書評『コロナと無責任な人たち』適菜収 | 「国家戦略特区」blog
新型コロナウイルスに関する情報について

「国家戦略特区」blog

ポスト・グローバリズムの社会を考察。日本を貧しくする移民=外国人労働者受入れ政策に警鐘を鳴らしています。

「適菜収さんの「コロナと無責任は人たち」が上梓されたのですが藤井聡さんの名前はどこにもありませんでした。よかったですね?藤井先生!」

『無責任な言論を放置する事が如何に有害か?コロナ禍が明らかにした惨状と処方箋』

消費税廃止&移民禁止の保守政党が必要です!とのお方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにて、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキング

 

『てっきりアノお方の徹底批判本かと思ってしまいました』

 

 適菜収さんの新著が出る。しかもタイトルが「コロナと無責任な人たち」ですので、私はてっきり、中野剛志さん、佐藤健志さん、適菜収さんの鼎談「コロナと無責任な言論人」の書籍化か!と意気込んで本著を手に取ったのですが、藤井聡さんの名前は、どこにもありませんでした。藤井聡さんが編集長の表現者クライテリオンの対談に出ている三浦瑠麗さんは徹底批判されており、ニアミスという感じですが、正に適菜さんの「武士の情け」という感じでしょうか?よかったですね?藤井先生と信者の皆さん!

 

 

Amazonレビューに投稿しています「役に立った」を押して頂けると励みになります。

 

『心の底から楽しめない洒落にならない日本のコロナ禍の惨状』

 

 適菜収さんの、この手の著作は何冊か読ませていただいたのですが、ある種ネタ本的な部分もあり「アイツってホンマもんのアホやなぁ」というな感じで暗い世を笑い飛ばすノリもあるのですが、私は今回、心の底から楽しむことが出来ませんでした。適菜収さんが警鐘を鳴らし続けた懸念が、コロナ禍の日本で具現化した惨状は悲惨です。特に適菜さんが徹底批判し続けている大阪維新の会に占拠されて久しい大阪のコロナ犠牲者が、洒落にならないレベルに悪化しています。

 

 

『大阪のコロナ犠牲者増の原因は「無責任な言論」から』

 

 藤井聡さんのコロナ論に必ず出てくるマッドサイエンティストで、京都大学レジリエンス実践ユニット構成員の宮沢孝幸さんがいるのですが、藤井さんと宮沢さんのメディア露出が多い大阪で新型サーズの犠牲者が多いのは、偶然の一致ではありません。宮沢さんは、日本文化チャンネル桜の討論で「コロナ死1万人をドンと受け止めよう!」と言い放ち、現実にコロナ死は1万人を超えたのです。この責任を宮沢さんはどうやって取るのでしょう?

 

 

『藤井先生には、そろそろ自ら発したコロナ・デマの責任を取って頂きたいのですが?』

 

 新型サーズは風邪と同じ季節的なもので、コロナ感染者は勝手に増えて勝手に減るとのコロナ・デマを吹聴し、日本のコロナ死激増の要因を作る藤井聡さんですが、一年前に藤井さんは日本文化チャンネル桜の討論で「もし僕が間違った事を言っていたら責任取りますよ!」との趣旨の発言を顔を真っ赤にして激昂していたのを、私はしっかり覚えています。藤井先生!そろそろ自らの言論の責任を取る時期かと存じますが?どうやって死んだ人たちの命の責任を取るのでしょうか?無責任な言論によって、本当に庶民の生命が危機に晒されているのです。

 

 

『寝た切りがコロナで死ぬのを藤井擁護に使う腐ったミカンども』

 

 そんなコロナ・デマを吹聴する藤井聡さんに対し、盲目的に信仰するカルト宗教の信徒の様な残念な方々も僅かながらいるのですが、恐ろしいモノで、北海道でコロナで亡くなった方の多くが寝た切りだったとの報道をわざわざ示して、藤井さんを擁護するクズを、私は複数ネット上で見かけました。正に藤井さんのコロナ・デマという腐ったミカンを脳内に放り込まれると、人間そのものが腐ってしまう好例です。その意味で無責任な言論を放置する実害は計り知れないのです。

 

 

『かつて日下公人を罵倒した藤井聡はお天道様に顔向け出来るか』

 

 寝た切りの老人がコロナで死ぬのは当然だ!とのロジックで藤井聡さんの言論を正当化するクズに呆れ果てていた私ですが、何と同じ記事を引用してコロナ死の正当化を図るクズが言論人にもいました。表現者クライテリオンで藤井さんと対談した三浦瑠麗さんその人です。まあ類は友を呼ぶとは正にこの事ですが、そもそも藤井聡さんは「北海道民は怠け者」だと語った日下公人さん本人を直接罵倒するほど正義感の強い人物だったのですけどね。

 

 

『息を吐く様に嘘を吐くコロナ・デマ論者はオウム並のカルトへ』

 

 適菜収さんも同様の指摘をしていますが、コロナ軽視論の多くは、感染症の専門家ではない、ド素人の連中が、繰り返し、繰り返し、デマを垂れ流すという特徴を持ちます。正に息を吐く様に嘘を吐く連中ですが、嘘も百回つけば現実になるとでも言いたい厚顔無恥なクズどもです。オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こしたのは、この手のデマの流布を社会が黙認したからで、コロナ軽視論も、既にカルト宗教の域に達しています。

 

 

『表現者クライテリオン編集委員はジャイアンに怯えてゴマをするスネ夫の集団である!』

 

 私が現在興味があるのは、もはや藤井聡さんが間違った事を言っているか否かではなく(藤井さんが今後もデマを垂れ流すのは確実)危機と対峙するとか?保守がどうだ?とか偉そうに語っていた表現者クライテリオンの連中が、藤井さんと一緒にグダグダになった惨状です。私が、川端祐一郎さんや浜崎洋介さんに言いたいのは、あなた方は藤井編集長というジャイアンに怯えてゴマをするスネ夫の集団に過ぎない!という点です。自民党や財務省や大手メディアを批判する資格は彼らには無いのです。

 

 

『間違うことは恥ずかしいことではない!問題なのは自己正当化して大声を上げ続ける連中だ』

 

 表現者クライテリオンは保守思想誌だそうですが、保守思想とは何の関係も無いコロナ・デマ製造機と化しています。川端さんや浜崎さんが、藤井編集長の暴走を止められない様に、自民党や財務省や大手メディアには、同調圧力のポリコレ棒を振り回して空気を作る怪物がいるのでしょう。そのジャイアンにグダグダと怯え従う輩が日本中には山ほどいて、そのジャイアンと闘う気概も無い「スネ夫」に成り下がった「のび太」こそが、日本が長期停滞を続ける真の原因では無いでしょうか?

 

 

『無責任な言論を放置しない真摯な姿勢こそ全ての人に必要』

 

 国土強靭化を提唱し全ての人々を救え!と言論の最前線で闘っていた藤井聡は、コロナの恐怖に負けて言論人としては憤死してしまいました。ゾンビと化した藤井聡に喰われてゾンビとなるか?このゾンビを倒すか?我々庶民は究極の選択を迫られています。藤井聡さんの無責任な言論という現実を突き付けられた時、答えは一つでしょう。この無責任な言論を放置しないには「笑い」こそゾンビと闘う処方箋であることを適菜収さんの「コロナと無責任な人たち」は我々に教えてくれているのです。

 

 

人気ブログランキング参加中。バナーを一日一度クリックすると人気ブログランキングのポイントに換算されます。皆様のご支援宜しくお願いします!

人気ブログランキング

 

新型コロナがあぶり出した「狂った学者と言論人」【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:第1回】

 

「緊急事態宣言」は本当に意味がなかったのか?【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:第2回】 「専門家会議」の功績を貶めた学者・言論人

 


西浦批判の繰り返しこそ「全体主義への大衆煽動」【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:第3回】 「専門家会議」の功績を貶めた学者・言論人

 

 

国家の軽視と新型コロナの軽視は同根!【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:第4回】 「専門家会議」の功績を貶めた学者・言論人

 

 

現実を直視できない日本と新型コロナのゆくえ【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:最終回】 「専門家会議」の功績を貶めた学者・言論人

 

 

対談「コロナで露わになった無責任な人たちを片っ端から切る」適菜収

 

 

コメント欄ルール:ご批判を含め自由に議論して頂いて結構ですが、荒らし行為や罵詈雑言など「常識」を伴わないコメントについては適宜削除しますので、ご注意ご容赦下さい。