないものになっていくのです。間違える度にエスカレートする罵声。「また!?」「やばっ」「バカなんじゃないの?」「マジ死ねし」「分かってる!自分でも、何でできないか分からないの!」と、心の中で叫んでいました。先生からも、理解されることはなく言われた言葉は、集中が足りないんだと。そして、両親にも恥ずかしくて言えず…こんな姿を知ったら怒られる…もっと嫌われちゃう!と思っていました。でも私はいじめられても、人が大好きだった。クラスのみんなが私に嫌な事を言ったって、私はクラスにいたかった。だったら…こう考えるようにしよう!音読の授業の時だけみんな、私に注目してくれる!私は普通じゃないから、見てくれるんだ!こうやって私は、自分を守るために、普通の考え方から外れていったのかもしれません。でも自分は守れても、周りはどんな風に感じるか?その時は、自分に精一杯で考えられませんでした。次回は「普通とは何?」について、書いてみようと思います♪

  • 19Oct
    • 知的を伴わない学習障害(1)ディスレクシア

      クルクル回ってる~!私が4歳の頃、母親にひらがな表を初めて見せられた時のこと。「うわ!文字がクルクル回ってる!」そうなんです。私には、文字がクルクル回って見えていたんです。それも一つずつ、回る速度や回るタイミングが違う。右周りのものもあれば、左周りのものもある。でも私は、疑問を抱くことはありませんでした…だって、みんなそう見えていると思ったから…。みんなスゴイな。こんな難しい物を、簡単に覚えられるなんて…。私には無理だ。でも、必死に吐きそうになりながら「ひらがな」を覚え、無事小学校へ入学しました。ホッとしたのもつかの間、文章問題や作文…そして音読という強敵が現れました。そう。私は、知的を伴わない学習障害。その名は、ディスレクシア…この続きは次回!小学生になった私を待っていた二次障害についてお話しします。

  • 17Oct
    • 贈り物☆彡

      作品名:「色犀(しきさい)」制作者:HULKI(ハルキ)このたびは「見て学ぶ.com」の設立に際し、温かい激励のお言葉とお心のこもったお祝いの品をいただき、ありがとうございました。この作品は、HULKIさん(ペンネーム)の作品です。色彩豊かで、心がホッコリするプラバン作品を制作されています☆彡ここで少し、HULKIさんについてご紹介いたします。HULKIさんからのメッセージ♪ こんにちは、この作品を制作しました、HULKIと申します。この作品の想いを綴らせてください。実は私は、大人になってから、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断を受け、障害者手帳を取得しました。今まで、この特性に悩み続けてきました。社会に出てから社会に適応する事が難しく、ケアレスミスや短期記憶ができなかったり。とにかく「できない奴」として過ごしてきました。怠けたいわけじゃないのに怠け者のように周りには思われていた事でしょう。発達障害自体にもまだまだ知名度が低く、理解されていない面も多いです。そんな中、診断を受け、少しはホッとできましたが、長年の自己否定癖が治らず、苦悩しています。まだまだ認知度の低い発達障害。個性や多様性を容認できる世の中になってほしい!そう思い、微力ながらも力になれればと、私は皆さんに発達障害の一人であることを告白し、作品を通して発信して参りたいと思っています。私は、水沢さんが私と同じ当事者として、精力的に楽しみながら働いている事がとても励みであり、そんな水沢さんに、この「色犀」が部屋に飾ってあると、幸せな気持ちになる!と言ってもらえて嬉しいのです。皆さまの想いにこたえます! HULKIさんより、こんな素敵なメッセージを頂き涙した水沢です。これから、障害者向けの美術展コンペなどに出展するために、準備をされているとのことです。HULKIさんの作品に、沢山の人たちがホッコリし、感動することでしょう。この素敵なHULKIさんの想い、そして沢山の子育て中のお母さま方のご期待に添えますよう、精一杯努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 16Oct
    • アメブロ、はじめました!

      はじめまして見て学ぶ.comの水沢ありさです。私をご存知の方もいらっしゃるかと思いますが密にブログを始めてみました。これから、ちょこちょこ更新してみようと思いますよろしくお願い致しますQ1.ニックネームは?リシャQ2.最近のマイブームは?海外ストリームを視聴することQ1.好きな食べ物は?チーズとお肉