疲れた疲れたが口癖のあなたへ | 一生元気でお洒落な健幸美人をつくる化粧品店のブログ

一生元気でお洒落な健幸美人をつくる化粧品店のブログ

アルビオン大好き。化粧品専門店オーナー、開脚&ピラティスインストラクターのみかおです。
漢方オイルを使ってのカッサ、フェイシャルマッサージ、眉のスタイリング、美味しく食べて太らない方法をアドバイスすることも得意です。
一緒にキレイでハッピーになりましょう♪

健幸美人を生み出すサロンオーナーみかおです。

今日はアルビオンの新製品セミナーでした。

(秋の素晴らしい新商品については今後ゆっくり書きますね)

 

今日はセミナー会場で他の化粧品店のお友だちと話した気づきを書きます。

 

サロンドマツモトのスタッフはちょっと普通じゃないようです。

 

お友だちのお店の若いスタッフさんたち

「疲れた」
「頭が痛い」

「生理が辛い」

そんな言葉が口癖になっているそうです。

 

みかおは思わず、

「えっ?うちのスタッフからそんな言葉聞いたことないわ。」

と応えました。

 

 

亜美ちゃんも孝子ちゃんも知子さんからも「疲れた」なんて台詞聞いたことありません。

 

私たちスタッフ全員、

サロンドマツモトの塩とミネラル、そしてマヌカハニー

を摂ってます。

 

例えば

「ちょっとだるいな〜」

「顔がむくんでいるな」
「胃の調子が悪いな」

なんて時は

漢方オイルを塗って香りを嗅いでかっさで流します

 

美姿勢カラダワークのエッセンスも実践しています。

 

「ストレス溜まってきたな」

「気持ちがダウンしてるな」

そんな時はスタッフ一人一人が

解決する術をそれぞれ持っています。

 

プロレス観戦、ライブ、読書や漫画、映画・歌舞伎・落語ミュージカル鑑賞、ビーチやプール、美味しいものを食べて飲むなどなど。

 

どうやったら自分が笑顔になれるか。

自分のご機嫌の取り方を一人一人知っています。

 

 

みかおのピラティスに通っている生徒さんもみかおの年代なのに、1年前とは姿勢もスタイルも表情もお肌もヘアスタイルも別人。

職場の人たちからは「整形したのでは?」と思われているそうです。

 

あなたが何歳でも、持病があっても、その気になれば変われます。

 

その方法、ワークショップでお伝えしています。

 

あっ、でもね、いくらワークショップに出ても実践しなければ1ミリも変わりませんよ。

 

それからもう一つ。

 

疲れが溜まって、メンタル落ちてるときに一番やってはいけないことをお伝えします。

 

それはね、薬飲んで寝ること。

 

こんなことばかりしているともれなく鬱になれます。

 

メンタル変えたいならカラダ変えちゃった方が早いです。

 

私たちスタッフのようにご機嫌なあなたになりたいあなたにオススメは

↑ 美姿勢カラダワークショップ

 

もっと手っ取り早くスカッとしたいなら

 

↑開脚セッション

 
あなたはどっちから受けますか?
 

興味あるあなたはLINEでお気軽にお問い合わせください。

一緒に綺麗でハッピーになりましょう♪