不安は成功のためにある。 | ロマンチックなSEがIT業界を変える。

ロマンチックなSEがIT業界を変える。

アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタントのブログです。
IT業界に入って15年。
システムエンジニア(SE)としての日々の活動記録。
キーワード は「右肩上がり」。
読者登録、大歓迎です。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

 

50歳になり、アッツワークスも11期目の終盤になりました。

とても早いですね。

戦いながら、生き残っている感じ。

 

まずは生き残れ、儲けるのはその後だ、というジョージソロスの言葉が胸に刺さります。

 

胸に刺さる、と言えば、与沢さんの最近のツイッターがとても刺さります。

たとえば、これ。

 

「壮絶なる失敗の体験とは、他者に対する圧倒的優位性に他ならない。

 その優位性は今後の未来において必ずや花開くであろう。

 

 人生の失敗なんてものはあっさり挽回できるので失敗しても落胆する事はないです。

 簡単に取り返してお釣りくるものを失意の中でそこで諦めたら本当に損しただけになる。
 

 失敗した後こそが大切ですよ。」

 

「やってみて分かった人の価値1億円
 やらずに分かったつもりになった人の価値1円

 やってみてから違うと気が付いた人 〇
 やらずに違うだろうと想像だけした人 ×
 その差1億倍

 結果も成長も進歩もやった人にだけ与えられる」

 

本当に、本質だな、っていつも思います。

実際に経験して、体験して、そして、脱出したことがある人にしかわからないことば。

 

すべてのことは、ネットで検索して出てくる、って考えられていますが、本当は、最後の最後、一番キモになる大切な1パーセントの部分は、決してgoogleにはわからない世界なんですね。

 

久しぶりに、神田先生の「禁断のセールスコピーライティング」を食い入るように読んだら、こんなフレーズがありました。

 

「不安は成功のためにある。」

 

本当に救われます。

 

では、また、書きます。