ゴミ部屋、ゴミ屋敷片付け、特殊清掃の専門会社『まごのて』みなみ会長の雑感

ゴミ部屋、ゴミ屋敷片付け、特殊清掃の専門会社『まごのて』みなみ会長の雑感

ゴミ部屋やゴミ屋敷片付けや孤独死のあった部屋の消臭や清掃(特殊清掃)の専門業者。
東京都江戸川区北葛西3-5-6 Tel:03-4405-5420
他社とは違う圧倒的なクオリティの高さが自慢です。

東京、神奈川、千葉、埼玉でゴミ屋敷や汚部屋を片付けたいなら安心安全の専門業者株式会社まごのてへどうぞ。

ゴミ屋敷を片付けたいならまごのてへどうぞ


ゴミ屋敷状態のまま住むことはいろんな意味で損失です、あなたは望んでゴミ屋敷(汚部屋)に住みたいのですか?


ゴミ屋敷に住まうことは損失。早急にゴミ屋敷を片付けよう


孤独死があった部屋の特殊清掃。慌てないでください!特殊清掃から原状回復工事までフルサポートいたします。

特殊清掃から遺品整理、原状回復工事までフルサポート

賃貸物件オーナーさんや不動産管理者必見。孤独死や事故があっても物件価値を下げない行動とは?

賃貸大家さんのための特殊清掃相談窓口

ゴミ屋敷片付けでゴミだけなくなってもダメ!徹底的にキレイにしましょう。

ゴミ屋敷、汚部屋のハウスクリーニング

外壁や排水管の高圧洗浄。排水管洗浄はゴキブリ対策や臭い対策になります。

排水管高圧洗浄はゴキブリ対策にもなります

株式会社まごのてはゴミ屋敷片付けや特殊清掃を専門とした会社ですが、その周辺にかかわる事業も積極的に行っています。


関連会社のまごのて不動産コンサルティングでは相続不動産の売却相談や賃貸運営アドバイスなども行っております。




ゴミ屋敷や部屋の片付け費用や相場についてお知らせしています。ゴミ屋敷や汚部屋を片付けたいけど費用が・・そんな場合に参考にしてみてください。

今回はお掃除や部屋をキレイに保つことと運気の関係についての過去ログまとめです。

この10年以上でこの関係の記事は10本以上ありました、おもしろいのは11月~2月に書いた記事が多くやはり年末年始のいわゆる開運関係を意識してたんだと思います。

 

(2017.11.22)運気を上げたけりゃお掃除お掃除

ワタクシ先日某テレビ局のスタジオ収録である芸人さんたち3名の部屋を拝見しました、そこに出てるのは当然(?)名前も知らない人たちばかりでYとかOなんかのプロダクションには所属してるけど所属してるだけで実際はアルバイトで繋いでる方たち、それを私が観て感想だとかあーせいこーせいって企画でした。

 

この3名の部屋の特徴ですがまずどこかの電気が切れてました、そして水回りが汚く流れが悪くなってるようでした、これ私たちが日々行く汚部屋の特徴でもあるわけでおそらく共通事項なんだと思います。

 

汚れたトイレじゃ運気が下がる

 

この3名の方に言ったのは「売れたけりゃ水回りをキレイにして切れた電球を変えなさい」と、それができないうちは絶対売れない

 

まず部屋と運気が関係あるのは過去にも書いた通りです、というかワタクシの持論としては全てのことが部屋と密接な関係があると思ってます、だいたい電気が切れてたり水が流れない、ましてやゴミに囲まれてる場所で鋭気を養えるはずがないのです。

 

今までだってサラリーマンなら昇進昇給、女の子なら彼氏ができ結婚までこぎつけた子、けっして小さい額ではない宝くじに当たった子もいたなあ、これらは本当のことで全部お掃除の習慣が身についたりゴミ部屋を解消したら起きたことです、高価な開運グッズを買う必要なんてない、と言うか汚いところに開運グッズ置いたって効果あるはずない。

 

お掃除は基本的には無料だし最短30秒でできることですもん、やるしかないでしょ?

 

(2017.12.1)元気の源は部屋から

前に鬱のときこそ掃除しろ、みたいな記事があったと思います、最近の記事でもお金や対人関係も部屋に原因があるようなことが書いてありました、正直このあたりよくわかんないんですが実際どうなんでしょうか?

