6月は『初夏のイタリアン』

 
あじさいアクアパッツァ
南イタリアの魚介料理
金目鯛と真鯛、イカ、アサリ、レタス、プチトマト、玉ねぎ
いろんな出汁が出てます💕
 
 
あじさいカルボナーラ
「炭焼き職人風」
黒コショウを炭粒に見立てた名前😆
 
火加減に気をつけないと、
すぐに卵がボソボソ固まっちゃう😱
 
熱で卵が固まらないように卵ソースを加えるときに注意すれば、なめらかな濃厚卵ソースに
💓
注意ポイントは、卵の白身と、火加減と、茹で汁ですぞ👍
 
 
あじさいベジシートのサラダ
「VEGHEET(ベジート)」という、
野菜シートを使って、
くるくる花束みたいな簡単サラダ🎵
 
あじさいライム・ミント・ジュレップ

人気の炭酸ドリンクです。
サッパリ~
スッキリ~

ウイスキーベースのカクテルですが、
料理教室ではノンアルコールですよ~爆笑爆笑
 
 
やさいの豆知識
レタス: キク科アキノノゲシ属 英名:garden leettuce
 
日本では古くからレタスの部類を「チシャ」と呼びます。
レタスの種類は世界各地でみられ、各国で栽培され食用とされています。
どの国でもほとんど生のままサラダとして食べる野菜として親しまれています。
 
<種類いろいろ>
①掻きチシャ・カッティングレタス・・・茎から葉を掻きとるタイプ。サンチュ。
②立ちチシャ・・・葉がほとんど巻かずに立っている。ロメインレタス。
③葉チシャ(リーフレタス)・・・非結球。サニーレタス。グリーンリーフ。
④玉チシャ(玉レタス)・・・結球。一般的なレタス。
 
<食べ方と効能>
①栄養
全体の約95%が水分で、ビタミンC、E、カロテン、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などを含みます。
②茹でて、炒めて、たっぷり食べよう
サラダのイメージが強い野菜ですが、炒め物、鍋、スープなど加熱調理もおすすめ。
油とともに食べることでカルシウムの吸収率がアップし、しんなりしてかさが減ることで、
食物繊維をたっぷり摂れるようになります。
③謎の白い汁?
レタスの葉を切ると、白い乳状の液が出ますが、その正体はサポニン様物質。
苦味がありますが食欲を増進し、肝臓や腎臓の機能を高める働きがあるのです。
ちなみに、レタスの語源はラテン語の「乳」なのです♪
 
<良品の見分け方>
●軽いものを選ぶ
重いものは、収穫時期が遅れて葉が固くなり、苦味が出ている可能性があります。
軽いものの方が葉がやわらかく、味もいいですよ!
●切り口が10円玉で白い
切り口があまりに大きなものは、連作といい何年も同じ場所で作っている場合が多く、
みずみずしさに欠けます。
 
次回は、7月13日(金)です!!
「夏のエスニック」ですよ♪♪♪
 
 
 
 
 
 
 

5月は五月、皐月🌿🌿

 
日本料理の月です🌱🌱
 
 
 
 
合格豚バラ角煮の肉豆腐
 
豚バラでボリュームありますが、
黒酢で煮ているのでさっぱり✨✨
 
 
合格長芋とわかめアスパラ梅肉和え
梅肉和えがさっぱりしてて
長芋ですあるので、
たべやすい美味しさです💕
 
 
晴れ初夏野菜の緑茶椀
 
写真はないけど💧
緑 茶椀ではなく、
緑茶 椀です(笑)
 
 
晴れご飯は茹でた蕗を混ぜ込みました
 
 
合格甘酒、ヨーグルトスムージーと小豆きなこ
 
ドリンクにも、スイーツにも❤
 
 
<やさいの豆知識>
アスパラガス:分類:キジカクシ科クサスギカズラ属
 原産地は南ヨーロッパからロシア南部。
日本での主な生産地は北海道(約16%)、佐賀県(約10%)、長野県(約8%)。
本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長し低温期は1日1回、高温期は1日2回収穫します。
長さが25cmくらいに伸びたやわらかい茎を食用とします。
 ふだん、私たちが食べているアスパラガスは、土から顔を出した若い茎の部分。
葉に見えるものは実は「偽葉(仮葉)」と呼ばれる「枝」! 
では、葉はどこにあるかというと、「はかま」呼ばれる三角形の部分。
本来の葉は退化してあのような形になっているのです。
 
●ホワイトとグリーン
 2つの違いは栽培法が違うだけ。
ホワイトは日光が当たらないように土寄せして栽培するため、白いまま成長します。
グリーンは土寄せせずに育てるので、日光をたくさん浴びて光合成することによって、
きれいな緑色になります。
最近では、紫色のアスパラガスも見掛けるようになりましたね。これは、アントシアニンという
ポリフェノール色素を含んでいる品種です。加熱すると紫色はなくなりグリーンと変わらない外見になります。
 
●料理と保存方法
ホワイト:ドイツやオーストリアでは日本の筍のように、春から初夏にかけての味覚として珍重されています。
グリーン:茹でる、炒める、焼くの方法があり、茹でる前に皮をむく必要があります。(皮が固い事がおおいからね)
茹でる際は、むいた皮を一緒に茹でると風味が良くなると言われています。
 冷蔵庫では乾燥防止に濡れた新聞紙などで包み立てて保存します。
 
●栄養
学名の「officianalis」は、「薬用の」という意味で、古くから利尿作用や健胃作用が知られていました。
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸など、栄養豊富!!
アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名されたのですよ。
 
 
 

4月の青葉区あざみ野での料理教室は、

【春のお弁当料理】
 
松花堂弁当に詰めたので、
 
お弁当も豪華に見えます(笑)
 
 
 
ガーベラ花野菜の豚肉ロール
ガーベラタラの西京漬け焼き
ガーベラミニトマトのマリネ
ガーベラキャベツとコンビーフのマヨゴマ和え
ガーベラ手作りふりかけ
 
手作りふりかけは、
市販品の真昆布と本枯れ節と
すりゴマなど(他数種)を合わせました。
 
こんなに美味しく味わい深いものに
なるなんて~ラブ
 
高級スーパーでこの分量で買うと、
かなり高額なので
手作りだとお得ですよ乙女のトキメキ
 
 
別クラスのお弁当盛り付けです⤵⤵
 
料理教室終了後には、
クラスによりますが、みんなでお茶して
近況や情報交換などします^^
 
皆さんにとっても、
ストレス発散になったり、
ご近所のものすごい情報が聞けるので
楽しいです(笑)💕
 
先日、オレオレ詐欺からきた電話内容とか、
昔留守中に泥棒に入られたときの話とか、
 
みなさん、ものすごい体験
されてるのですね~😰😰
 
亀の甲より年の功だわ🐢🐢
 
 
ある時は、帰り道、
先生(母)と一緒にコメダおかげ庵でまったりお茶🍡☕🍵
 
 
 
5月の料理教室は、8日(火)(満席)と、
11日(金)です。
9時半~12時45分まで。
場所は、田園都市線あざみ野駅徒歩3分
  (お申込み頂いた方にお伝え致します)