雨だし




寒いし





風強いし










今日は大変ぼけー








って感じでしたねアセアセ










私はスーツでオーディションに臨んだのですが






足もとは一瞬で濡れましたよね傘









うーんショボーン


って気持ちだったんですが




オーディション会場に行ったらビックリ!!








円の研究所時代お世話になった俳優の先輩がいらっしゃったんですキラキラ







先輩と言っても、研究所2年目の時に




『坂の上の家』というお芝居を演出してくださったのですチュー








私にとってはとても思い入れのある作品なんです!






5人芝居で少人数だったということ

家族の話だということ

長崎県の話なので、方言があったこと

ずっと出ずっぱりで、セリフ量もやるべきことも大量だったこと




初めてのことや、責任も大きかったし


一緒につくったメンバーとは大きな絆で結ばれた感覚でした










その時の写真、実は持ってますルンルン






















ご覧の通り




高校生の役でした〜リボン









でもね


大雨の災害で父母を亡くして、兄2人と妹1人で暮らしてて

長男の稼ぎで暮らしてて、次男はやりたいことが出来たりなくなったりフラフラしてて、妹は学校通いながら家事をこなして


長男の婚約者は身体が弱くて







なーんて



なかなか大変な家族だけど


よく出来た作品で、ホッコリとする大好きな作品なんです!!







帰り道、先輩に久しぶりすぎて熱く語ってしまった爆笑










実は研究所を卒業してからお会いしてなかったので






こうやって

オーディションとはいえ仕事の現場でお会い出来ることって本当に嬉しいのですキラキラ







これを機に、まて連絡とっていきたいですねゲラゲラ