 

ワタクシ一応この世界では第一人者と自負してますから絶対的な持論なんですが世の中の有象無象は部屋(家)が起因であると思ってます、ただどっちが先なのかはなんとも言えないんですが例えば人間関係でトラブってる時は部屋のガラクタ捨てたら解消した、水回りを徹底的にキレイにして毎日窓を開けたらお金の悩みがなくなった、なんて実例があるんだからそうだと思います。

 

部屋というのは心と体に多大な影響を与えます、そもそもその部屋で起きてその部屋で寝るんでしょ、エネルギーを蓄える場所、1日外に出てて自分にとって不要だったり邪悪なエネルギーを洗い流す場所です、そこが汚れていたら循環するわけがない。

 

いつも書いてるようにお掃除やお片付けなんて幼稚園から小学生あたりでみんな習ってるはずです、もちろん得手不得手はあるから出来栄えとか技術面で差があるのは仕方ない、でも身に着けてることをやろうとしない、やる前から頭でいろいろ考える必要なんてないです。

 

何度も言いますけど お掃除、お片付けは自分でやればタダ!時間も最短5秒ですよ。

 

働く原動力は部屋から生まれる、元気の源も部屋から生まれる、人生で起こる問題のほとんどは部屋をキレイにすれば解消できる!これは真実というより真理に近い。

 

運気を上げたいなら部屋を片付けよう。

 

本当は病気すら治る、いや病気にすらならないと書きたいんですがこれ書くといろいろうるさいので・・・

 

前記事で越年しないためにも今月しっかり頑張ってみようと書きましたが今月は坊主も走る師走です、なかなか時間とるのも大変だと思う、実際お勤めしてる使える時間がたった数日でしょうから早くも越年確定と諦めてる人も多いと思う、それはそれで仕方ないから1月から計画的になんとかすると決めてしまうと楽になりますからね。

 

ま、実際のところこれじゃダメ、なんとかしなきゃと問題意識持った時点で解決へのカウントダウンが始まってますからね、私のところへ相談した人にも多いんですが相談しただけで気が楽にないやる気がグングン出てきて作業当日にはかなり進んでる人も少ないけどいますから。

 

(2020.2.9)恋愛と部屋の関係

ゴミ部屋系のご依頼ではワタクシのところの場合断然女性が多いというのは常々書いてます(どこの業者さんでもそうだと思いますが)で、女性が多いということは、それに関連して恋愛問題もそのバックに控えてることが往々にしてあります。

 

ツライ恋愛(不倫や浮気)とゴミ屋敷との因果関係

ここでも書いてますが、ゴミ部屋や汚部屋で悩んでる方は恋愛問題でもなんらかの問題を抱えてる場合が多いのです、しかも甘っちょろいもんでなく東出&唐田やドロドロの昼メロ顔負けの泥沼愛憎劇にハマりこんでます。

 

やっぱりね、女性の心の動きって異性問題と大きく関係してます、だから当然部屋にもそれが顕著に表れます。

不倫恋愛をしてるから部屋が荒れるというわけでもなく、たとえ他人には言えないものであっても本人の心が穏やかならそうはなりません。

 

ワタクシがかつて現場にバリバリ出てた頃ですが、あ、この子オトコ関係が発端だなと感じた場合、ほぼこの泥沼恋愛の渦中に居ました。

 

手痛い恋愛を忘れるお片付け

 

ある一人暮らしの女性も男物の下着や食器を捨てない、ワタクシが「捨てようよ」と言っても頑なに拒む、いつか帰ってくるかも?とポツリと言う。

写真や思い出の小物をなかなか捨てれなくて、楽しかった思い出に浸りひたすら現実逃避、気が付けば精神はボロボロにやられ部屋は荒れ・・・という負のスパイラル。

 

本人の心の問題だから口を容易に口を挟めるものじゃあありませんが、それを打破し突破するのは本人しかありません、ですが、その方法がわからないからみなさん苦悩し懊悩するんです。

 

