インソールが出来上がって数日後に病院の予約が入っていましたが、私がすっかりそれを忘れてしまい、病院に行ったのがさらに数日後。

その時は、前回の先生ではなくて、院長先生の診察になりました。

 

この院長先生、顔見知りなんです。

母がこの病院に入院していたころからの顔見知りで私たちがニュージーランドから来ていることも知っています。

そして院長先生は7人制ラグビー日本代表のチームドクター。

ラグビーといえばニュージーランドで、来年の1月にウェリントンでの試合も決まってますので、何かと話す機会があったのです。

 

その先生がいろいろ動きをチェックしてmioの体幹を指摘しました。反り腰もよくない、体幹を鍛えなければX脚や足首の痛みも緩和できるかもと。

そしてすぐに理学療法を受けませんか?と話が進みました。

先生は運動機能的にmioのX脚を見てくれたのかもしれません。これは本当にラッキーでした。

 

早速、理学療法士を呼んでくれて、「mioちゃんはNZに戻ったらラグビーするから、しっかり体幹鍛えて、ラグビーに耐えられるようにしてあげて!」と引き渡してくれました。

 

mioはキョトン。先生に「ラグビーするよね?」って聞かれて、「はい!」と元気に答えてました。

じゃー、1月にウェリントンで会おうね!と先生に言われ、リハ室に行く途中、「もう体操はできないの?みお、ラグビーしないといけないの?」と心配そうに聞いてきたmioがかわいかったー笑い泣き

 

無事に理学療法的な治療を受けられることになったんですが、今度はこちらで驚くこともありました。

身体がすっごいやわらかいと思ってたmioは、実はすっごく身体が堅かったという、、、。



ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

mioは今、X脚の矯正に頑張っています。

 

mioは小さいころからずっとX脚。小さい頃は立った時にできる膝下の両足の隙間の三角形がかわいかったけど、もうすぐ9歳。

これがmioの膝下です。↓

(結構下半身ぽっちゃりちゃんなんです照れ)



日本に来て私の意識がすごくX脚に行くようになりました。

ヨーロピアンは骨格的にX脚が多いけど、アジア人はO脚。日本の学校に行き初めて、他の子の中にいると違和感を感じ始めました。

そして父にmioは歩くとき、足首が内側に折れるよねと言われたこともきっかけ。

私の妹は理学療法士(リハビリ)なんです。妹に病院で診てもらったらと勧められたのもきっかけ。

 

まず最初に行った整形外科のおじいちゃん先生からは、X脚ではあるけど、矯正となると子供も大変。日常生活に支障がなければ見た目を気にしなければいいんじゃないかといわれ、一度は納得しました。今後の人生で腰痛や足痛に悩むかもというのが心配だったけど、それは心配ないって言われたからです。

 

でもよくよく考えると、、、

mioはもう2年くらい前から夜になると足を痛がり、寝ていても痛くて目が覚めることもあって、それをずっと成長痛だって思ってたんだけど、もしこれがX脚から来ていたらと心配になり始めました。


次に別の病院に行ったら、足首が中に折れないように助ける靴のインソールを作るようになりました。

これはX脚の矯正というより、足首の痛みの緩和につながることが目的、でも結果X脚にも効果あるかもということでした。

 

みおのX脚の隙間は8cm。X脚ではあるけど、治療が必要なほど病的か?といえば先生によると思います。

ただ女の子を持つ親ならわかると思うんだけど、治せる方法があるなら直したいというのが母心。

 

とりあえず、オーダーメイドのインソールを作ってもらえることになり、それで様子を見ましょうということになりました。

でも、次の通院で、さらに治療をしてもらえることになりました。

 

 



ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

日本滞在も残すところ、あと一カ月ほどになりました。

10月9日の便でニュージーランドに戻ります。3月中旬に帰国して、母が他界し、四十九日法要、初盆を終え、すでに5か月半が経ちました。夏休みも終わり子供たちは新学期を迎え、もうすぐ運動会があります。

