後手で四間飛車穴熊から、図を迎えました。

先手の8五歩型が通常と異なる点で、厚みになるか目標になるかがポイントとなりそうです。

 

▲5九角

 

▲8七銀△6五歩と突かれてしまうので、陣形の進展は難しいです。角転換からの打開を図ります。

 

△7四銀

 

▲6四角と出られないので、銀を出て8五歩を目標にします。

 

▲7七桂

 

代えて▲3七角△8五銀▲6四角△4四飛▲5五角△8四飛(参考図)で後手十分です。

飛車を4筋から転換して玉頭を狙えば、8筋の歩がない先手の穴熊は危険な状態になります。途中で▲2四歩は△同角が銀に当たります。

 

△9三桂

 

当初は△6三銀と戻ってゆっくり指すつもりでしたが、それは▲2六角くらいで一局の将棋です。見たことない筋ですが、強引に8五歩を狙う手を発見し、後手がリードを奪いました。

 

▲9六歩△8五桂▲9五歩

 

先手は8五歩の代償として9筋の歩を取りますが、端が弱く危険な形です。

 

△7七桂成▲同角△8五桂

駒の損得はないですが、こうなると△9七歩の端攻めに加え、△6五歩で角のラインを通す手が厳しく、後手良しの中盤となりました。以下も攻め続けて寄せ切ることができました。

 

 

 

 

相居飛車で雁木模様の出だしから矢倉に組み、中盤の図を迎えました。

一歩を捨てた代わりに後手に壁銀を強要させています。先手陣は矢倉の堅陣で玉形でまさり、後手の飛車は攻めに使えない形なので先手の模様が良い局面です。ただ歩切れがネックですぐに攻め込むことはできません。

 

▲5六歩

 

後手の狙いは△6五歩から角を成り込むことなので、次に▲5五歩とすれば角のラインを遮断でき、▲5八飛からの攻めも見せられます。

他には▲4六角も考えましたが、△4二金左▲3五角△6五歩(参考図)とされると簡単ではありません。

歩の入手は大きいですが、角を使ってしまうと後手陣を攻めにくく、△1九角成~△2九馬を見せられて焦らされます。

 

△6五歩

 

△4二金左▲5五歩△3二玉▲5八飛(参考2図)のような展開も先手良しです。

▲5四歩から銀交換になれば▲8三角や▲5四歩~▲7一角など、攻め手に困ることはありません。

 

▲同歩△1九角成▲5五角

 

後手の動きに合わせてカウンターを入れます。△同馬▲同歩は馬を消して怖いところがありません。

 

△1九馬▲9一角成△3九馬▲6八飛

先手は桂損していますが、桂か香を取り返せる形です。△9三桂には▲7三馬で良いです。先手が手を作ることに成功し、こうなると後手は2二の壁銀が非常に苦しい形となり、先手が優位を築きました。この後は堅陣を生かして攻め切りました。

 

角交換振り飛車から、終盤の図を迎えました。

先手がリードして終盤に入りましたが、端を激しく攻められ、金銀が2枚となっております。ただ、後手は歩切れでこれ以上端攻めはできず、攻め足が止まれば持ち駒の桂香を生かして迫れそうです。

 

△3五角

 

ここは△6三銀打が嫌でした。▲6一竜△同銀は早い攻めがないと△7八飛からの攻めが来ますし、▲9二竜△5五角▲同馬△同歩(参考図)も後手陣が堅く簡単ではありません。

先手陣にはまだ手が付いてないので、悪くはないと思いますが、後手玉も4一に逃げ込んだ形が堅く、△5七桂成の楽しみがあるので、先手も焦る局面です。

 

▲3六香

 

先手陣も怖い形ですが、催促します。角がいなくなった際の▲3四香は歩切れを突いて急所の一撃となります。

 

△1九金

 

△1七角成▲同玉△2五銀も読んでいましたが、▲2六歩△1六銀▲同玉△1一飛▲2七玉(参考2図)で耐えています。

△1九飛成には▲3四香△4一玉▲4四馬が詰めろ逃れの詰めろで先手勝ちです。

 

▲同玉△1七角成▲3四香△4一玉▲2八金

 

先手玉は部分的には一手一手の形ですが、引き付けてから寄せに向かいます。

 

△3九銀▲3二金△5一玉▲8四馬

合駒請求が厳しい手になります。△6二金▲1七金△3二金▲2九香で先手玉が寄らず勝ちで、△6二桂としますが、▲4二金△同銀▲6一竜△同玉▲7一飛△同玉▲7三香以下詰みがあります。本譜は詰みを逃しましたが、王手の連続で馬を移動させて詰めろを解除し、勝ち切りました。