みりんといっしょ☆

みりんといっしょ☆

地域ネコさんから生まれたミケの女の子 みりん(2019年10月23日虹の橋を渡りました。16歳) らんまる(2012年12月24日日虹の橋を渡りました。12歳)どらみ(12歳)。恥ずかしがり屋でおとぼけな女の子。


今月、8月3日の17時13分


とーちゃんが母やらんまる、みりんの元へ


旅立ちました




翌日の8/4にショートステイから

帰ってくる予定でした




亡くなるまえ7/28に酸素の値が上がらない…と

老健から、連絡をもらい


受診したときには


「急に病院に連れてこられてビックリした〜。えらないで(しんどくないよ)」


と、笑っていたのに


一週間も経たずに、私の手の届かないところへ行ってしまいました



もっと緩やかに

お別れのときが訪れるものだと

思っていました



ショートステイに、入所したときに

「8/4に迎えにくるでね!」

と言ったら、後ろ姿で手を上げた父



診察が終わって入院になるとき

黙って手を上げた父のすがたが

意思の疎通ができた最後の姿になってしまいました




こんなことなら

もっと優しい言葉をかけたのに…


筋力が落ちているだけだとおもって

「ガンバレガンバレ!」としんどいのに

体を動かすように言ってしまいました



4月に入院したときから

少しずつ胸水が溜まっていたのだと

いうことは、入院になって知りましたが


その頃から

タンがあふれるように出ていて


吸引してもしても出てくるタン


一番しんどいのは父なのに

「また〜?」

「自分でとれるやったらとってよ!」

「わたしもしんどいねん!ずーっとついてられへん!」


と、いどい声掛けばかりしてしまいました

文字で読むよりきつい口調です


そんな私に、父は絶望したのかもしれません



入所の日の定期受診のときに

主治医に


「先生、もうらくになりたいです。」


と、この言葉よりもっと直接的なことばで

先生に言いました



その言葉がほんとになってしまいました




後悔してもしきれません



買い物から帰ったりすると

「おかえり〜!ごくろうさん!」

と、いつも元気に声をかけてくれた父でした



穏やかで、怒られたことが一度もありません


わたしが怒っても笑いに変えてくれる父に

何度救われたかわかりません


家が好きで。生まれ育った

この地域が好きだった父


最期は家で。と思っていたのに

そんな脳天気な私の計画は

お構いなしに

病院から旅立っていきました



母の旅立ちを伝えないままでしたが


今頃、母にあってびっくりしているでしょうか


もう一回、父と話がしたいです

まだまだ父の介護がしたかったです



まだ、父と別れて一週間  

気持ちの整理がつきません



母の生きた証

母のこともかけないままの

父との別れでした




またいつか、できるだけ近い将来


父と母の最期の生きた証を

ここに記したいと思います




ここで、長きに渡り応援してくださった

みなさま

ほんとにほんとにありがとうございました


どれだけ力をもらえたかわかりません



母のときのコメントを頂いておきながら

お返事もできていないことに

今気づきました…。

ほんとにもうしわけありません。




ほんとにありがとうございました



亡くなる約3週間前の父 
こんなに元気でした



今年に入って初めての記事が

このようなご報告になってしまいました…





2021年 2月8日 午前10時38分

母が旅立ちました




年末の父の入院、父の退院と

入れ替りのように

母が入院し

一時は、回復に向かっていて

ホッとしていたのですが


亡くなる2日前に状態が思わしくなくなり

前日に個室に移動して…

その日の夕方に、
15分だけ面会できたのがさいごでした


亡くなった日、連絡もらって
駆けつけましたが、一足違いで
間に合いませんでしたが

穏やかな表情でした



長い間、家にいなかったので

実感が湧きませんが

仏間にはいると小さくなった母がいて

母の持ち物をみると


急に母がいなくなった現実が迫ってきて

立っていられなくなることがあります



でも、わたしは大丈夫です




また改めて、も少し気持ちが落ち着いたら

母のこと、記そうと思います。



ここで、長きにわたって

母の闘病を記し

応援してくださった皆様



ほんとにありがとうございました。





アメンバー限定記事でかいた件は

なんとか決着しました…


ご心配をおかけしてすみませんでした。


叱咤激励くださった方々
ほんとにありがとうございましたおねがい

感謝してもしきれません




そして、父が

ショートステイ入所の日に

誤嚥性肺炎で入院しました


食べたいものを
食べさせてあげたい


という思いで

胃瘻は造設したものの
調子がいいときは
果物やお造りを食べさせてあげていた
この一年


今回の在宅中も
同じように…

「おいしいわ🍀」

といって食べてくれた先々週の土曜日

日曜日の夜から
なんとなく覚醒状態がよくなくなり

でもレビーという疾患の特性上
レビーの睡眠障害のせいだと思っていた…


熱も出てなかったので
軽く考えていた…

タンもそんなに多くなく
すこし色が汚かったけど…


そして、先週水曜日の
ショートステイ入所日の
定期受診のとき

CRPが16.6ガーン


入院となりました…



今回は免疫系が働いてなくて
熱もでなかった
あまりよろしくないパターンの肺炎

これまでにも
いろんな抗生剤を使っているので
こんかいは抗生剤が
どこまで効くかわからない


云々…

かなり厳しい説明をうけた…


そして、1週間面会できないまま
経過し
看護師さんからは
会話もできるしかわりない…という
説明をきいてホッとしていた…


今日、週に一回だけ、5分だけ
できる面会の日

すこしドキドキしながらも
会話ができるときいていたので
そういう感じを想像して行った…






ぜんぜん違った…ショボーン




入院した日より朦朧としてる

一度だけわたしを「むすめや」と
言ってくれたけど
あとは何度きいても「わからん」
としかいわない

ひげはおそらく入院した日のまま
のびほうだいで、
目やにでめも開きにくい…
くちのなかはカピカピ…

閉塞性無呼吸があるので
くれぐれも仰臥位にはせず
完全側臥位に。
と、それだけお願いした入院のとき。


けど、背中に入れられた枕はペチャンコで
完全に上を向いて
無呼吸もバリバリみられた…


5分の制限時間では
ひげを剃ることしかできなかった…えーん




そんなこんなを考えてたら
泣けてくるショボーン



またとーちゃんの笑う顔がみたい






誰かと話がしたい…ショボーン

クリスマスイブ

LINEとかしてもきっとみんな
おうちで宴なんやろな…


とーちゃん頑張ってると思ったら
メソメソしてる場合ではないのだけれど
むしょーに誰かと話がしたくなる…


電話は苦手なので
LINEだけでもしたくなるけれど…



なんだかとても孤独に感じる

クリスマスイブの夜でした…