『ケーキの切れない非行少年たち』が売れてますね。

著者は宮口幸治氏で医学博士、臨床心理士、そして精神科医でもあります。

本書では、著者が鑑別所や少年院で非行少年たちと接するうちに「これでは全然ダメだ!!」と気づいた事が書いてあります。←めちゃ大雑把でゴメン笑い泣き

本の内容はとても良かったのでAmazonのレビューを参考に是非読んで下さいうさぎクッキー


今回は本の紹介じゃなくて、とっても気になったというか、やっぱりか…と思った箇所があったのでその事を書きます。



鑑別所では集団式検査で知能指数を見ます。

それは厳密な検査ではなく、たいてい「知的な問題はない」という結果が出るので、教官としては、何度言っても分からんヤツは「怠けている」「反抗的」としか思えません。

指導する→出来ない→更に厳しい処分→暴れる→指導する、の悪循環。


以下抜粋

「悪循環を繰り返していると今度は精神科医が呼ばれ(略)

精神科薬が投与されます。効果が出なければ次第に投薬量も増え、少年院を出る頃には精神科薬なしではやっていけない患者になってしまうこともあるのです」


もう一箇所

「今振り返ると(略)、

私の不十分な思い込みのため、彼女に不要な投薬治療や入院治療まで受けさせてしまったのです」


元の原因を見誤って治るわけないというね…。

気分が落ち込む→気分を上げる薬

気持が荒ぶる→鎮静させる薬

これじゃダメだなぁと再認識。


気分が落ち込む→金欠? 失恋? 人間関係?

それぞれ対処法が違うはず! 

素行不良までも薬が治してくれると思っていては断薬出来なくなる患者さんが増えるばかり…


ちなみに、この先生(著者)はそこに気づいたので、それぞれの非行少年に適した指導(トレーニング)をしてくれています!


参照↓



鬱の時、食欲が全く無くなり、何も食べられなくなりました。
身体は食べ物から出来ているので、ますます体調が悪くなり、初めて歯茎の腫れというのを経験しました。
当時は激鬱だったので、歯茎の腫れで私は死ぬと思って(笑)、ビックリして歯医者に行ったら(動けないくせにこういう時は素早く動けたw)、栄養不足でこうなったとのこと。
「あまり食べられなかったら、しばらくは少量で栄養がバランス良く取れるカロリーメイトみたいな物を食べてね」
と言われてカロリーメイトを箱買いして、野菜ジュースで流し込んでいました。すぐ治りました(笑)

最近見つけたブログです↓ 
この先生も私と同じ事をおっしゃってます。
「医者が治してくれると思ってるうちは治りません」
薬が効かなくてさらに薬を増やされてしまう人は読んでみる価値はあると思います。

1月28日にラジオ体操を始めたという記事を書きました。
私のことだから、「三日坊主」という怠け教のお坊さんの信者になり、とっくにやめたかと思えば、あれから4か月、そこそこ続いています。

結果としては、
・朝イチでラジオ体操をした方が断然スッキリ動ける
・体のひねり範囲が広くなった。(道路を横断する時、右左右が見やすい(笑)
・背筋が伸びて姿勢が良くなった

くらいですかね(笑)

効果はあったので、もう少し続ければ、両手にヤンキーあがりみたいな女性をはべらせ、宝くじにも当たり、札束の風呂に入ってると思います。
皆さんも、ぜひこの機会に!!(笑)

※画像はネットからお借りしましたので、わたくしではありません。