この帰国の締めくくりに日本の運動会を経験します。今、一生懸命練習に励んでいます。

ニュージーランドにいると、なかなか経験できない、学校が一丸となってという感覚。mioにとってはそれが時々スパルタに感じ、嫌気がさしているようですが、当日を経験すればきっと今まで味わったことない達成感を感じるんじゃないかなと楽しみにしています。

 

この滞在中、私は2か月間のアルバイトをしました。

久々に毎日平日に出かける感覚、週末が楽しみな感覚、お客様に頭を下げる感覚、とても楽しかったです。

私のこれまでの職歴はITがメインで、自分もパソコンと向き合ってる方が楽と思っていたけど、人生で初めて接客が楽しいと思ったのも今回でした。

 

日本はだいぶ涼しくなり、秋らしくなりました。

そんな中、甚大なでは言い表せないほどの被害をもたらした今回の台風。あんなの来たら、もう人間は何もできない、身の守りようもないですよね。そして、北海道の地震。被害は大きいけど、それでも前に進むしかない。日本の復興力で一日も早く被害にあわれた地域が元気になることを祈っています。

 

日本は本当に自然災害ばかり。その都度復興して、そしてまた別の場所が被害にあう。

日本は、地球はどうなってしまうんだろうって思います。。。。

あと一カ月、あっという間に過ぎていきそうです。

夏休み

テーマ:
もう日本に戻ってきて5ヶ月。
先日初盆の法要も終えました。
父に初盆までいてもらえないか?と言われて、そこまでが今の私に出来ることと思ってたので、無事にその日を終え肩の荷が下りた気がします。

そして日本は今夏休み。
私がいる場所は、テレビで「今日日本で一番暑かった場所」でよく名前が上がるとこ。40度近くの日が続き、ガールズも軽い熱中症を経験しました。

夏なのにお天気いいのに、暑いからお外で遊んじゃダメよ🙅‍♀️っていうのが時代は変わったなと感じます。

暑さ、尋常じゃないんですよ、、、。
そんな中でもガールズ、元気に過ごしてまーす!






ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

サッカーワールドカップ

テーマ:
日本代表、帰国しましたね。
選手たちの清々しい表情、やりきったーって感じですね。胸を張って歩く選手の皆さん、かっこよかったですキラキラ

私は特にサッカーファンではないけれど、今は日本にいるからか、雰囲気にのまれなんとなく見始めたら、興奮しながら見てる自分がいました。

負けても、サポーター達から讃えられる。
感動をありがとうと言われる。
スポーツを通じて感動を与える、元気を与える、夢を与える。本当にあるんですね照れ

トップ4が決まりました。
全てヨーロッパ勢。今年は南米が早々に敗退するなど予想外のことが起きてるそうですが、それもスポーツの醍醐味ですね。

それにしても日本代表チーム、信頼、尊敬しあってるっていうのが伝わってきて私が今回応援してたのもそういうチームワークを見せつけられたからかもしれません。日本代表のキャプテン長谷部選手は、キャプテンらしく凛と、そして冷静に、謙虚に、、、。キャプテンにふさわしい方なんだなっていうのがテレビでのコメントを見るたびに思います。
一時期のサッカー選手はカッコつけっていうイメージがなくないですか??どの選手も年下だからそう感じるのかなウシシ

残すは準決勝と決勝!楽しみですブルー音符





ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

5月。

テーマ:

5月は姪っ子のお誕生日、兄のお誕生日、母の日、母のお誕生日と、家族の事を思うことが多い月ですが、そこに母の命日が加わってしまいました。

 

5月9日、母が亡くなりました。

約1年7か月前に膵臓がんと診断され、そこから闘病生活が始まりました。

約半年前の去年の11月末には治療も全てやめて、ニュージーランドに遊びに来ました。

今年の3月に母の容体が悪いという連絡があって、急きょ子供たちを連れて帰国しました。

そこから約2か月、入院中の母に会いに毎日病院に通い、どこにでもあるような母娘の会話をしながら、一緒に過ごしました。

どーでもいい世間話ばかりの時間だったけど、私の人生で母との一番濃い時間でした。

 

徐々に弱っていき、痛みや嘔吐で苦しむ日や、全く目を覚まさない日を繰り返し、最後の1週間は目も覚まさなければ、反応もしない、だたずっと寝ているだけの日々が続いて、最後はこれまで頑張りぬいたご褒美かのように穏やかに呼吸を止めました。

途中まではがんばれ、がんばれ、って思ってたけど、意識が亡くなってからは、もう頑張らなくていいよって思って、最後はお疲れ様という気持ちでいっぱいでした。

 

あれから3週間が経ちました。

母が亡くなったことを忘れていることもあるくらい、母が家にいないことに違和感がないのです。

ずっと離れていたし、私が帰国した時はすでに入院中だったからかな、、、。

今日は母の67回目のお誕生日です。

ピンクのアジサイを買ってきました。


{D7B8A428-445A-43A4-A0A4-836D32E47772}


母の供花として兄妹で胡蝶蘭をお供えしたんだけど、その胡蝶蘭を選びに行ったときに目についたピンクのアジサイ。

お母さんが好きそうだなと思いました。

供花にはふさわしくないかなとその時は胡蝶蘭にしたけど、ずっとあのお花かわいかったなーと頭に残ってて。なので、お誕生日、改めてお供えしました。

 

苦しむ母を近くでみる毎日は辛かったし、母が亡くなって悲しいけど、それでも今改めて人生っていいなって思えるのです。

闘病生活を通して、私の知らない母を知ることができたし、新しい出会いや、再会もあり、多くのやさしさに触れました。私たち家族の事を思ってくれる人がこんなにもいると感じた毎日でした。その人たちを大切にしなければと気が付いた毎日でした。

 

お父さんっ子だった私は父が一人で住む実家にいまだに居座っています。

もうしばらく父と一緒に過ごして、寂しさを和らげてあげたいなと思っています。

 

亡くなってから毎日、どーか夢に出てきてくださいって祈ってるのに、未だに出てきてくれない母。

今頃、どこにいるんだろう、、、。って思います。

いつか親と別れる日がくるなら、私は母と最高のお別れが出来たと思っています。

海外に住みながら、最期を一緒に過ごせるなんて、看取れるなんて、こんな幸せなことはないですよね。

私を必要としてくれた家族、送り出してくれたデビ男さんと義両親、そして助けてくれたみんなに感謝の気持ちでいっぱいです

 

悲しいことがあっても、それでも日常はやってくる。今それを思いっきり感じているところです。

残されたものは前に進むしかないですものね。

母が苦しみから解放されて、今穏やかに生活しているといいなって思います。


{2760874D-3351-4364-8015-D26E6982300B}

最後に一緒に桜が見られて嬉しかったです。

左手の親指。

テーマ:
ミオが学校のドアで挟んで怪我した左手の親指。
完治しました。
ギプスが取れて数日後、爪も取れ、、、
下から新しい爪が出てきてました。

大怪我だったけど関節を免れたので、後遺症で指が曲がらなくなるなどの心配はなかったけど、唯一の心配が爪が生えないかも。。でした。
その時は指があっただけ爪はどーでもいいって思ったけど、実際爪が生えてきてるのを見たら安心しました。

ミオは母が入院してる病院の院長先生に診てもらってましたが、ある日、包帯替えを処置室で待ってると、ある看護婦さんが、

「お父さん、オールブラックスの選手なんでしょ?」と😳

え?????
速攻で大否定。

そして院長先生と話して同じ質問。。。
なぜ???

うちのデビ男さんはラグビーなんかやったら吹っ飛ばされちゃうほどラグビー体型とは程遠い体系をしておりますが?
どうやらラグビーが有名なNZからきてるってだけで病院内でそんな噂になってたそうです。

実は院長先生、7人制ラグビー日本代表のチームドクターなんです。先日香港で行われた試合で優勝し、来年ウェリントンでの試合も決まってるそう!ミオが先生と試合を見に行きますって約束してました、勝手に😅