【泥沼恋愛】それを断ち切り、立ち直る一番即効性のある方法

部屋を片付けて、過去を捨てるがごとくガラクタを捨てまくり、部屋全体を磨き上げる!そして窓を開けて大きな声で笑い、その勇気ある行動をした自分自身をめいっぱい褒める。

 

たったこれだけです(^^)嘘だと思うならやってごらん。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

このようにゴミ屋敷と運気、お掃除と開運、部屋の状況は心の映し鏡などの記事を投稿してたわけですが、ワタクシこの仕事に携わって早13年ぐらいになるのですがこれら若干オカルトチックに思えるけど現実に部屋を片付けたら起こる不思議体験は本当にあります。

 

トイレをキレイにしたら金運アップなどは有名な話ですが科学的根拠はないかもしれないけど実際に起きることだから本当だと思うしかないというのが結論です。

 

部屋の片付け相談はこちら

 

特殊清掃、遺品整理相談はこちら

過去記事リメイクです。

 

お掃除やお片付けにまったく関係ないこともこのブログでは書いてまして多いのはいわゆる生き方とか働き方について書いたものがいくつかあるのでちょっとまとめたいと思います。

 

ゴールデンウイークも終わりコロナ関係の規制もなくなり世間の流れの潮目は完全に変わりました。

 

この春の新社会人がすでにドロップアウトした話もチラホラ聞こえてきました、これも毎年思うんですがあとほんの少し頑張れないかなと思うのです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2018.3.18)わくわくドキドキ生きる

今日の記事はお掃除やお片付けのことまったく関係ありません、もしかしたら受け方次第では気分を害する恐れがありますのでそれがイヤならスルー推奨です

 

 

この時期の風物詩みたいなのがもう一つ、学生さんたちの進路の問題です。実際3月ですからおおかたは勝負が決まってると思うのですが私キライなのがやりたいことが見つからないからとりあえず専門学校とかとりあえずフリーターってやつ、私らの時代も同じようなのいたけど打算的にとりあえずって進路決めたのでその後いい人生送ってるやつあまりいない。

 

特に高校生から先の進路です、国公立行くようなおりこうさんは別として夜な夜な遊びまわてるのがとりあえず専門学校とかお名前書いたら入れるFクラスの大学って選択どうかと思う、ホントに猫の毛切って超快感って思ってる?卵焼きの焼き方教わってそれで身を立ててやろうって考えてる?この学校に行きゃ就職率〇%て数字だけ見てない?

 

何も定まらないうちから何が有利で何が不利なんて考えちゃダメ、自分が本当にドキドキわくわくすることやらなきゃ人生のムダです、昨今騒がれてるブラック企業だ過労死だって、そんなもん何十年も前からあるハナシじゃん。

 

ワタクシが学校出て初めて就職をしたのは某大手化粧品会社です、そりゃもうすごかったんだから、今ブラックだなんだと言われてる会社なんてハナクソです、主人も最初の就職はダイエーだったらしいけど同じこと言ってます、当時は24時間戦えますかが主流でしたから。

 

こんなこと言うとジジババの武勇伝って言われます、めっちゃ嫌われます、でもね当時私たち全然苦痛じゃなかったのこれ本当苦痛どころか面白くて楽しくて家に帰ってもあまりにも楽しいからもう一回店に行こうかってくらいでした、たぶん作業内容なんてその当時と今でそんなに違いはないはず 何が違うって働く側の感じ方 やらされてるのか楽しんでるのか 仕事とかではなくどんなことでもやらされてる感満載でやると苦痛以外の何物でもない。

 

不幸にも自殺したり鬱になったりした方には悪い言い方かもしれないけど自分の人生とか生き方に真剣に向き合ってこなかったしわ寄せが一気に来てしまってコントロール不能になったんじゃない?だって全員そうじゃないじゃん。

 

まあ何がやりたいか、好きなことは何かなんてわからないと思うけどその世界に身を投じて必死にやれば意外と面白いし好きになる、時間がどうとか給料がどうとかなんてその時点で考えるんじゃあない、以前に銀行員にないたいと言ってた高校生がいたんでどうして?って聞いたら3時に帰れるからだとww

 

毎日を積極的な期待感で生きる、どきどきわくわく朝を迎える、実際はなかなか難しいのかもしれないけど少なくとも私の身の回りにはこんな人多いよ、で、その人たちの子どもも何が有利不利なんて打算的なこと考えてない。

