【メッセージ作成】(神や龍に操られて作品を生み出す)異界絵師・緋呂さん | N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

インタビュー好きフリーライター。社内報、会社・学校案内、各種雑誌、WEBに執筆中。個人プロフィール作成(ZOOM取材)も好評です。

メッセージを作成させていただきました!

 

異界絵師 緋呂さん。

 

緋呂さんからのご依頼は、

「理念を文章化したい」

でした。

 

名古屋にお住まいですが、

東京・神楽坂で個展『龍の箱庭展』の

開催にあわせて、お会いしてきましたよ!

 

 

実は今回、「私がお手伝いすべきことは

ないかもしれないなー」

なんて思いながら、

緋呂さんに会いに行きました。


緋呂さんは、

「作品をどう説明したら良いか、わからない」

「みんなが何を知りたいか、わからない」

とおっしゃていたのですが、

「わからなくても良くないですか?」

と思う私がいたりして。

 

絵が何かを伝えてくれるので、

あえて言葉はいらないかも、って。

 

緋呂さんご自身のことだって、

「よくわからないけれど、すごい絵を描く人」

でもいいかもしれない(笑)。

 

でも、

「言葉で何を伝えるべきか」、

=「みんなが知りたいことは?」

と考えたら、何もないわけではなく。

たとえば私だったら、

「パワーを感じる絵ですが

お守り効果はあるのでしょうか?」

とかね。

 

緋呂さんにも、半分本気で、

「龍が好きな中国系の人は、

興味をもってくれると思うので、

『飾っていると幸運が舞い込みますよ』って

言っちゃえば、何百万ドルでも買いたい人は

いるはずですよ」

なんて言ってしまいましたが(笑)、

緋呂さんご自身は、幸運がどうとか、

あえて言いたくないんですって。

 

でも、緋呂さんのブログを訪れた人に

「絵描きさんね。神様や龍の絵が得意なのね」

と、ただそう思われるのはもったいない。

 

パッと読んで、

「この人は、なんかアルよね」

「なんか、普通じゃないよね」

というのを伝えたい。

 

そんなわけで、

緋呂さんの理念が、

「自分で判断できる人を増やす」

ということだったので、それも盛り込み、

こんなメッセージが完成!

 

 

『神や龍からメッセージを受け取り、

絵・陶器・文字で表現しています。

 

そこに私の意思は介在せず、

私はただ、彼らに操られるままに、

手を動かしているだけ。

 

ですから、私に作品の意味を

聞かないでください。

あなたが感じることが、すべてです。

 

判断を人にゆだねている限り、

本当の幸せは訪れません。

自分の感覚に自信を持ってください。

 

もしあなたが、神や龍に“守られている”

と感じるなら、それが真実なのです。

 

(異界絵師 緋呂)』

 

 

(作:緋呂さん。操られて、陶器に龍の絵)

 

 

どんな画材で、どんな色で、ということも

神や龍に指定される=操られるそうです。

 

ご自身すら「えー、次はこうなるの?」

とか、驚きながら描いているそうです。

 

(そういう、作品一つひとつの

完成ストーリーも知りたいので、

ブログ等でご紹介して!と

お願いしておきましたよ)

 

 

(作:緋呂さん。操られて書いた幽界文字)

 

操られるのは絵だけでなく、

文章もだそうです。

実際、緋呂さんのブログは時々、

難解な文章で、書かれていますが、

緋呂さん自身もわからない単語などがあり、

そういうのは、誰かに操られて書いている

そうですよ!!

 

で、私は不躾にも、

緋呂さんに、あるお願いをしました。

 

迫力ある龍や神の絵が、

緋呂さん自身が描いているのではなく、

彼らが緋呂さんを操って描いているのであれば!

 

緋呂さんご自身が描く絵はどんなの?

コアラを描いてみてください💛って。

 

そしたら、これ(笑)。

 

(作:緋呂さん。誰からも操られずに描いたコアラ)

 

ただ、かわいい。

操られてないですよね(笑)

 

 

【緋呂さんの鯰サービスへの感想】

 

やっぱりミキティて天才的だね。
◯◯ていうことですか?
て聞いてくれる内容や言葉で
「えっ、そうだったのか!あー、確かにそうだ!」
と思うこと度々。
よい聞き手と話すと、見えてなかったことが浮き出てくる。
録音しとけばよかった。

 

完成した文章もですが、お会いしてお話している間に

出てきたいろんなことが、本当にありがたかったです。

 

緋呂さんのブログでもご紹介いただきました

 

2年前に、初対面で緋呂さんにインタビューさせていただいた記事(緋呂さんHP)

インタビューライターとのQ&Aで見る「緋呂ってどんな人?」

 

ありがとうございました。

インタビュアー&ライター

ナマズミキでした。

お仕事HP→http://namazumiki.com

 

★新着!Web掲載の鯰ライター仕事★

納田牧場社長 納田 明豊さんに聞く。養豚の新しいビジネスモデルとは!?

【潜入レポート】IoTの実用化を目指す『共働PoC』の成果報告を聞きました!

『Life with Reading – 読書の秘訣』(創造的読書のパターン・ランゲージ)』

東京駅前ビル内「大手町牧場」を突撃取材!

 

★無料配布中でなまずみきてぃマガジン★

お申込みはこちらから

image