【プロフィール作成】(がんばりすぎる女性をサポート)心理セラピスト・宮岡真由美さん | N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

インタビュー好きフリーライター。社内報、会社・学校案内、各種雑誌、WEBに執筆中。個人プロフィール作成(ZOOM取材)も好評です。

プロフィールを作成させていただきました!

 

心理セラピストの宮岡真由美さん。

 

 

宮岡さんの子どもの頃のエピソードが興味深く、

困難な状況でも、力強く生きていく「真由美ちゃん」が

目に浮かぶようでした。

そのままキャリアウーマンに成長されるわけですが、

ご自身が”アダルトチルドレン”であることに

気づき、同じような女性をサポートしていきたいと、

現在は、心理セラピストとして活動されています。

 

「生き辛さを感じながらも、

自分がアダルトチルドレンであることに

気づいていない人も多い」

ということで、プロフィールの中では、

「がんばりすぎる女性をサポート」と

しています。

 

親の影響で 幼少期に決めた生き方が苦しくなったら、

今の自分に合った生き方に決め直すことができる、

ということなんですよね。

 

完成した宮岡さんのプロフィールはこちら!

(切り取ってプロフィール以外でも活用していただけるよう

長めにしてあります)

 

【プロフィール】
1963年東京生まれ。小学一年生のときに母親が統合失調症で入院。退院するまでの2年間、3人の幼い弟は乳児院へ、自身は岩手県の祖父母の家に預けられる。負けず嫌いで男女平等を主張するような少女だった。祖父母の勧めで教師を志し大学受験するが失敗。進学をあきらめ、大手電機プラントメーカーに23年間勤め、女性管理職として教育研修などに携わる。在職中にキャリアカウンセラー、産業カウンセラーの資格を取得、コーチングやNLPも学ぶ。その間、20歳で最初の結婚、24歳で離婚。32歳で2度目の結婚。

2006年3月に退職し、翌月から経営者・管理職向けコーチとして活動開始。2009年にビリーフチェンジ・セラピーに出会い、心理セラピストとしても活動を始め、2012年からは日本プロセラピスト養成協会、認定セラピストとして養成講座の講師も務める。

セラピーとの出会いにより、自らが “アダルトチルドレン”であることを受け入れ、「自分の気持ちに素直に、幸せに感じる人生を歩んでいい」と気づく。

東京、大阪、福岡、仙台で行っているオーダーメードの個人セッションでは、主に40代以上の働く女性や、がんばりすぎてしまう女性をサポート。思い込みを手放すことで、自分が望む生き方を手に入れることを応援している。クライアントからは、「人生が変わった」「自分を好きになれた」との声が多い。今後はオンラインでもセッションを提供。また、幸せに生きる方法を伝えるセミナーも開催している。

以上

 

宮岡さんが、ご自身のブログで、プロフィール作成の感想を書いてくださいました。

 

●自分一人で頑張るのを少しやめました プロフィールを鯰美紀さんにお願いしたら驚異のスピード!

 

宮岡さん、ありがとうございました。

プロフィールを活用して、

どんどん活動の場を広げていって

くださいね!

 

インタビュアー&ライター

ナマズミキでした。

 

お仕事HP→http://namazumiki.com

 

★新着!Web掲載の鯰ライター仕事★

納田牧場社長 納田 明豊さんに聞く。養豚の新しいビジネスモデルとは!?

【潜入レポート】IoTの実用化を目指す『共働PoC』の成果報告を聞きました!

『Life with Reading – 読書の秘訣』(創造的読書のパターン・ランゲージ)』

東京駅前ビル内「大手町牧場」を突撃取材!

 

★無料配布中でなまずみきてぃマガジン★

お申込みはこちらから

image