 

結局大人が見本を見せなきゃいけない、朝から幽霊みたいな顔して出勤するお父さん見て早く社会でバリバリ働きたいなんて思うはずがない、ってこんなこと書くとまごのては超絶ブラックなのか?と思われるねwwいえ、意外ときっちりしてます(*^ー^)V

 

(2018.5.2)プロ意識のかけらもない

桜の前ごろから増えた新人さんの営業電話もこの頃になるとやけに堂々とするようになってきました、新社会人諸君はこの連休が要になります、2ヵ月ぶりぐらいで田舎に帰ったりして妙に里心がついちゃって明けてもなんとなく力が出ない、なんて人も増えます。そして意気揚々と新生活を始めた方もこの連休明けが試金石です、経験上この連休が境目って多いんです。

 

新社会人さん、新学生さんも1ヵ月が経ってなんとなくいろいろ見えてくる頃なんですがこれもこの時期に増える独立開業組の厚顔無恥質問、ちょっとお聞きしたいのですが・・・なんて平気で聞いてきます、こっちは一般個人だと思って丁寧に接してるのに途中から新人業者とわかるとこっちの対応も豹変するってもんです。

 

がりなりにもプロと称しサイトだけは美辞麗句を並べた立派なの持って集客してんだからなんとかしろよと思います、というかお客がかわいそうです、だいたいタダで教えてもらおうって考えが間違ってますそんな乞食思考じゃ先が・・・

 

去年もちょうど今頃だったか特殊清掃のユニットバスを引き受けたはいいものの自分ではやり切れず再委託のような依頼電話してきたのいました、やってもいいけどこれだけかかるよって言うとそれって追加料金請求すればいいですかね?だってww

 

これ私たちだけに限ったことでもないようで最近知り合いの工務店の社長と飲んだときに言ってたけど会合で1回だけ顔合しただけの若い職人が平気で技術的なこと聞いてくるって言ってました、もしかしてこれ最近の風潮なんでしょうか?たまに行く銀座の寿司屋の板長も専門学校出たての奴がいっちょ前のプロ気取りですよってのも聞いたなあ。

 

 

確かホリエモンが寿司職人で一人前と認められるまでに10年も15年も掛かる風潮がおかしいって言ってたけどワタクシそうは思いません、確かに寿司を握るということは少し修行したらできると思います、たぶん味も悪くないはずです。

 

でもそれは作業であって仕事ではないはず、客の顔色や声のトーンで察しながらオススメを組立てるなんて芸当やっぱり10年は掛かります。

 

私らの仕事だってそうです、作業なんて1年もやりゃ誰でもそれなりにはなりますよ、でもそれは作業であって仕事じゃない。

 

新社会人さんも新人自営業者さんもどうか仕事に対する矜持とは何かをじっくり考えてほしいものです、それが本当の働き方改革ですぞ。

(2017.11.4)働き方改革って何?

いつも拝見しています、私は汚部屋住人ではありませんがなるほどと思うことが多いですね、ただ時々気になる記述もあります例えば昨日の生活の根幹は仕事にあり、とかあとニートやホームレスを見下したような言葉もあってそのあたりちょっと古い考えじゃないかなあっと思うのです・・・長いからカット

 

正直何を言いたいのかよくわからないんですが今の時代仕事を中心に考えるのはナンセンスと言いたいのかしら?まあいずれにせよ文章の一部をピンセットでつまみ上げて何か言ってるだけのような気もします。

 

連休中だしアクセスも少ないからこの仕事観と言いますか働くとは、ということについて書いてみようと思います。

 

この方の言うように人生の中で仕事を中心に据えるべきではない、そんな風潮が長時間残業や果ては過労自殺になるんだということだと思います。

 

で、週休3日だ時短だとの展開になってるのがいわゆ働き方改革なるシロモノだと思います。

 

まず極めて基本的なことですが働くってそんなに地獄?働くことが地獄の苦しみだと思ってるとそりゃ地獄でしょうねえ、少なくとも毎日8時間+α通勤時間まで含めりゃ1日の半分を捧げるんだから嫌いだとほんとに苦しみしかないわな。

 

 

