Book of Days
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ディアドラ

 

【2019年2月24日・第93回中山記念~中山競馬場】

 

この中山記念6着の後から、ディアドラ姉さんの長い旅が始まった。

自分自身33戦の内5戦しかディアドラそのものを現地で観れていないのだが

その内の2戦が香港だったり、勝ち星を挙げた紫苑ステークスを観れていたり

何となくラッキーだったような気がする。

 

長期海外遠征も、惜しい競馬もあったけど伝統の

ナッソーステークスを制覇して、欧州でも称賛された。

出走するレースにたとえ強豪馬がいても

「ディアドラが勝っても決して不思議ではない」

とまで、言ってくれる現地メディアもあったみたいだし

彼女は「愛すべき挑戦者」だったんだなと思う。

 

1年半以上にも及んだ「海外挑戦の旅路」も無事に終焉を迎えた。

コロナで満身創痍じゃなかったんじゃないだろうか?

色々大変だっただろうけど、ホントにお疲れ様でした。

まぁ妄想しちゃうと来週の「歴史的1戦」になりそうなジャパンカップ

にディアドラ姉さんもいてくれたらな、なんて思ってしまうんだけど。

 

スマイルカナ

 

 

 

 

【2020年11月15日・オーロカップ~東京競馬場】

 

何故か3年ぶりに動かしてみた。

 

ここをひそかに気にしていた方、大変お久しぶりです。

アメブロね・・・なんか、仕様がちょこまか変わってしまって

自分に合わないな、って感じで自然と3年もの間空白となりました。

まぁその期間も普通に競馬場へ赴き写真は撮影してましたよ。

 

ご存じの通り、今はコロナの影響で競馬場も入場制限がかかっております。

そんな中で10月から再び有観客競馬が再開され現在までに自分は

5回ほど当選しました。(※一般会員で7回申込んで5回です。何とも怖ろしい

当選率なのだろうか。有観客再開の初日と天皇賞・秋はダメでしたけど。

あと、三冠馬が誕生した秋華賞と菊花賞は仕事でした。)

 

無観客の時は大体家でゲームだったり、他の趣味に時間を費やしたり

競馬場以外の場所にお出かけしたり、何かと制限はあるものの

有意義に時間を過ごせていたので、これはこれで良かったのかも。

 

・・・さて、そんな空白期間を掘り起こしてもキリがないので、今日のお馬さん。

最近のお気に入りのカナちゃんですよ。何ともおてんばで愛くるしい。

今日はリステッド(この3年の間にリステッド競走もできたんだよねw)の

オーロカップ。ちょっと距離が短い感じがしたんだよね。

道中も掛かり気味だった、そんな中で直線で沈まないで2着に粘れてるから

この娘、かなりやりおる。斤量差はあるとはいえ型にハマれば古馬ともやり合える。

 

うん、でもできれば中山のターコイズステークス辺りを目標にしとけば良かったんじゃないかな?

 

 

 

オジュウチョウサン

 

【2017年10月15日・第19回東京ハイジャンプ~東京競馬場】

 

エディタ変わってて、更新がしんどいわw

まぁ忙しいこともあったのですが(^^;

 

さて、お久しぶりでございます。

今になって先月の写真なのですが

この日はGⅠの裏開催の府中とは言え実に熱いレースだったので。

 

 

大逃げで押し切ろうと奇襲戦法に出たタマモプラネットを

オジュウチョウサンが直線、最終障害を飛越してからあっさりと

交わし大差をつけて圧勝、拍手喝采。

 

秋華賞の裏の府中ってひっそり伝説レースが発生するなと思ったのです。

このJGⅡは障害とは言え「伝説のGⅡ」でいいんじゃないかな?

 

キタサンブラック

 

 

 

 

 

 

【2017年4月30日・第155回天皇賞(春)~京都競馬場】

 

しれっと再開、ご無沙汰しておりました。

投稿してない期間中も普通に遠征など

しておりましたので。

様式が変わったりとかで、投稿するのが

億劫になってきた、というのも事実ではあって(^^;

 

ただ、まぁアーカイブずら~っと見てるとわかると思うんですが

このブログ、2009年から始めてるんですよね。

それならば続けられるうちは少しでも続けましょう

と自分に念を押して一念発起。

 

 

4月の天皇賞(春)、やはり本命はこのキタサンブラック。

距離適正云々はともかくこの馬の強靭なスタミナは

他の馬を圧倒していた。キタサンブラックじゃなければ

できない勝ち方だった。

とにかく、この馬が勝ったレースの後は

「いやぁ、ホントにいいレースを観た、遠征して良かった」

と、思えるのだ。

 

モーリス


モーリス19

モーリス20

モーリス21

モーリス22


【2016年10月30日・第154回天皇賞(秋)~東京競馬場】


多少よれてたから東京の2000mはギリギリな感じだったのかもしれないけど

香港での実績考えたら完全な横綱相撲だった。


ちょうどよれて外に向かって走ってきたから

間近を横切った感じだけど、何となくアイルランドトロフィー

のエイシンヒカリみたいなことしようとしてるなw


ビワタケヒデ


ビワタケヒデ5

ビワタケヒデ6

ビワタケヒデ7

ビワタケヒデ8


【2016年9月8日・スガタ牧場】


3年ぶりの再会となるタケヒデ。

眼球を失ってる姿はホントに衝撃だったけど

今でも相変わらず展示されると青草をむしゃむしゃ

食べていた。不便は不幸ではないのだ。


そんな元気なタケヒデに和みスガタ牧場を跡にする。


フラワーパーク


フラワーパーク1

フラワーパーク2


フラワーパーク3

フラワーパーク4


【2016年9月8日・スガタ牧場】


日西牧場を跡にして続いてスガタ牧場。

去年は見学受け付けてなかったのだが

今年は3日前に連絡を取って了解を得る。


エイシンワシントンとの激闘、もう20年経つんだな。


ビワハヤヒデ






【2016年9月8日・日西牧場】


今年も恒例の北海道牧場めぐり。

初日の8日は関東に台風が接近する事情があって

本来8日の朝の便だったところを

前日の21時の便に変更してのスタートとなった。

最初の目的地は日西牧場。

午前の見学時間の始まりからのビワハヤヒデ。


ニッポーテイオー

 

 

【2014年9月22日・うらかわ優駿ビレッジAERU】

 

お別れ・・・

 

友達だったダイユウサクが旅立ってから落ち込んで

元気がなかった日々もあったようだけど

それでも、一緒にいるヒシマサルやウイニングチケットと共に

元気に過ごしていた。

 

去年、AERUで昼食を摂ってそのまま放牧場に寄らないで

次の目的地に向かってしまったことを少し悔やむ。

昭和の灯は消えていく、だから語り継ぎたい。

 

マイルだったら譲れない、ニッポーテイオー安らかに・・・

 

 

 

オジュウチョウサン

オジュウチョウサン5


オジュウチョウサン6


オジュウチョウサン7


オジュウチョウサン8




【2016年6月25日・第18回東京ジャンプステークス~東京競馬場】


アメブロいつの間にか仕様が変わって
写真up後に表記されるのがタグになってて
改行する手間がかかってるんですけど・・・

とうわけで馴れないながらも、貫禄勝ちのオジュウチョウサン。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>