ランタンポレルの鴨ローストと赤ワイン(東京都港区)



馬が合う。


この言葉は文字通り乗馬用語だったそうだ。


騎手と馬の息が合うことでお互いに能力以上の力を発揮する様をこう呼ぶとのこと。


それが人間に、特に男性同士の意気投合する様に使われるようになったそうだ。



南青山のフレンチ、l'intemporel(ランタンポレル)で料理とワインを満喫。


芋焼酎についての浅く広い知識はあっても、残念ながらワインについては水たまりのような知識しか持ち合わせておらず… 


毎度安心なソムリエ「おまかせ」システムを選択することにしている。


今回も早々に「飲み物はお任せします」と伝えると、「料理ごとに合うワインをお出ししますね」と和かに応えてくれる店主。


直感的にこの店とは「馬が合う」と悟る。



まずはアミューズ。




トリュフの強い香りを肴にまずはシュワシュワとシャンパンを楽しむ。


うまいわぁ。


シャンパンの泡と一緒にワクワク感が弾ける。








北海道産のムラサキウニ、ニシン、そしてオマール海老はキレッキレの白ワインで。


旬間近の白アスパラガスの柔らかな食感も素晴らしい。






そしてメインの鴨ローストには2002年、奇しくも我が愛娘の誕生した年の円やかに熟成した赤ワインを合わせていただいた。




最後は蜂蜜のような甘みがあるデザートワインとドルチェをば。


ただでさえ美味い料理が馬が合うワインに乗ってさらに彩味を増していく。

料理とワインを知り尽くした気さくな店主の采配に脱帽した。


今回は馬が合うおじさんと訪問したが、是非次回はカミさんと二人でこの料理とワインの馬が合う様を体験したい。

ごちそうさまでした。













サンキュー。。。