シンガーソングライターMICOの『MICOブロ』

シンガーソングライターMICOの『MICOブロ』

都内ライブハウスを中心に活動するシンガーソングライターのMICOです!
のんびりしています!
美味しいものを食べる事が大好きです!
猫好きです!
宜しくお願いします(`・ω・´)


ワンマンからもう1週間も過ぎましたね。

まずは、改めてMICO BDワンマンライブ

「Living Room vol.5〜遺書〜」に足を運んで頂きありがとうございました!



コンディションはちょっとダメでしたが、でも凄く思い出に残るLIVEになったほっこり

バンドメンバー、スタッフさん、そして来てくれた皆さんと、お婆ちゃんからの御下がりの服のお陰で乗り切れた。


本当にありがとう(泣




今だから言える事が沢山…笑

もー本当に大変だったんだよー笑い泣き




ワンマン、親からは止められていたんだ。

勿論他のLIVEも。


LIVEあった日は本番前ギリギリまで泣いたり、気持ち悪くなったり、視界がチカチカしたり、耳鳴りがしたり…。

薬も何十種類もあって、いくつか強いものもあったから副作用もしんどくて。

暫くLIVEへはパパも一緒について来てくれたんだけど、もうずっとパパの傍にいないと厳しい状態でした。


肌も一気に荒れて、どんどんボロボロになりました。




こんな感じで顔や背中、胸元にも出来ちゃって。

顔はヒリヒリしちゃうから今まで使っていたものは使えないし、化粧も本当に辛かった…泣



限界がきちゃうと、一気に崩れていっちゃうよね。
ほんで真っ暗なところへ落ちていっちゃうの。
みんな自分以外は敵に見えちゃって。
疑心暗鬼ってやつですね。


ワンマンのタイトルを決めた時、最後でもいいのかなって思った。
元々音楽は26歳までって決めていたしね。
だからそこにMICOを置いてきてしまおうと。
音楽でも私はダメなんやと。
少し音楽に夢をみすぎていたんやと。


だけど、自分の想像以上に音楽で紡いできたものはとても大切なもので、みなさんの存在もとても大きくて、どうしても手放したくない場所で。

好きなんだ、シンプルに。
この場所も、みんなも。
そして、みんなの中にMICOがいてくれる事も嬉しいし、一緒に創り上げていくあの空間も愛おしい。


だから、今回のワンマンではステージに置いてきた。
MICOと言うよりも、私自身の一部を。

今まで私はすぐ手放したり、自ら壊したり、逃げてきちゃうこと多かったけど…。

みんなが思うよりも、私はみんなから凄く力をもらっているんですよ、本当にほっこり
それはアーティストとしてもそうだし、1人の人間としても。


これからも、沢山成長していくんやと思う。
まだまだ乗り越えていかないといけない壁もあるけど。
きっと大丈夫。




今は肌も回復してきて、心身共に安定しているよ!
元気です!
もう次のワンマンの事を考えています。笑


その前に、12月15日の2マンだね!
きっとその日も凄く、素敵な空間になると思うほっこり





【綺麗事なんて言わないでよ

目に見えないものは信じれないよ

それでもたった一言君が言うから

“君のままでいいんだよ”と

だから何度も立ち上がるんだ

だから何度も歩き出すんだ】



新曲、お披露目出来るように頑張ります!