英語でアニメオタク★外国人と友達・恋愛・オタ婚 ^O^

英語でアニメオタク★外国人と友達・恋愛・オタ婚 ^O^

英語力がほとんどないのになぜか始まった海外アニヲタとの交流 -_-;
オタ婚して、いきなりのアメリカ生活での体験談 *_*;;
海外がらみと私情で語る熱いアニメ談義 ^^/
いちアニメオタク♀による、国際結婚・国際恋愛・外国の友達作り ☆

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

ご無沙汰しております。

それはいつものことですが ^^;



今回はちょっと特別な事情でした。



前回の記事で、猫が風邪を引いたと書いていましたが、

その猫が、あれから回復せずに結局亡くなりました。


そのことがショックで、

またそのことを記事に書こうとしたんですが、

書いてる途中で涙がとまらなくなってしまって、

中断してはその後何度も書き終えようとしたのですが、

その度に泣きそうになるので、

結局、泣かなくなるぐらいに落ち着いてから再開しようと思って

下書きにほおりこんだまま、うっちゃってました。


よく考えたら他の記事を書けばよかったんですけど、

そこまで考えが回らなくて 爆


そういう気にもならなくて、


・・・気がついたらこんなに日にちが経ってました 汗


もしかして3月に更新したの一回だけ? うう^^;;;




