順位戦 小林裕七段戦

テーマ:

自分が後手で振り飛車穴熊に組み、相穴熊となりました。

図は中盤戦、▲3七角と打たれたところです。

現状後手が3歩得で6五や9五の位を生かして攻め込むことができそうなのでやや指せそうと感じていましたが簡単ではありませんでした。先手の▲3七角が好手で、飛車を動かすと銀を取られてしまう形で、さらに91まで睨んでいる絶好の一打です。

 

△5六角 ▲2三飛成 △7八角成 ▲同金 △6六桂

 

この穴熊に対しては7八の金を狙うのが急所です。7九の金一枚でしか守っていないので、

2枚足されると先手は受けなくてはいけないからです。

△5六角以外は①△8五桂▲8六銀△6六歩▲2三飛成△5八飛成として▲6八歩と受けたらこちらも△7三銀引と受けておく手や、

△5四飛▲2三飛成△5九角と、先手の急所の角に当てる手も有力でした。

 

▲7九金 △7八金 ▲2八竜 △7九金 ▲同銀

勢いよく攻め込んだのですが、竜を引き付けられてみると一気の攻略は難しく、難解な形勢です。

 

続いて最終盤、△9五香の局面です。

▲6二と

 

当然の一手に見えますが、ここは▲7二と、という手が嫌でした。以下△9七金▲同金△同香成▲同玉△7二金▲4六角という展開は

駒を打ってしまうと先手玉への脅威が薄れますし、△7三銀と節約すると▲2二竜が絶好の一手となります。先手陣は危ないようでも4一の角がよく利いていてすぐには寄らない形です。

 

△9二香 ▲9三歩 △9七金 ▲同金 △同香成 ▲同玉 △9三桂 ▲9五桂 △8四竜

後手は大きな駒損ですが絶対に詰まない形です。△9二香と端に戦力を足す手が受けにくい形です。先手は▲9五桂と、△8五桂以下の詰みを防ぎながら▲8三桂不成以下の詰めろをかけましたが、△8四竜がさらなる切り返し。前述の詰み筋を防ぎながら△9五竜以下

長手数の詰めろになっており、勝ち筋に入りました。

 

 

 

 

 

トレーニング

テーマ:

午前中はオープニングの研究、午後は3人が2面指しをする形で試合を行いました。

Aoshima,Mirai(JPN,2313)-Kojima,Shinya(IM,JPN,2393)

after 11... O-O

a6 Slavに5.c5と突いた形となりました。

12. Nf3 b6 13. cxb6 Nxb6 14. O-O Bf5 15. Bxf5 Qxf5 16. Qxf5 gxf5 17. Rfc1 Rfc8

b6でポーンを交換した黒はBf5ビショップとクイーンを交換してきました。

自分としては14... c5 15.dxc5 Qxc5 16. Nd4 Nh5 17. Nxe6 fxe6 18. Bg5のような展開を予想しておりました。本譜は黒はfにダブルポーンの悪形を作りますが、負担になっていたe6のビショップを捌いたことの方が大きいとの判断でしょう。

 

18. Rc2 c5 19. dxc5 Rxc5 20. Nd4 e6 21. Rac1 

 

黒は待望のc5を突くことができましたが、白もNd4と跳べるマスを得ます。

 

21... Bf8 22. Nb3 Rcc8 23. Ne2 Rxc2 24. Rxc2 Rc8 25. Rxc8 Nxc8

オープンファイルのcにルークを回すのはセオリーですが、ルークを2組交換してマイナーピースエンディングに突入します。駒の損得がないのでドローになりやすく、少し失敗したかと思いましたが、黒はa6のポーンが孤立していて弱い形で、取ることができればa,bがパスポーンになり白が勝てる形です。実戦的には黒が守り切るのは簡単ではありません。

 

 26. Ned4 Nb6 27. Nc1! Nfd7 28. Nc6 Nc4 29. b3 Na3 30. Nd3

白はb3のナイトをc1~d3と組み替えるのがポイントで、bポーンを逃げられる、Ndb4でa6を狙う、e5を防ぐという効果があり、強力な形となります。

 

30... Nc5? 

 

守る側はピースを交換するのがセオリーですが、今回は成立しません。ただ30... Nc2 31. Bc7 Nc5 32. Nxc5 Bxc5 33. Nb8±も白良しです。

 

31. Nxc5 Bxc5 32. Nb8! a5 33. Bc7

33...Bb4 34.Nc6があるのでaポーンは助かりません。

 

33... a4 34. bxa4 Nb1 35. a5 1-0

 

Nd7でビショップを追ってからaポーンを伸ばせば黒はプロモーションを防げません。

 

 

Nakamura,Naohiro(JPN,2110)-Aoshima,Mirai(JPN,2313)

after 10. Be3

白は1ポーンアップですが、ポーンを守るために手数をかけているので展開が遅れています。Bg2~O-Oが回れば白良しとなるので、

黒としてはその前に戦果を挙げたいところです。

 

10... d5?

 

しかし、これが緩手でした。ここでは10... Nxg4が成立します!以下 11. Qxg4 Qxh4 (11... Nc2+12. Kd2 Nxa1 13. Be2 +-こちらを読みダメと判断してしまいました12. Qxh4 Nf3+∓でクイーンを取り返し、f5も取れる形なので黒優勢です。

 

11. Ng6 Re8 12. cxd5 Nxd5 13. Bg2

Bg2でナイトに当たっているので黒は忙しいです。

 

13... Nxe3 14. fxe3 Nxf5! 15. gxf5 Bxf5

14...Nc6などと逃げているようでは15.Nd5くらいで勝てません。g4とf5のポーンが強力すぎます。なので14.Nxf5とナイトを捨てるのが黒の勝負手です!

16. Bd5?

 

ここは16.Be4!で受かってました。以下16... Bxg6 17. Bxg6 Qh4+が怖いですが、18. Kd2 Bxe3+ 19. Kc2 Rf8 20. Kb1±で逃げ切れます。

 

16... Kh7 17. Be4 Bxg6 18. Bxg6+ Kxg6 19. Rg1+ Kh7 20. Qg4 Re7

白は安全策ですが、黒はナイトを取り返し、1ポーンアップとなります。ただ白もキングサイドでアタックする形を作れているので形勢はほぼ互角でしょう。

 

21. O-O-O?

 

しかしここでブランダーが出ます。おそらくBxe3がg1のルークに当たっているのを見落としたのでしょう。

 

21... Bxe3+ 22. Kb1 Bxg1 23. Rxg1Qxd3+ 24. Ka1 Kh8 25. Ne4 Rf8 26. Qg6 Rf1+ 0-1

最後は綺麗にバックランクでメイトです。