ワタクシ学校に出てから某大手化粧品メーカーに勤めました、そのときは別に好きじゃなかったし自分に合ってるとも思ってなかった、採用されたのがそこだったってハナシです。

 

そりゃ週末たんびに変な服着て代々木公園にいたんだから就職きまっただけでもラッキーってもんさ。

 

でもね本当に一生懸命やると好きになるんだなこれが、しかも楽しくなる、楽しいから休みのことなんか考えもしない、自慢じゃないけどその仕事を辞めてもう20年以上になるけど未だにある記録が破られてないらしい

 

あるお客様宅でのこと、依頼内容は引きこもりの息子の部屋の片付けでした、3LDKのマンションの1室だけが別世界のようにゴミ部屋が形成されておりションペットまで転がってる始末ww

 

引きこもりの息子ってから若いんだと思ったら40代、開始前のヒアリングの時に本人いたからどうして働かないのって聞いたらやりたいことが見つからないからと言う、できれば好きなことをやって暮らしたい・・・と。

 

この好きなことをやって暮らしたいと言って定置網漁のごとく自分に合う仕事が見つかるまで、と言ってるヤツが自力で脱出したの見たことありません、この人たちは好きなことをやりたいんじゃなくて好き放題やりたいだけ。

 

で作業開始の条件がその40代ニートも一緒に作業すること、渋々同意したんでガンガン走らせました、今まで持ったことない荷物を抱えて何回も階段を往復させました。

 

そしたら終わる頃には目に光りが宿り朝とは完全に別人になりました、私たちの前でお母さんに「今まですみません明日から仕事探します」って言ったときは泣いたね。

 

働き方改革って時短や休日を増やすことなんかじゃない、仕事の楽しさを大人が教えること、だいたい仕事や上司の愚痴を奥さん相手に話してその姿を子どもたちが見て早く社会に出たいと思います?上司に飲みに誘われてついていったら出来ない理由の弁論大会やられて希望もてます?

 

男も女も老いも若いも何らかの「仕事」を一生やるんだから楽しもうよ。

_______________________________________________________________________________________

これらの記事はアクセスこそそんなに多くなかったのですがコメントはよく来ました。

考えが古いだのブラックだのと批判とその通り!という同意見と半々ぐらいのウエイトだったのは意外でした。

 

アメリカではこのコロナ渦ですっかりリモートワークが定着し出社を命じたら辞めるという社員までいるらしいですがオフィスワークの場合は必ずしも出社が必要ではない部署もあることが露呈したんで考えようによってはメリットもあると思います。

 

いわゆる職人仕事も修業は古い、縦社会はナンセンスという風潮が大多数を占めるようになってきたことは充分認識していますしワタクシのところでも昔ほどやいのやいの言うことは少なくなりました。

 

ですがひとつ言わせてもらうと言わなけりゃ言わないで今度は考えないという困ったちゃんも一定数いるのも事実です。

どんな世界でも努力した者が頭ひとつ抜けるのは今も昔もあまり変わらないと思いますが、この努力の中には考えるということが大きなファクターであると思います。

 

思考、思想、夢を見る。これら考えがあってそれを具現化しようと行動に表す、つまり努力するという構図になると思うのですが、その根本である考える、をしなかったら進歩も成長もなくどつまらん人生になるんじゃないかな。

 

で、何を言いたいのかというと。

仕事、遊び、趣味、やるならどれもド真剣にやろうよ。

 

少なくとも仕事は楽しいこと(趣味や遊び)に使うための原資になるんだし楽しくそしてド真剣にやればやるほど自分への分配が多くなるんだからね。

本当にド真剣にやって成果があるのもかかわらず評価されない形に現れない(収入)これがブラックっていうんですよ。

 

部屋の片付け相談はこちら

 

特殊清掃、遺品整理相談はこちら

 

過去ログ収納庫はこちら

 

賃貸住宅の退去にまつわるトラブルについて書いた記事を2本まとめます。

ワタクシたちが毎日扱うゴミ部屋でも孤独死の特殊清掃でもそのほとんどの部屋が賃貸です。

 

賃貸ということは当事者が増えるわけですからその分トラブルも起きます。

ま、だいたいが敷金精算に関するトラブルです、そして大家さんはゴミ部屋であったことを知っている(知らないと思ってるのは借りてる人だけ)