指の怪我は衝撃的でしたが、そこから繋がった出会いもあってよかったです😊



ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

小学校と保育園。

テーマ:
今回の滞在は長期になりそうなので、ミオは小学校に、カイラは保育園に通うことにしました。

{C2B1C104-7616-4101-9AF1-0ECCBA85EE74}

ランドセルは私のいとこのお姉ちゃんに借りました。毎日学校の様子を楽しく話してくれますが、ほとんど給食関係っていうね😅
食いしん坊バンザイ🙌

カイラはNZでは小学生ですが、日本ではまだ年長さんの年齢。というわけで保育園に通っています。

{A74A0B6B-8F4F-49CB-ABD5-D6F0A6DC6B71}

初めての制服にウットリ〜♥️
毎日楽しく通ってくれることがとっても嬉しいです。NZにいながら、日本の学校に溶け込めるほど日本語も上手な子供達に、これまで日本語頑張ってくれてありがとうっていう気持ちでいっぱい。
そうじゃなきゃ、今回の帰国も決断できなかったと思います。

ミオは宿題に苦労してますが、給食係に毎日のお掃除、NZにはない教科書という存在、何もかもが新鮮でやっと付いて行ってるという感じはあるけど、とにかく楽しい!そうです。

カイラは先生たちに可愛がられ励まされ、給食をだいぶ食べられるようになりました。私には見せない積極的な部分を保育園で披露してるらしく、毎日の報告で私の知らないカイラの一面を知ってビックリです。

おかげで私は母の病室でゆっくりとした時間を過ごせてます。自分の母の介護ができ、母に感謝され、それって自分に与えられた特別な時間だと思います。経験しなくて済むならそれがいいに決まってるけど、それでも特別な時間って思えるのです。




ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

日本にいます。

テーマ:
ミオの怪我から10日ほど経った頃、子供達を連れて日本へ帰国しました。
理由は自宅で闘病生活をしてた母が入院したから。
自宅から30分弱の病院に入院してますが、これまで父と福岡に住む妹に任せっきりだったので、思い切って帰ってきました。

父はまだ69歳ですが、2年ほど前に心臓の病気で倒れペースメーカーを入れました。最近も高血圧などの症状があるので、それが心配だったっていうのもあります。

ニュージーランドに移住して8年。
こうやってまた両親の近くに居られるなんて夢のよう!
入院のニュースを聞いた時は暗い気持ちになりましたが今は穏やかに過ごしています。
病院に子供達のお迎えに家事にと大忙しですが、必要とされるっていいですね。

いつ帰ってくるかわからないという状況で帰国を後押し、理解してくれたデビ男さんと、デビ男さんの家族には感謝しかありません。

子供達も日本の学校、保育園に通っていい経験ができています♪

与えられた機会を有意義に過ごそうと思います。
今年は満開の桜も見られて嬉しかった♥️

{1530CE7F-174F-42C7-80FA-299C3F476921}

{702CC00B-1AFE-4F1C-AE3E-E6E3EA1E0B15}

{00BA930A-CF72-4839-9B2F-5F5A56756FD0}

{607FDEED-E311-4D90-8757-E11AA0463FE6}




ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

指を挟んで大怪我。

テーマ:
もう1ヶ月ほど前のこと。
学校のクラスルームのドアで左手の親指を挟み、ミオが大怪我をしました。
傷は深く、骨も折れ。。。その日のうちに手術をしました。

{AC9EB115-56A5-4F1A-8BCF-1E9EC13C84C5}


それはちょうど学校のお迎え直前に起きました。
私がSick Bay(保健室)に呼ばれた時は手はタオルなどが巻かれ、どんな傷かはわからない。
指がなくなるかもという不安で病院に連れて行き、指は大丈夫!と聞いた時は安心してみおと2人で号泣。
安堵してやっと見れた指は想像以上の傷でした。もうすぐですちぎれそうといえば伝わるかしら。。。

退院後翌日から学校に復帰した我が子は本当にたくましい!
私はドアの音を聞くたびにドキッとします。
{E74A6AC4-F254-4090-AB8C-82A357E7783E}

{C4F419E0-A6CB-43C5-A018-BF026DA080E7}




ランキングに参加してます。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村