橘始黄(はちばなはじめてきなり) | 温故知新は人生の道しるべ

温故知新は人生の道しるべ

自分の過去を省みて自分の明日を築いていく。

身の回りに起きる出来事は全て必然。目的地に着くために全て必要な出来事なんですねぇ~。


テーマ:

第六十候 小雪 末候

橘始黄(たちばなはじめてきなり)

12月2日~6日

意味:橘の実が黄色く色づく

 

古くから日本に自生する橘は、国内の柑橘類で唯一の野生種とされています。

「古事記」や「日本書紀」にも登場し、田道間守(たじまもり)が常世国(とよのくに)(不老不死の理想郷)から持ち帰ったとの記述もあるようです。

京都御所には「左近の桜」とともに「右近の橘」が植えられています。

5月~6月に白い花を咲かせ、実が黄色く熟すのがこの時季です。

枯れることのない常緑樹の橘は「永遠」の象徴とされ、文化勲章のデザインとしても用いられています。

 

 

Su Sadatsuguさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス