皆さんこんにちは、ミッシー経営 三品富義です。

 

何時も、アクセス有難うございます。 

 

コロナの第4波、増えてきましたね。変異株とやら勢いが強いためと言われています。ワクチンの早期の普及を願いたい。

 

皆さんも消毒、手洗い、うがいを徹底してくださいね。

 

特に手洗いも大事だが、うがいが特に大事。

 

菌は口や鼻から入ってくるのだから、疎かにしないよう各個人が徹底してください。

 

本日は、地球環境を考える話し。

 

政府は2050年までに温室効果ガスのCO2を削減しカーボンニュートラルとする。

 

つまりCO2排出収支をゼロにして地球温暖化を抑えることです。

 

大手企業は既にこれにより様々な手法や設備開発を続けています。

 

大手企業は、当然地球環境に配慮していないと、投資家より見放されてしまうということもあり、切羽詰まる勢いである。

 

しかし、ある人から地球温暖化は本当なのか、誰が証明したのか疑問があると言われる。

 

既に地球は氷河期の前兆にさしかっかているとも言われいるのに、僅か数千年の地球の平均気温データを考察し、地球温暖化と言っている。

 

大気中のCO2(二酸化炭素)濃度が400PPMとなっているが,本当に影響しているのかどうか誰も証明出来ていない。

 

しかしながら、万一CO2の影響で地球温暖化となっていれば、それは大問題。

 

 

ファクト(真実)はどうであれ、CO2の増大は、地球環境の負の変化をつくっているのだから、我々人間は後世のために対応して行く必要がある。

 

結局は負の可能性があるなら、その負を発生するさせないことが必要である。

 

この地球を守るため、今後、人類が努力して行かなければならない重要な課題である。

皆さんこんにちは、ミッシー経営 三品富義です。

 

何時も、アクセス有難うございます。 

 

今回は、準備が成果に繋がる話。

 

新年度始まりましたね。

 

少々新しい変化がおとずれる事に期待し、ワクワク感がありますが、どうしてもコロナ禍を考えながら行動となってしまいます。

 

打合せもリアルかオンラインか、どちらにするか。

 

リアルなら会場はどこにするか、費用は、予約は。

 

それでも新年度かもしれないが、ネットで空き状況を検索すると予約が増えてきている状況。

 

私の周りの人は、リアルで打合せやセミナー受講の方が良いと言われる方を多く感じています。

 

確かに人の話を聴く、人に話をする場合、空気間、アイコンタクトや表情が読み取れてとても良い。

 

一般的に、オンラインで話を聴いたり、話したりする場合、どちらかと言うと一方向になりがちで、空気間、アイコンタクト、表情が読みづらい。

 

オンラインの費用は、僅かな通信費及び電気代、リアルの費用の方は交通費+現場に行く往復時間+会場費(参加費)。

 

この中で一番大きいのは、やはり現場に行く往復時間。

 

1日かけて先方にお会いしたが、成果出ず、がっかり。

 

時間を無駄に感じ、何と生産性の低いことか。これならオンラインの方が良かったかもと感じる人もあるかと思う。

 

しかしながら、実際に考えてみると、リアルが良いとか、オンラインが良いとかでなく、何とかなるさの準備不足が最も問題なのです。

 

テレビの生番組、やはりプロ中のプロですが、相当な準備をして番組を制作しているのが分る。

 

我々も、リアルの方が良いと思う前に、打ち合わせや行事参加に相当な準備をして対応したのか、考える必要がある。

 

事前準備の必要性

 

生産性を考えるなら、想定を事前予測し、その準備をし、オンラインで対応した方が良い。

 

主催者側なら、相当な予測の準備をしておけば、オンラインでも成果に結びつく。

 

参加者側としても、事前にどんな内容であるのか、どんな話が出るのかを想定し、その準備をして参加することが肝。

 

事前準備をしておけば、成果に繋がりますよ。

 

 

皆さんこんにちは、ミッシー経営 三品富義です。

 

何時も、アクセス有難うございます。 

 

温かい季節となり、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

本日は年度末であり、明日から期が変わります。

 

新しく仕事、新しい環境に就く方も多数いらっしゃるかと思います。

 

しかし、コロナの4波かと思われる状況は、またかですね。

 

皆さん、自宅に戻ったら必ず手洗い、うがいを励行しましょう。

 

励行とは、決めたこと、決められたことをその通りに実行すること。

 

ところで職場のルール、励行されていますか。

 

職場のルール面倒くさいと思うことありませんか。

 

何故そうしなければならないかを理解していないと、面倒くさいとなってしまいますよね。

 

入社した時には恐らく会社からルール説明があったかと思いますが、その時に理解していない場合や説明がひょっとして当たり前のこととして無かったかもしれません。

 

職場のルールは、就業規則に記されていますので、特に面倒くさいと思うならば、もう一度確認して見ましょう。

 

或いは、上司に「何でこんなことをするのでしょうか」と確認してみても良いかと思います。

 

そんな時、昔から決まっているからの回答でなく、必ずその理由を聞くのが大切。

 

ルール以外でも、仕事や作業上で「何でこんな面倒くさいことをしているのか?」と思えば上司に聞いてみる。

 

そこで小さな改善ができれば、自分も会社も良くなる。

 

不満ばかり思いながら仕事をしていれば、ストレスが溜まる。

 

常に、改善(小さい工夫で良い)を考えていれば、会社に行くのも楽しくなる。

 

 

更に、一人で考えるより廻りの人と相談しながら改善アイディアを出していくと、社内コミュニュケーションがとれる。

 

自分から動く、発信していくと「面倒くさいから」不思議と「面白くなっていく」。

 

面から面の変更ですね。

 

皆さん、仕事が面白くなりますよ。

 

 

 

皆さんこんにちは、ミッシー経営 三品富義です。

 

何時も、アクセス有難うございます。 

 

温かい季節がやってきましたね。コロナ禍もまだまだ配慮が必要ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日、自動車運転免許の更新に行きましたが、平日なので比較的スムーズに終了。

 

写真撮影が終わり、少し5~6分位座ってお待ちください。

 

更新した免許証ができ、終わりました。帰って下さいとの声。

 

そうですかと何となく唖然。

 

バス、地下鉄で1時間以上かけて更新に来たのに、更新時間は約30分位でした。

 

コロナの影響もあるかと思いますが、自動車運転免許スタッフも手際が良い。役所のイメージから脱皮している。

 

更に、先回の更新時に比べたら、暗証番号打ち込み機、視力検査や写真撮影機器も一新されている。

 

少々大袈裟かもしれないが、時代が変わった感じ。

 

一体、この仕組みを検討し、実行に至った経緯はどうだったか、誰が中心で作り出したのか、知りたくなった次第。

 

 

コロナの影響もあり、世の中盛んに変革や変動が起きており、この波にのっていかないといけませんね。

 

「改革を要求してるコロナ」と言えます。

 

以前の方法はもう古い、それを踏襲する考えを捨て去り、新しい方法にしていく意欲を考えさせられた日でした。

 

 

 

 

皆さんこんにちは、ミッシー経営 三品富義です。

 

何時も、アクセス有難うございます。

 

東京都コロナ感染者減らずも、緊急事態宣言解除の予定。

 

緊急事態慣れなのか。

 

マイナスの慣れとは脅威であるが、プラスの習慣は必要。

 

毎日すること、毎週1回はすることなどなど。

 

外出する時はマスク着用。

 

外出先から帰宅したならば、手洗いうがい。

 

皆さんは励行されているかと思います。

 

コロナ発生前は、こんな習慣はありませんでした。

 

感染された人の手洗い、うがいの調査データはどうなのでしょうか。

 

良い習慣を怠ると、不思議に何かしらのしっぺ返しがくる。

 

今、地球は警告されているのです。

 

 

人類は地球環境に配慮しなければ、絶滅する危惧がある。

 

人類が争っている状況ではない。

 

お互いを尊重し、助け合っていかねばならないと。

 

地球全体をみれば皆同じ人類ではないか。