台風19号で、水損してしまった写真は多いはずです。

濡れてしまった大切な写真をどうやって救えばよいか、

とてもわかりやすい映像を見つけました。

後半のお話もとてもいいです。

 

国立歴史民俗博物館主催ワークショップ

「災害への備えと歴史文化資料の救済を考える」

千葉大学教育学部にて2018.12.22開催

YouTubeより ↓

https://youtu.be/XBK35Gp4evg

台風19号により被災された方々、心よりお見舞い申し上げます。

 

美濃は、風が強かったくらい、雨がそう降らなかったおかげで助かりました。

山と川にはさまれた紙漉き産地なので、いつも自然災害には注意が必要です。

 

写真は、10月14日の美濃市穴洞こうぞ畑です。

昨年は、台風で枝が折れる被害がありましたが、今年は大丈夫でした。

葉は虫にやられ、ちぢれています。

でもすーっと伸びて、3mほどになっています。

これも、こうぞ組合員の方々が、日頃手入れをしてくださっているおかげです。

 

日中日差しが強く、葉っぱがヘナヘナになっていたので、

鉢を日陰に移動させていたら、葉巻虫にやられてた。

 

花びらを食べたいので、防虫剤をかけずに、

虫にやられたところだけ葉っぱをちぎるだけにしてみた。

ちょっとさびしい姿。

 

一番最初に咲いた花のあと。オクラのかたちになってきてます。

 

種が取れるかなあ。