 

この春も(2022年)すでにいくつか敷金精算に関する相談が持ち込まれていますが昨今はある程度法整備も進み周知されてることから以前のような強欲大家vs賃借人という構図は減ってきてるように思いますがそれでも昔の名残なのか昭和もしくは平成初期かと思うような事案があるのも事実です。

 

今モロに直面してるのが、斜めドラム洗濯機を使ってたからその振動で床が傷み背面の壁が湿気を帯びたので床と壁全交換というものです(ちなみにそのお宅はゴミ部屋、ゴミ屋敷の類ではありません)

これはあまりにも横暴というかどの角度から見ても無理筋でそもそも重説にも契約書にもそんな特約は一切書いてません。

__________________________________________________________________________________________

そもそも退去にかかる費用は誰が決めるのか?

よく不動産屋だと思ってる方が多いのですが部屋を借りるときの不動産屋は基本的には仲介ですからそのようなことにはタッチしません、ですから物を言ってるのは大家さんなんです(大家さんから全権委任されてる管理会社の場合もある)

 

いわゆる町場の仲介さんはただの御用聞きみたいなもんですから意外とこのあたりの知識が乏しいことも多いんです 宅建資格者も名義借りというとこもあr・・・

 

ですから私たちが携わった物件でちょっとヤバイなってときには「大家さんや管理会社次第」という言い方をします、良くも悪くもオーナーの胸三寸なんです、かつて戸建ての賃貸で10年近くゴミを溜めた上にネズミに食いまくられ倒壊すんじゃないの?って状態だったのにもかかわらずオーナーさんは借りててくれた15年ちょいで建物は償却済みなんでそのままでいいですってこともあったし片やフローリングの20cm程度の染みつきで全取っ替えなんて言われたこともありました(後者は法的にアウトです)

 

このあたりにオーナーさんの器量が出るんだと思いますが大家さん目線で言うと自分の資産をぞんざいに扱われたらたまったもんじゃありませんし1K5~6万の賃料で修繕費で何十万もかけてられっかってのが本音でしょう。

 

いわゆる地主系大家の場合はそれなりに余裕もありますが昨今はやりの素人投資家オーナーなんて修行僧かってぐらい苦行を強いられてますから同情しないわけでもない。

 

よく物件利回り〇%って言いますけど例えば年利10%とした場合年間100万儲けるのに1000万必要ってことです、今のご時世10%の物件なんてなく6%程度らしいです、つまり60万儲けるのに1000万投下しなきゃいけない何かの罰ゲームですか?

この記事書いた時はそうだったようで今や4%程度でも売れていくらしいです。

 

ただやっぱり日本はちゃんとした法治国家ですから一方に不利益な要求は通るわけもなく理不尽な要求は突っぱねるだけの知識は持ちたいところです、が・・・

 

やっぱり他人の財産をお借りしているという気持ちは持ってたほうがいいと思います。

 

まあいつも書いてるように住んでる過程でゴミを溜めてしまったり孤独死したりはすべて人の営みの中でのことですからある意味仕方ないと思います、どんな事もそうですが後の処理を誠心誠意やることは大事です、間違ってもバックレることはイケません。

 

いつもblogを読んでます、このたび急に引越さないといけなくなったのですが今までのようにチマチマ片付けていたんでは間に合いません、そこでお願いしたいのですがみなみさんは来ていただけるのですか?

 

本当にありがたいです、実際のところ昔のように私が先頭きってでる現場は極めて少ないです(本当に手が足りないときぐらい)社員もそれなりの数がいますし経営サイドの者が率先して現場に出てたんじゃそれこそ会社の体を成しませんから、どうかご理解ください。

 

(2016.1.15ゴミ屋敷の退去トラブル)

前記事でちょっと触れた退去にまつわるトラブルを書いてみます、毎年春ごろには必ず書く記事ですが実例を交えながら進めていきます。

①1K居住5年、ゴミ部屋であったが引渡し前に完全撤去施工後はゴミを溜めていた痕跡は消えた、ただ予算の都合上水回りクリーニングは自分で行うとのこと、正直素人には手に負えないレベルだった。
退去クリーニングの業者がこれは施工不能と言い水回り全交換請求およそ60万。

②2DK居住9年、ゴミ部屋というよりモノが多く倉庫系、建物自体も古い、室内を空にした状態で見る限りトラブルになりそうな感じではなかった。
畳と襖を交換と言われ敷金およそ10万追い金約10万ww
 

 ③1DK居住20年?不幸にも孤独死で死後2週間経過、家財全撤去と畳撤去(汚染部)畳の下までの浸透はなし
 内装全解体、全て新装を要求。


 ④2DKゴミ部屋+漏水しかも長期間放置してたため床は腐食、壁の石膏ボードまで水を吸ってる状況
 内装解体、新装150万請求。

国交省のガイドラインそこのけの請求ですww

①なんて掃除屋の技術がないのか見た目の派手さにとらわれただけ。

 

②はただの無知大家、だいたい10年住んでもらって畳も襖も交換して次の入居者募集すんの当たり前です。


 ①②に関してはとりあえず言ってみて通れば儲けもんって雰囲気です。

 

④は私たちから見ても相当きそうな予感はありました、ところが大家さんがいい人なのか管理会社のリスク管理が良かったのか大家側の保険で修繕できたそうです、この報告を聞いたときにもしかしてオーナー側は保険でまかなってさらに退去者からも金取ってるのかと邪推してしまった。

問題は③今のところ孤独死で発見が遅れ部屋を汚した場合のガイドラインはありません(記事執筆当時)オーナーとしては心理的に全部取り替えたいと思うのは当然の心理でしょうし他の入居者が出ていったり風評被害もあるでしょう、老後の生活のためにと現役時代に頑張って建てたアパートオーナーも知ってますが賃貸経営をする限りそれらのリスクを織り込んどく必要があると思います、人が生活をする場を提供するってことは人の生き死にを提供することなんですから。

①②は私が身内のフリして交渉したらあっさり引っこめられましたww

 

③に関しては1年近くたった今も交渉中らしいです、おそらく司法判断になる気がします。

確か裁判になって和解になったはずです、裁判所の判断は孤独死は善管注意義務に違反するものではなく、また孤独死によって建物価値がさがることはない。という判例に基づき和解勧告。

いずれにしても大家さんとは普段から良好な関係を保つのはもちろん退去するときはある程度キレイにして出るほうがいいのは間違いありません。


 ワタクシ思うにオーナーと賃借人のトラブルって交通事故に似てます、交通事故が起こる要因はいろいろあるけどお互いに自己主張したときに起こることが多いです(こっちが優先だ、こっちは歩行者だってやつ)賃借人は居住権を振りかざし権利主張、オーナーは住ませてやってる、という態度、少しオーナー寄りの意見を言わせてもらうとアパートにしろマンションにしろ都内だと年利10数%で運営してるんですワンルームなんて1部屋数万円(年)の上がりでとことん汚されたらたまったもんじゃありません、結局は人対人なんですから持ちつもたれつが大切ですね。

_______________________________________________________

当時勢いで書いてるから知識不足も甚だしい部分もありますね。

 

今は不動産事業部もあり主人が宅建士、賃管士であることから知識的にも実務的にもかなりバージョンアップしました。

昨今SNSでも借りるとき退去するときの注意点なんて情報が出回ってるおかげ賃借人側も知識武装してることから以前ほどトラブルが表面化することは少なくなったような気もしますが、逆に生半可に都合よく法解釈してしまってトラブルに発展した例も散見されるようになってきました。

 

例えば退去の際に原状回復義務というのがありますが、ただし通常損耗は加味しないという条文があるのですが通常使用で考えられないような汚損や破損まで『通常損耗』と考えそのまま返すという例でトラブルになってる例が増加してます。

 

この春のゴミ部屋片付けでも水回りのクリーニングはどうせ大家さん側で入れるのだから必要なしと言った方が相当数いましたが大家さん側で入れるクリーニングはあくまでも次の賃借人のためであって現賃借人のためではない。

 

そのような部屋というか賃借人の場合案の定今の時期にトラブってます。

だからTwitterで週末ごとに啓発してるんです。

 

 

動画で解説 ゴミ屋敷(部屋)は強制的に賃貸契約解除!?【信頼関係破壊の法理】