プロも知らない、大学研究機関も知らないスポーツ科学の真相

実は真のスポーツ科学はゴルフスイングの「ボディーターンの原型」にのみ『風穴』があります。そこに入ってみるとスポーツと体育の違いだったり狩猟民族と農耕民族の違いが明らかに分かってきます。


こちらは、世界で目唯一物理に違反しない「ボディターンスイング」を教えているゴルフの通信制大学です。入学は簡単ですが、卒業はハーバード大学以上に難しいです。覚悟してください。


物理違反している「ボディーターンバイブル」には気をつけましょう。

「ボディーターンの原型」を知らない指導者はそれを語る資格を持ちません。

これはタイガー・ウッズのスイングを学べるゴルフ大学です。

タイガー・ウッズのスイングは左腕を真っ直ぐにすることでそれは完成します。

左腕を真っ直ぐの状態を無視するレッスンに注意してください。



◎スイングの原則

 回転体の再現をすること。

 二次動力の発生を感じること。

 二次動力以降、自然力を信じること。


アメンバー申請は、プロフ画像を設定され適度に更新されたブロガーの方に限定させていただきます。ご了承ください。


あらゆるスポーツの真実の動態を研究し、結論に達しています。

特に陸上100mは日本人が9秒台で走りきる走法を提案しています!


そして、水泳競技に於いても日本を「水泳王国」へ誘う泳法も提案中!




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

タイガー・ウッズのスイングの方程式を解いた人間の五体を持っていれば誰でも出来るじゃん

ゴルフのメジャートーナメントで勝ちたいと思っているプロゴルファー募集必要最低条件①ク...

全て分かってしまったゴルフ界の内情

ゴルフクラブのシャフトは、その物理的構造上その肉厚を均一に出来ない。その関係で振幅させると振られたくない方向へは相当な負荷を感じさせる。一般のゴルファーはその負荷を「硬いシャフト」だと勘違いしてしまう。残念ながらプロゴルファーもクラブフィッターの言葉を鵜呑みにしてしまい、「このXシャフト柔らかいね。」とか「Sシャフトにしては硬く感じる。」など「安定振幅癖」を知らずに世界に挑戦してしまったりする。スイングプレーンに対して正確に振ってもシャフトがその方向へ振られたくないのでヘッドの返りの自然現象はその度合いを毎回違うものにしてしまっているのだ。ヘッドの返りが曖昧だとボールコントロールは滅茶苦茶になってしまう。日本人の精神論大好き気質はその物理を自身の責任にして練習に勤しんでしまうのだ。
スイングプレーン方向に確実に安定振幅すればボールの飛距離は格段に伸びるしボールコントロールも良くなる。タイガーウッズも技術を磨いたのではなくクラブの物理を最大限に利用しただけの結果という日本人には理解しにくい状態なだけなのである。
残念ながら日本人はゴルフスイングの教え方を腕や手を優先的に使った方法を取っている為に手首を返すやり方でしか「振り抜けない」ようにしている。手首を返してしまうとシャフトスパイン異常による不具合をより曖昧にしてしまう為にその原因を分からないようにするのだ。
ゴルフの商業的市場を活発化させる為にこの不正を正さないままのが都合が良いのである。
ほとんどの人間にとってクラブが合わないことは物理として当たり前の現実になっている。ゴルファーの心理として買ったクラブを中古ショップに売ってその資金で違うクラブを買ったり、「既存のクラブメーカーが自分には合わない❗」と断定して地クラブなんかに走ったりしだすのだ。シャフトスパインの向きだけ変えれば事足りるのにそれを分からないように分からないようにしている闇が深いゴルフ界なのである。


「真実のゴルフスイング」を戯言と言うゴルファーたちへ

真実のゴルフスイングに行き着かないゴルファーたちへ。

「軸❗軸❗」と言いながら一向に軸使用の兆候が見られない。そんな状況の中「二軸❗」という輩がいる。筑波大学から詐欺で博士号を搾取した「コンバインドプレーン」もそうだろう😠
軸使用を謳っていながらに「ボールを良く見ろ❗」という。軸確定したらボールを眼で確認する必要があるだろうか❓それはあり得ない。軸を確定していないから「ボールを眼で確認しろ❗」と言うのである。その点に「三半規管使用」が疑われるのだ。三半規管使用には目視が重要な役割を果たしている。軸使用という物理を謳いながらいつの間にか反物理の三半規管使用に移行させてしまっている。日本人のゴルフスイング思考はもう滅茶苦茶なのである。滅茶苦茶でもスコアにはなるだろう。しかし、世界で戦うには滅茶苦茶では成り立たない。だって軸確定という物理を利用するから物理現象という「シャフトスパイン異常」が分かるのだから


私のゴルフの生徒さんがツッコミをしてきたこと

私がゴルフスイングを教えている生徒さんはゴルフの他に「ボウリング」を趣味として取り組んでいるらしい。
何回か直接コーチをしていた時稀にボウリングの話をしてきた時があった。
当初それほどボウリング経験が無い私には心に響くものが無かった。
そんな時LINE友達でもある生徒さんが新しいボウルを作った話をLINEしてきた。
「フィンガーホールの話」になった時『ピンッ』とくるものがあったのだ。
フィンガーホールは注文があった時初めて空けるものなので新品はまっさらの球体である。
製造過程では新品の球体での「芯」検査をするはずだ。その後フィンガーホールを空けた時「芯」は所在不明に陥る。
正しく投げても正確にはボウルが転がらないことになるのだ。
そんな現実がゴルフクラブのシャフトにも同じ問題を投げ掛けていることに誰も気付かないことになる。
そんな生徒さんはボウリングのボウルからゴルフクラブのシャフトへの不信感を持って私の「真実のゴルフスイング」の門を叩いたらしいこと今になって気付くことになった😅


日本のゴルフ、その脆弱性が全て分かってしまった

メジャートーナメントでほぼ99%の日本人プロゴルファーがトップグループから10ストロークから20ストローク以上も離されて惨敗して帰ってくる事実の原因が分かってしまった。
日本人と欧米人との体力差は「韓国女子プロゴルファー」や「東南アジアプロゴルファー」が世界を席巻している事実でその理由にならなくなっている。
その原因が違うところに存在することは薄々分かってきた。

それというのも、


まず「軸は頭」「軸は背骨」「軸は右足」「軸は左足」「軸は1軸」「軸は2軸」など言いながら、どれを軸にしたところでそれを守っていない現実が明らかになった。「駆動」「非駆動」の問題も有るが、その基本的事項を最初から守っていないことで全てをぶち壊してしまっている。だからゴルフには「理論」で強引にその不合理を取り繕うことになる。「理論」は宇宙空間だったり顕微鏡で個別に取り出して観察しなければならない事に対して必要な考え方で人間サイズのゴルフには不必要なことだと認識しなければならない。
最初から「決まり」を守っていないゴルフスイングがその後の現象を保証してくれるはずもない。
物理の最初のボタンの掛け違いがゴルフクラブの物理を曖昧模糊にして本質に辿り着かないようにしている。その現実はリシャフトの単品シャフトをより高価にしてしまい、「結果的にコミット」とか絶対上達しないゴルフレッスン費用を莫大なものにしてしまっている。
ゴルフに「インフレターゲット」が知らぬ間に設定されていることが「軸を物理的に厳守していない」現実から来ていることに早く気かつかなければならないだろう。



                        ↑
三半規管を軸擬きに設定する手段(=スイング軸を意識しない)がスイングプレーンを永久に不安定にする!という物理がシャフトのブレを理解しないようにしている。

「Rゴルフ」探索してきました。

「Rゴルフ(無料体験)」『結果にコミット』するということで探索してきました。
ちょっと驚いたことに料金があまりにも高額でした。
私だったらその料金で普通のプロゴルファーを「世界のメジャー」で勝たせるスイング教えますね😄


日本のゴルフ力の停滞度、その理由

試打マシンでボールを打ったデータが人間の役にたっていない。
専門家(?)は「そんなところがクラブの微妙なところだ」と馬鹿を通り越した無頓着さで飄々とほざいている。

真実は、機械である試打マシンは「軸回転」でしか設置クラブを振ることが出来ない。機械なので当然の常識的事実だ。
しかし、人間は「軸無し」でもクラブを振ることが出来てしまう。三半規管という人間の「機能」があるので軸だと勘違いしてクラブが振れてしまう。
物理として「軸回転」と「軸無し回転」は雲泥の差で物理的結果を現してしまう。
だから試打マシンの物理結果が人間の「軸無し」には何の役にもたたない。
と言うか、「軸無し」のスイングには修正する物理データが存在せず100年経っても200年経っても「あ〜だ!こ〜だ!」とゴルフ的ブラックホールで五里霧中の世界が永遠に続いていくことになる。

欧米人プロゴルファーたちの「軸回転スイング」は日本人プロゴルファーの「軸無しスイング」にトーナメント4日間 で10ストロークも20ストロークも差をつけてしまうことだけは物理学的に証明されてしまっている。


真実のゴルフスイングは歪なクラブで変形されていく。

真実のゴルフスイングは、三半規管がベースでは無く「軸確定」した回転運動によって成り立っている。
「軸確定」した回転運動だからこそ遠心力が発生してくれる。
三半規管で強烈なスイングしても遠心力は発生しない。

遠心力というものは現象上先端付近は「成り行き」になる。
この点がとても重要なのだが、シャフトスパイン異常したクラブは「成り行きに暴れる❗」ということになる。
「慣性の法則」の現象発生ということにもなるのでスイングしている本人を引っ張る現象発生も起こることになる。
自分で振っているのにある程度の重さを持ったクラブに誘導されてしまう面白い物理現象だ。
シャフトスパイン異常の歪なクラブだとその人間自身を変なフォームに変形させていることになるのだ。

石川遼プロのスイングがおかしい❗ということでスイング改造しなければならない悲劇を起こしてしまうのも全てが「シャフトスパイン異常」に他ならない。
何も分からない人間がショットが悪いからと言ってスイングを直す愚行はそろそろ止めなければならないだろう。
スイングでは無くクラブを直せばそれで「一件落着」なのだから😧


真実のゴルフスイングは歪なクラブで変形されていく!

真実のゴルフスイングは、三半規管がベースでは無く「軸確定」した回転運動によって成り立っている。
「軸確定」した回転運動だからこそ遠心力が発生してくれる。
三半規管で強烈なスイングしても遠心力は発生しない。

遠心力というものは現象上先端付近は「成り行き」になる。
この点がとても重要なのだが、シャフトスパイン異常したクラブは「成り行きに暴れる❗」ということになる。
「慣性の法則」の現象発生ということにもなるのでスイングしている本人を引っ張る現象発生も起こることになる。
自分で振っているのにある程度の重さを持ったクラブに誘導されてしまう面白い物理現象だ。
シャフトスパイン異常の歪なクラブだとその人間自身を変なフォームに変形させていることになるのだ。

石川遼プロのスイングがおかしい❗ということでスイング改造しなければならない悲劇を起こしてしまうのも全てが「シャフトスパイン異常」に他ならない。
何も分からない人間がショットが悪いからと言ってスイングを直す愚行はそろそろ止めなければならないだろう。
スイングでは無くクラブを直せばそれで「一件落着」なのだから😧



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>