「ワタシノオハナシ(生い立ち編)」(リンク集)は、こちら

 

 

 

 

オークションを始め、リハビリの効果が出始め、少しずつ外出できる

ようになりました。

 

長時間の外出は無理でも、少しずつ社会復帰したいと思っていた

私は、アルバイトを始めます。

 

この記事の辺りです。

 

 

このことが、私の新しい人生を始めるきっかけになったんですが、

2度目の離婚をすることになりました。

 

元夫から逃げるために友人宅にお世話になり、元夫にお金を取られ、

本当の一文無しに。

※逆に借金もありました

 

 

これ、すっごい怖いんですよね。

30歳を過ぎて、最悪の状況。

 

離婚できたことは嬉しいんだけど、目の前の生活をどうすればいいのか。

今後、どうしていけばいいのか。

 

幸い、会社が社宅を借りてくれて、友人たちがいろんなものを譲って

くれて、生活は成り立ちました。

この記事です

 

まぁ、どれくらい貧乏だったかと言うと、

 

・冷蔵庫に珉珉餃子しか入っていない

・食器はすべて百均

・それまで持っていた数少ないブランドものは、全てオークションで売る

・朝食は抜き

・夜は冷凍うどん

 

覚えているのは、こんな感じかな?

 

お給料はいただいていましたが、この頃は母の借金も返していたので、

手元には、ほぼ残りません。

※完済できたのは40歳のとき

 

ずーーーっと、お金のことを考えているのって、ミジメなんですよねー。

抜け出したいけど、わからなくてもがく感じかな?

 

一番ミジメに感じたのは、食べ物よりも化粧品。

それまで、ヘレナ・ルビンスタインを使ってたんですよ。

 

でも、本当にお金がなかった時は、

 

 

へちま化粧水

 

 

に、なったんです。

 

 

 

別にへちま化粧水がダメって言ってるんじゃなくて、そのランクダウン

がミジメなんです。

 

30歳を過ぎて、へちま化粧水かよーー、って。

 

 

 

この貧乏っぷりは、しばらく続きました。

 

 

つづく。