テニスのルールを知ろう、愛は無

テニスを観戦している時に解りにくいのはポイントの数え方です。

 

ラブ、フィフティーン、サーティー、フォーティーとコールされるポイントは、ラブというゼロを表す言葉と古代バビロニアから伝承されたヨーロッパ独自の60進法という記数法から来ています。

ラブという言葉は、アラビア数字の「0」が卵型をしており、フランス語の卵型がラフという発音をするという説がありますが、実際は「何でも無い」という意味の「Nether for love nor for money:愛のためでも金のためでもない」に由来しています

 

15,30,40は時計

ラブ、フィフティーン、サーティー、フォーティーは60進法の時計から由来したものと考えられています。

 

それぞれ、0分、15分、30分、45分(45分は5分が省略されて言いやすい40分に)で、長針は一回りすればゲーム終了なのです(1ゲームは4ポイントを先に取ればいいのです)。このようにして、6ゲームを取ると1セット終了です。

この数え方にも60進法が生き残っています。

 

試合は男子が5セット、女子が3セットで、それぞれ3セット、2セット先取すれば勝負が決まります。

 

サービスは召使?

サーブはサービスともいい、古代のテニスはサーバント(召使)が最初のボールを投げ入れたという説がありますが定かではありません。テニスが始まった頃の最初の1球目は召使が2階から投げ込んだという説ですが、そう考えると最初の1球目は本当に相手には打ってくださいというサービス行為になるのであながち正しい説なのかもしれません。

 

しかし、現代テニスではサービスは相手に与えるサービス行為ではなくまさに攻撃です。錦織圭選手やマリン・チリッチのサービスは攻撃そのものでした。

 

 

ミオ・ファティリティ・クリニック WEBサイト

http://www.mfc.or.jp

ミオ・ファティリティ・クリニックフェイスブックページ

https://www.facebook.com/miofertilityclinic/?fref=ts