とりあえず言い訳がましく、その時のことを書き上げます。


***


猫が弱ってきてぜんぜん食べてくれないので、

獣医さんに診せて『猫風邪』と言われた時は

正直、ほっとしました。

治ると思ったので。

実際、ガンとか老衰とか他のもっと不治の状態を想像してたんです。


けど、一時希望を持って、やっぱりだめだったときの

精神的ダメージはひときわでした。


猫風邪って猫にとっては死ぬ病気なんですね。

抗生物質や強心剤、栄養剤の注射もしたのですが、

老猫だったので、回復する体力がもうありませんでした。

何も食べてくれず、

栄養剤を打ち続けることで延命措置は出来たのですが、

結局自身で食べてくれないから、どんどん弱っていきました。


それどころか、病状は悪化し、

わずかに延命させてしまったことで

苦しむ時間を余計に与えてしまいました。

何も食べないことで衰弱死したほうが、

病気による苦しみを味わう時間が少なくて静かに逝けたかもしれないのに。



猫のためでもなんでもなく、

ただ私が死なせたくないがために、

無理に延命させて

いやがるのに無理にスポイトで栄養のありそうなものを飲ませて、

吐いて、

最後には寝たまま血をたくさん吐いて

いたずらに苦しませて死なせてしまいました。


助からないのなら、

何もせずにただ静かに見守ってあげればよかった。

それが一番よかったのに、

そうできなかった。


必死であれこれ考えてなんとか生きてもらおうとした。

猫のためじゃなくって

自分のために。


本当に馬鹿だった。


自分が恐ろしいとも思いました。

動物を世話する資格がないんじゃないかと。



猫がいなくなってしまったことの空虚感とともに、

自分のしたこと、自分の本質を知った怖さから

しばらくショックから抜け切れませんでした。


ペットを亡くす悲しみはこれまで何度も味わってきましたが、

今回は恐怖も感じました。

自分という人間のエゴイズム。





このことである昔の出来事を思い出しました。


昔って言っても数年前なんですけど。



うちの猫(今回とは別の子)が子供でやんちゃなころ

飛び立とうとした野鳥をジャンプして捕まえ、

それをたまたま見ていたハズが、急いで猫から鳥を取り上げたんですが、

鳥はもうぐったりしていて、

それでもとりあえず箱に入れて家の中においていました。

そのときは正直すぐ死んじゃうと思っていました。

が、以外にも怪我したのは翼と片足で

命自体は別条なかったため、

翼と脚さえ治ればまた放せると思い、

試行錯誤しながらエサを毎日シリンダで与えました。


もちろん野鳥なので、人間に馴れるはずもなく、

いつもなんとか逃げようとして

箱から飛び出して、また羽に傷を付けたり

箱の中でも、ちゃんとまっすぐに立てないので、

すぐぶつかって血を流していたり、

どのくらい回復したか確かめようと部屋に放してみても

あちこちぶつけてやっぱり流血したり、

そして痛めた足と翼はいつまで経っても元の状態にはなりませんでした。



そして結局3ヶ月もそれを続けてしまっていました。



それで、最後にどうなったかというと。


うっかり目を話した隙に、


初めにその鳥を襲った猫が、箱の中の鳥の物音に誘われて

箱に飛び乗り、さらに箱ごと潰してしまって、

猫と箱をどけると血がにじんだタオルの下で

圧死していました。



結局この3ヶ月間この鳥は


わけのわからない場所で

毎日恐ろしい人間につかまれ

閉じ込められ

身体の自由も利かず

何度も怪我をし

猫の気配におびえ


そして結局猫に殺されました。


なんだったんだろう。


もしかして3ヶ月前に初めに猫に捕まった時に

殺されていたほうが幸せだったのでは?

