人は本来、意欲に満ち溢れている存在です。この世に生まれたときからやる気満々なのです。

 

 ところが、育つ過程で「あれはダメ、違うでしょ、こうしなさい」などと言われ続け、もともと持っていたやる気をくじかれてゆきます。

 

 さて、子どもが何かにチャレンジしてるとき、大人は一生懸命応援することでしょう。そして上手くできたとき、惜しみなく褒めてあげたりします。 

 しかし、上手くできなかったときどう反応していますか?

 

 もうすぐ2歳のKちゃんは、お着替えが大好き。今日もお昼寝から起きると自分で着替え、前後が逆のオムツの上にこれまた前後が逆にズボンをはきます。

 シャツは少し難しく、遠山の金さんのようになりました。

 

 「ん?」と、何かが違うことに気づいて、Kちゃんは私(園長)に助けを求めてきました。

 私は「Kちゃんよくできたねえ」と彼女を讃えながら、シャツだけ直してあげました。

 

 オムツとズボンを直さなかった理由は、『彼女にとっての完璧』だからです。

 

 完璧とは、何も目的のカタチをを達成した結果ばかりではありません。

 特に、できることの少ない子どもにとっては『自分が感じる達成感』がとても重要になります。

 

 【達成感】は、人を大きく勇気づけてくれます。反対に、できてないところばかりを指摘されていると、子どもは、永遠に【達成感】を味わうことができません。

 

 もし、あなたが我が子を励ましたいのなら、「ガンバレ」と言ったり、褒めちぎったりする必要はありません。

 達成感を味わう体験をさせてあげればよいのです。

 遠山の金さん状態を、肯定してあげればよいのです。

 

 育児は育自と言います。

 大人の基準を押し付けて、間違いを指摘するのではなく、子どもの世界観に立ってみると、あっさり一件落着するものです。