やらなかったことを後悔するよりも、やって後悔するほうがよいワケ | ロマンチックなSEがIT業界を変える。

ロマンチックなSEがIT業界を変える。

アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタントのブログです。
IT業界に入って15年。
システムエンジニア(SE)としての日々の活動記録。
キーワード は「右肩上がり」。
読者登録、大歓迎です。


テーマ:

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

 

何か、新しいことを始めようとするときによく聞くことわざがあります。

それがこちら。

 

「やらなかったことを後悔するよりも、やって後悔するほうがいいよ」

 

もちろん、私自身は100パーセント理解できています。

私が思っていたのは、チャンスは今しかないから、です。

1年後に、元気でいられる保証はない。

 

でも、中谷さんの本にこんなことが書かれていたのですね。

 

「やって失敗したことに対する後悔は、時間が経過すればだんだん小さくなるけれども、やらなかったことに対する後悔は時間が経過するにつれて、どんどん大きくなるから」

 

なるほどー!!って思いました。

後悔にも時間軸があるのですね。

 

だんだん小さくなるのか、それとも、どんどん大きくなるのか。

 

死ぬ間際になって、もうどうしようもないときに、後悔に押しつぶされてたら、最低最悪な気持ちなのではないかと想像します。重い、鉛のようなふとんをかけられていて、身動きできない、なんて、恐ろしいですね。

 

だから、今、やりたいことは、怖くても、取り組むしかありません。

 

では、また、書きます。

 

犬旅コンサルタント井上 敦雄(いのうえあつお)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります