相居飛車の力戦形から、中盤の図を迎えました。

先手が一歩得で、3三を狙って攻めていますが、後手の銀は前線に進出しているのに対し先手の金銀は前に出ていません。先手の軽い攻め対後手の厚みという構図になります。

 

△3五歩

 

3筋から飛車を移動させて3三の地点を緩和する手です。ただ、歩切れになるデメリットも大きいのでここは△4二角と受けておく方が良かったです。

 

▲4六飛

 

4筋に利かして攻めの継続を図る手で、対局中はこの手を予想していましたが、ここは▲2六飛が有力でした。対し△8六歩▲同歩△同銀▲同角△同角▲8三歩△同飛▲8七歩(参考図)は角銀交換の駒得でも大変です。

角を逃げて▲3三銀はかなりの迫力で、形勢は互角ながら玉の薄い後手が実戦的に嫌な恰好です。

 

△6四角

 

すぐ△2四歩と突くのは▲3三歩成△同桂▲同桂成△同金▲3四歩△同金▲5五角(参考2図)の強襲があります。

△同銀▲4三飛成▲3四竜ですし、△6四銀▲4四角△同歩▲4三銀とされて嫌な展開です。

 

なので△6四角として5五に守りを足しました。

 

▲6九玉

 

攻めの継続は難しかったようで、自陣を整備しました。

 

△2四歩▲2六飛

 

△2五歩▲同飛を用意した手ですが、この手が必要になるので▲4六飛のところで▲2六飛が有力だったということです。

 

△8六歩▲同角

 

▲同歩△2三金として、3三で清算してもらえば△7六歩▲8八角△8六銀からの8筋突破を狙えます。先手としては8筋突破されるより角銀交換で収める方が被害が少ないです。

 

△同銀▲同歩△5六歩

先手陣は堅いものの、角銀交換の駒得で2五桂や1九香に当たっているのと、▲3三銀と打ち込む展開にならず攻めの継続が難しいことから、後手が優位に立ちました。この後は着実に寄せ切りました。

三間飛車対居飛車穴熊の戦いから、中盤の図を迎えました。

後手からは△8八角や△8六歩の確実な攻めがあるので、先手が手を作れるかが焦点です。

 

▲5七角

 

▲9一角成△8八角▲6九飛△9九角成とされて、先手は大駒が攻めに使えない形となるので不利です。

ここで▲2四角は有力でした。△8八角▲1五歩△同歩▲5七角として、△7九角成▲同角で本譜と似た展開になりますし、△8二飛▲7四飛△7三歩▲8四飛(参考図)と飛車交換をして十分です。

2四歩を取っているので、桂香を拾って▲2四桂と打つのが早い攻めになります。先手陣は低くまとまりのある陣形なので、飛車交換した形は穴熊に劣らない堅さとなります。

 

△9四飛

 

ここは△8二飛を予想していました。▲7四飛△7三歩▲8四飛△同飛▲同角△7九飛▲8二飛(参考2図)として、お互い桂香を拾い合う展開が予想されます。

▲2六香や▲1五歩からの端攻めなど、桂香を攻めに使いやすいので、悪くはないと思いますが、後手も四枚穴熊の堅陣なのでまだまだ難しい戦いだと思います。

 

▲9六歩

 

次に▲9五歩とすれば飛車を取れます。

 

△8八角▲9五歩△7九角成▲同角△8四飛

 

角を7九に引かせて飛車を助けました。

 

▲1五歩△同歩▲2四角△4二銀▲2五桂

しかしながら、端攻めが急所で、先手がリードを奪いました。▲5七角打~▲1三歩が狙いで、後手の飛車は角のラインから逃れることが難しく、受けにくい形です。この後も攻め続け、寄せ切ることができました。

左美濃対矢倉の将棋から、中盤の図を迎えました。

駒割りは銀桂交換ですが、先手の左美濃は金が1枚離れているのと、7六歩の拠点が大きいので後手の矢倉の方が堅いです。△4四角は△9九角成や△8八歩を狙う急所の攻撃で、ここでの対応が重要でした。

 

▲7七歩

 

角のラインを止める自然な受けですが、ここでは▲4五歩と催促する手がありました。以下△9九角成▲8八銀△9八馬▲8七銀右(参考図)とすれば馬を捕獲することができます。

△同馬△8九馬から△7七桂の攻めはありますが、角桂を持てば▲4四桂の反撃があるので先手も十分戦えます。

 

△同歩成▲同銀△7六歩▲6六銀

 

角のラインを開かせないように銀を出ます。

 

△3四桂

 

後手の第二の狙いで、▲3七角なら△4六歩▲4八金△3六歩から角を取ることができます。

 

▲9一角成

 

この手が敗着となりました。代えて▲8三銀が正着で、△4六桂▲9二銀成△同香▲4五歩(参考2図)とすれば難しい戦いが続きました。

角が消えれば▲7一飛の攻防手を指せるようになるので、飛車を取る価値は高いです。先手は桂香を拾って4四に打ち込むのが早い攻めで、後手は△8七歩~△8八角が厳しい手となります。際どい攻め合いが予想されました。

 

△同飛▲4五香

 

後手の飛車を僻地に追いやりつつ角を取り返す狙いですが…

 

△8八歩

△6六角には▲4三香成とする狙いですが、△8八歩が好手です。▲同玉なら△6六角が王手になるので△4四歩の受けが利きますし、▲4四香△8九歩成▲同玉△4四銀△7七桂が残っており先手不利です。

ここで形勢を損ね、以下は押し切られました。