Life can be beautiful. (みかこクリニック 院長 形成外科専門医 高木美香子のブログ)

Life can be beautiful. (みかこクリニック 院長 形成外科専門医 高木美香子のブログ)

愛知県一宮市の美容クリニック(形成外科/美容外科/美容皮膚科)
一宮駅東口から徒歩1分(一宮駅東口ビル5階)
名古屋駅・岐阜駅からも快速で約10分です
形成外科専門医の院長が、女医ならではの美容医療をお届けします
ホームページは t-mikako.com

 

患者様からの評価がとても高いピコシュア『フルコース』ですが、

今回は、多発するシミには『フルコース』が最適だと感じた症例をご紹介します。

 

ちなみに、ピコシュア『フルコース』とは、サイノシュアー社のピコレーザー「ピコシュア」の3つの照射モード(スポット・トーニング・フラクショナル)を一度の施術で行ってしまおうという施術メニューです。

 

下の写真をご覧ください。

両頬を中心に多発する薄いシミに対し、ピコシュアの『フルコース』を施行しました。

 

照射後は色素沈着が出ることもなく経過しました。

比較写真は、治療前と初回照射から10ヶ月が経過した時のものです。

 

 

 

反対側もご覧ください。

 

 

 

ピコ『フルコース』照射後のご自宅でのアフターケアには、初回に、アイティーオーの高濃度ビタミンCローション、ゼオスキンのミラミン、ナビジョンのレチノファーストをご購入いただきました。高濃度ビタミンCが無くなった時点でゼオスキンのバランサートナーに、レチノファーストが無くなった時点でデイリーPDテに、それぞれ変更していただきました。また、5か月目からは、ゼオスキンのダブルテクスチャーリぺアを週2回夜のみ追加していただきました。

 

10ヶ月目の写真で、こめかみあたりに色素沈着が出ています。これは経過中には見られなかった状態で、お話を伺うと、最近皮膚が乾燥してスキンケアの刺激を感じるとのことでした。そこで、バランサートナーを一旦中止し、ガウディスキンのローションに変更していただきました。また、肌の状態が安定するまでは、ダブルテクスチャーリペアもお休みしていただくことにしました。

 

この時期多いと感じるのが、春先の花粉や黄砂の影響でアレルギー症状が出て、肌まで敏感になっている方々です。肌の状態は一年中同じではありませんので、肌の状態に合わせてスキンケアも変更する必要があると思います。そのためにも、肌の状態を確認するために通院していただくことはとても重要だと思っています。

 

さて、ご紹介した患者様ですが、先日、残るシミに対して2回目のピコシュア『フルコース』の照射を行いました。そちらの経過もまたご紹介したいと思います。

 

 

【ご予約・お問い合わせ】

みかこクリニック

0586-82-7744

 

思い立ったらお気軽にお問い合わせください。

当日のご予約も大歓迎です。

 

image

 

みかこクリニックは一宮駅東口から徒歩1分。

名古屋駅・岐阜駅からも快速で約10分です。

 

名古屋・岐阜での『シミ治療』のご相談は、

愛知県一宮市の「みかこクリニック」へどうぞ。

形成外科専門医の女性院長が丁寧に対応いたします。

デリケートなご相談でも話しやすい環境作りを心掛けています。

全員女性のスタッフでお待ちしています。