と、いうか

そうだったと思います。





このことが頭の中で彷彿としました。


あの時も、

私がただ鳥が死んでいくのを見たくなかったために

怪我が完治するかもわからないのに

ただやみくもに一日一日延命させるためだけに

毎日鳥を手で捕まえてはエサを与えては

部屋の中の箱の中という

野鳥にとって恐怖すら感じるかもしれない場所にいさせ続けた。


私がエサを与えるたび、

どんなに怖かったろう、

どんなに怯えたろう。


私が勝手に思っていた

『いつか治ったら元の場所へ返してあげるから、それまでの辛抱ね』

なんて意識は

鳥には当然伝わるはずもなく。



あの時は自分のやったことをすごく後悔し、


もう二度と同じ過ちはしないようにするつもりでした。



なのに。



やっぱり今回やったことは

あの時と

全くいっしょでした。





自分のあさはかさに愕然として


もうこれは学習して治せるようなものじゃなく

私の本質の問題なんだと自覚して


ものすごく


怖くなりました。










動物だって、人間だって、

いつかは死にます。


誰にもわかっていること。



そして、特に医療処置など自然に働きかけて寿命を延ばすなどの

ある意味自然に逆らう行為を知っている人間以外の生物は

生きている時間の長さにあまりこだわっていないように

思います。


もちろん動物ですから生存本能がある以上

死を避ける行動はします。


でも、

どうしても死が避けれないと思ったとき、

動物は

静かにそれを迎えようとしているように思います。


人間だって、

『死ぬときは病院のベッドの上ではなく、

自分の家の畳の上で死にたい』


なんて言葉をよく聞きますよね。


ベッドの上でチューブや電信コードでがんじがらめにされて

喋れず、或いは意識もなく

そんな状態で一秒でも長く心臓が動いているほうよりは


少しぐらい死が早まってもいいから


自分のやすらげる場所で、

大切な人に囲まれながら

静かに死んで行くほうを望む人が多いんじゃないでしょうか。



もちろんそれを見ている方はつらいです、

とにかく少しでも長く生きて、

いえ、

死を先延ばしにして欲しい。



患者が苦しんでいてもなんでも、


死=望みの終わり


が来て欲しくない。





今回の私の状態も

まさにこれだったと思う。




猫を苦しませたくない、

けれど、

ほんのちょっと苦しませることで

生き延びてくれるなら、

猫の死を味わうのが先になるなら。



でも猫にとってはどうだったんだろう。



今死ななくたって、いつかは必ず死にます。


もし今あともう数年多く生きられたとしても


もしその後でものすごく苦しんで死ぬんだとすれば


それよりは今、


安らかに死ねるときに


苦しまずに死んだほうが幸せなのじゃなかったろうか。




もちろん本当に次はすごく苦しむのかわからないし、


なによりあと数年またいっしょにいられる可能性があるなら

そのために多少苦痛を受けさせてでも

今は死んで欲しくない。

もうちょっと先送りしたい。

悲しいから。


そう思ってしまいました。




『苦しんでてもいいから、

死んでほしくない』



なんて、


なんて恐ろしいことを考えてたんだろうと思います。


もし猫が話せて、

『どっちがいい?』

って聞けたとしたら、


たぶん


『苦しいのはやだ。』


って言ったと思う。


楽に、出来るだけ穏やかに、怯えることなく


逝かせてあげることが何より

あの子にとって幸せなことだったんだと思う。


一秒でも長患いさせることではなく。




そうしてあげられていたら、今


自分の悲しみも、もう少し和らいでいたんじゃないかって思います。




すごく長い記事になっちゃいました。すみません。

もし読んで下さった奇特な方いらっしゃったら、

本当にほんとうに、どうもありがとうございます。

心より感謝します。


もしよかったら、

一緒に

或いはどなたかと

ペットたちのしあわせ

彼らと別れなければならないときに

彼らが本当に望むこと

について

ちょっとでいいから



考えてあげてみて下さい。

つらいことだから、考えるのもいやかもしれないけど。







あ、ところで

気分を一新しようとブログのデザインを変えてみました。

なんかおもしろそうなデザインだなっと思って ^^


でもいきなりブログの内容とぜんぜん合ってないですね・・汗



ペタしてね

テーマ:
お久しぶりです 笑


いや、笑えないです ^^;



ああ、もうこのブログ終わりかなあ 笑


・・って、やっぱり笑ってるとこじゃないって ^^;;





冬はどーーーーも、うつっぽくなってしまうんですよね。


で、3月過ぎた頃から元気になるんです、すごくはっきりしてます ^^;




ついでに猫が風邪をひきました。



ずーーっと何も食べてくれず、弱々しくなっていくので

もう覚悟してたんですが、


注射したら少しマシになったらしく、

やっと鼻水が止まって、さっきほんのちょっとだけウエットフードを

食べてくれました。



持ち直すまで、もうだめだと思い込んでいたので、

昨日は洗い物をしていて、涙がぽたぽた落ちて

洗ってる食器に当たりそうになって苦労しました。



前に引っ越したばかりのころ、ふらり現れた骨と皮の野良猫を保護して

世話してまるまるとデカくなり 笑

ふかふかのぬいぐるみ状態で

『この子がいたらもうなにもいらん!』と思えるぐらい

しあわせな時を過ごしていた頃、

いきなり半年前までこの家に住んでいた人が訪ねて来て、

この猫は自分が置いていった猫で連れて行きたかったけれど出来ず、

でも今なら世話できるから、と半ば脅すように所有権を主張されて

あっという間に連れて行かれ、

その後一週間以上毎日泣き続けた頃も、

そういえばなぜか洗い物をしている時がいちばん

涙をぼたぼた落としていたような気がします。

(単に両手が塞がっていて涙が拭けなかっただけかもしれない)

あの頃もしばらくうつみたいになりましたっけ。




あの時は英語でろくに話せずまた相手の話もうまく聞き取れず、

またアメリカの法律や社会の慣習も全く詳しくなかったばかりに

すべて相手の言いなりになって、本当にあの猫を大事にしてくれるのか

わかりもしない相手にあっさりと渡してしまった。


自分のふがいなさとともに、

あまりなドライさが当たり前のアメリカ人がほんのちょっと

キライになった出来事ではありました。




ハズも、自分でも猫好きだと自称しているくせに、

やっかいなトラブルになるのを避けたいがために、

何にもしてくれませんでした。






あれ?今日のブログなんかへん ^^;



ちょっとまだうつモードが抜けてないのかもしれないな。



今度はもっと明るい内容にしますね。


失礼しましたー。



ペタしてね

テーマ:

また思いっきり滞ってました・・・。


ちょっと

数日前からあることにハマってしまってました ^^;



実はあるウイジェットから配信される

CMその他を見るとポイントがたまるというので

インストールして見てたんです。

はっきりいってもらえるポイントは微々たるものなのですが ^^;

