音楽Blog "mighty-mighty" (森 真奈美)

音楽Blog "mighty-mighty" (森 真奈美)

演奏・創作・アレンジなど何でもやってみる
manami(森 真奈美)の日記です。どうぞよろしく♪

著書やアレンジ譜の情報、お問い合わせは こちら  まで♪  


おっはようございます。

超有名なあの美しい
バージョンでおなじみの
原曲がこれです。

原       曲。

原曲の存在感。
…さすがでございます。

60年代当時の音楽事情を
反映しているとも言える、
軽くハネるリズムも
たいへんに魅力的です。

そして、
メロディの素晴らしさ…(泣)。

心洗われる朝になりました。

よい1日を♪。
That Kind of a Day
Martin Newell



心の師匠、
Martin Newell先生の
楽曲を聴いています。

素敵過ぎる…
心から尊敬しています。

どこが好きかという理由は
ものすごく単純なのですが、
単純過ぎてかえって言えません(何)。

ほんとうに素敵なので、
みなさんもっと知ってください。

寒いですね…
どうぞよい1日を。

Christmas in Suburbia
The Cleaners from Venus

おっはようございます。

 

心の師匠、

Martin Newell先生のバンド。

 

かっこよさ&クリスマス感。

 

素晴らしいです。

とても尊敬しています。

 

そんなわけで(謎)

わたくしは今日も原稿です。

(※…今日中に終わらせます。必ず!)

 

よい1日を。

Oh! My Precious!m.c.A・T

今日も原稿です。

いろいろ気が散りまして、
なかなか終わらず…(反省)。

今日こそ仕上げます。
ビシッと。

「10年先の」の
「の」のコード(B)が
とてもとても好きです。

よい午后を。
Snowman's Land
Keith Emerson



おっはようございます。

クリスマスが近いので
今日もこんな曲を。

…弾きたい。

「かっこいい」というのは
こういうことを言うんだな、と
エマーソン先生の音楽を聴くたびに思います。

かっこよくて美しい。

芸術の理想。

英国の宝。

…やる気が出てきました。

よい1日を。
Give Love On Christmas Day
Jackson 5



いろいろなアレなうちに(何)
年末が近づいてまいりました。

ビックリ炊きした玄米を
美味しくいただきながら
この1年を振り返っています。

まだいろいろとアレ(何)ですが、

そんな毎日でも、
クリスマスはもうすぐやってきます。

名曲。

心に沁みます。

よい1日を。

先ほど、ふと発見。

幻のシンガーと言われている
早川美和さんの作品。


懐かしいです。

…沁みますね。

オヤスミナサイ。

まもなくアレンジの新刊が発売になります!

--------------------------------------------------------------
ピアノを始めて間もない初心者の方に

使いやすい、入門曲集の登場です!
ピアノを始めたら、自分の好きな曲、

知っている曲をたくさん弾いてみたく

なりませんか?


この曲集では、ピアノ初心者の方にも

取り組みやすい入門レベルのアレンジで、

ピアノできっと弾いてみたい、人気のある

楽曲を集めました。


楽譜にはドレミふりがなのガイド付き、

またすべて調号を使わないキー

(ハ長調またはイ短調)でアレンジし、

#や♭に抵抗のある方にも使いやすい内容です。

お気に入りの1曲にチャレンジしてみませんか?

(ヤマハ公式webより転載)
------------------------------------------------------------------
どんどん弾ける! あこがれのクラシック20

 

 

★G線上のアリア
★トルコ行進曲/ピアノ・ソナタ第11番イ長調
★エリーゼのために
★ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章
★別れの曲/12の練習曲 Op.10第3番
★ノクターン 第2番 変ホ長調
★ラ・カンパネラ
★愛の夢 第3番
★月の光「ベルガマスク組曲」より
★人形の夢と目覚め OP.202 NO.4
★ジムノペディ 第1番
★ジュ・トゥ・ヴ
★ボレロ
★亡き王女のためのパヴァーヌ
★愛のあいさつ
★「惑星」より 木星

 

どんどん弾ける! ピアノで奏でたい定番20

 

 

★Lemon
★ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 「月光」 第1楽章
★24の前奏曲第7番 イ長調 OP.28  

 


★→アレンジを担当させていただいた曲です。

 ぜひ、どんどんお楽しみください!

 

 



ギターとは
何て素晴らしい楽器なのだろうと
はじめて聴いた時に感服しました。

このアルバム(LP2枚組)は
発売当時、母に買ってもらい
毎日毎日毎日聴いていたので、

音楽、とか
アルバム、とか
そうした概念を超えてしまい、

何だかもう友達のような
そんな存在なのでございます(謎)。

この曲の、このギターが
あったからこそ、
いろいろとその後
アレになるわけですが、

それだけ素晴らしすぎる、
ということでもありますよね。

美しい…。

↓ちゃっかりと。