今週の気楽さんの句会は「十五夜」「望月」「屋台」です!

もうすっかり寒くなり秋の情感たっぷりですねー。

 

私もそんな秋の想いを月に託してみました!

読んでくださると嬉しいです♪

 

俳句

かんむりに言の葉宿すもちの月

 

望月の陰に競ひてろうの舟

 

短歌

望の夜の欠けたる石の是非も無き

  澄みし瞳のにとどめたし

 

      俳句一句目は、望月にも冠の様に言葉がのせられている

      様子を詠みました。月の付く言葉は多いですよね。

      二句目は、望月の光の陰と競うように楼舟(屋形舟)の

      影もまた揺らめいて見える様子を詠みました。

 

      短歌は、月は欠けていくけれど、君の澄んだ瞳の奥に

      私はずっと棲んでいたいですよという意です^^

 

      本日もお付き合いくださりありがとうございます。

      今年の仲秋の名月は9月21日だそうです。

      予報では全国的に晴れのようですが、月見できると

      いいですね~。