まあ、ネットしている間、片隅に流しておけばいいやというくらいの

気持ちだったんです。


配信されるのはサイトや品物の宣伝だけじゃなく、


日本で近々公開される映画のプロモーションのチャンネルや

日本のテレビで放送されたニュースのチャンネルなどもあって


はからずも

なぜかそれらに見入ってしまいました ^^;;






特に日本のニュース




すごく新鮮・・・ ^^;;;







なんていうか



すごくのどか






もちろん凄惨な事件もあるんですが、


それでも


小さな窃盗事件、例えば

男がコンビニで十数万円奪って逃走、

とか


通りがかりに自転車に乗っていた女性からバッグを奪おうとして

失敗し、女性がけが、


とか。



こんなの、アメリカじゃニュースにされんだろー ^^;





それから、




高齢の夫婦とその息子が部屋で餓死したらしいという事件ですが、



確かに町の真ん中で餓死、しかも2ヶ月近く気付かれなかったというのは

ショックな事件ですが、




彼らが住民登録もしてなかったことで発見されづらかったことを

踏まえて、

さいたま市が、今後こういうことがおこらないよう、

水道局やガス、電気会社とも連携して(彼らがガス電気を止められていたことから)

対策を検討する、



とか



あるお寺から、金箔張りの観音様の像が盗まれていたのが、

その後、道端に放置されていたのを発見されたそうで

それを引き取りに来たお寺の副住職さんの、ものすごく嬉しそうな様子 ^^


観音様は固定されておらず、

盗まれた直後、副住職さんがテレビの取材で、

『返して欲しい』とそれは悲しげな表情で話し、

盗んだ人も本当に返してくれて 笑

引き取りに来て、犯人へのメッセージを求められた副住職さんは、、

『返してくれてありがとうございます。』笑

観音様の頭の上の金箔が剥がれていることについても

『いつも下から見上げて拝んでいたので、

もともと金箔が剥がれていたかどうかわからないんです』






これは。



海外の人が聞いたら

東北の震災時なみに感動されると思います。




実際わたしも感動しました 笑




いや、ほんと。


しみじみと思いました。





日本って平和な国なんだなあって ^^





餓死することや


戦争やテロでいつ殺されるかわからないのが


あたりまえの国からはもちろんですが、




社会的整備が日本より整ってると思われてるアメリカでだって、



例えば夕昏の薄暗くなってきた時刻以降、

大きなマーケットの駐車場でも車を乗り降りするときには、

周囲に襲ってきそうなひとがいないか気を配ったり、



銀行でまとまったお金なんて滅多やたらにおろして持ち歩かないし

(日本でよくやる、周囲に人が大勢いる中で何万も堂々とおろしたり、

 お店でもらったおつりなどを

 歩きながらゆっくり財布にしまってるなんてありえない。)



夜遅くに家の敷地から徒歩で出るのだって、普通しない

(そういうことに無頓着だったわたしはハズから禁止令が出された。
 それでも猫がなかなか帰ってこない時、隠れて出たりしたけど 笑)



家にだれかよくわからない人が訪ねてきたらすごく用心する。



入り口の近くにライフルが立てかけてあったり 笑


ベッドのそばの引き出しに拳銃があったり 笑笑


さすがに冷蔵庫の中には今のところない 笑笑笑





とにかくスリ、ひったくり、車中泥棒なんてあってあたりまえ、

用心しないほうがわるい。



そんな感じ。




そういえばテレビでトラベラーが大阪に訪れてあちこち見て回るという

番組があったのですが、

そこで言われていました、


日本は犯罪発生率がケタ違いに低いんだそう。


しかも他の国の犯罪が殺人殺傷強盗などの凶悪なものがメインなのに対して、

日本(大阪)の低い発生率の犯罪のほとんどが、置き引き、ひったくり 笑







ニュース番組にもお国柄が表れるんだなあと


思った今日この頃でした ^^




あっ、日米声優論の続きはまた絶対しますんで 笑


それでは。




ペタしてね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス