谷田部アリーナのドリフト指定タイヤ | ヨコモ広報部ログ

ヨコモ広報部ログ

RCカーファンの皆さんこんにちは。ヨコモ広報部より様々な情報を発信します!


テーマ:

谷田部アリーナの

ドリフトグランプリコース!!

 

これまではヨコモのDRAタイヤが指定されていましたが

今後はヨコモのDRCタイヤに切り替えられるようです上矢印下矢印

アリーナブログ

 

DRCタイヤは御存じの通り"カーペット用"として開発しましたが

DRAに比べるとタイヤの硬度が低く

アスファルト路面で使うと

横方向にグリップ力が強いらしいです筋肉

 

ただし車を前に進める力

いわゆるトラクションはかかりにくくなるそうですハッ

 

これは

素材の熱に対する反応の違いで炎

DRAはタイヤ温度が上がるとグリップ力が高まるのに対し上矢印

DRCは温度に対する変化が少ないということギザギザ

 

スロットルをあまり握らないコーナーリング中でも

そこそこグリップしますが

立ち上がりでスロットルを握っても

そこそこのグリップをキープするイメージですうずまき

 

こう書いてしまうと

なんだかレーシーなイメージになりにくいですが

実際には速度域が下がったり

追走での速度差が少なくなるので

接近戦になると思いますねあしあと

 

初中級者にとっても扱いやすそうですラブラブ

 

谷田部アリーナがタイヤを切り替えるのも

このあたりが狙いなのではないでしょうかニヤリ

 

 

一つ気になるのは

トレッド面形状!!

 

ややラウンドのあるDRAに対して

DRCはフラットなトレッド形状です

 

このトレッド形状は路面に合わせて考えられたもので

アスファルト路面は接地面を少なくして面圧を上げ上矢印

グリップ力を高めるのに対して

カーペットやPタイルは接地面を多くして

グリップ力を得たほうが良いという結果から導き出されました流れ星

 

しかし今回の指定タイヤ変更はそれを覆したものとなりますので

セッティングにも大きな影響が出そうですねびっくり

 

初期のキャンバー角はもちろん

アッパーアームの角度などによる

キャンバー変化などもキーポイントとなるでしょうカギ

 

 

ヨコモが開催しているドリフトミーティングも

谷田部アリーナで開催する場合は

指定タイヤをDRCに変更しますので

マシンの調整をしておいて下さいねグッ

 

次回の開催は

12月のスペシャルラウンド!

タイヤを攻略すれば

かなりのアドバンテージになることでしょうグラサン

みしまんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