今回は勉強ができる人の "特徴" と、その "矛盾" についてです。

勉強で結果が出せる人の"特徴"とは何でしょうか?

「暗記力」がある人でしょうか?
それとも、「計画力」ある人でしょうか??
はたまた、「実行力」がある人でしょうか?

私は長年の受験浪人生活(計6年 笑)の中で、受験勉強ができる人の"特徴"を見つけました。
その "特徴" を自分なりにアレンジして真似ることで結果が出せました。

その "特徴" とは、
「情報にあまり興味がない人」
です。

具体的には、
・テレビを見ない人
・時事問題、ニュースに興味がない人
です。

まずテレビを見ません。ニュースや時事での会話はあまりしません。
ITの進歩や、学問や世界の成り立ち、まして芸能や文化の話題なんてほとんど相手にされませんでした。

この "特徴" は良いことでしょうか?良くないことでしょうか?

確実に言えることは、
少なくとも、「暗記」「記号操作」「応用訓練」が "基本" となる、『勉強』という活動では、外の情報を必要以上に取らずに、「勉強のみに集中している」ことがキーになるということです。

集中力を保ち、記憶に残りやすい、情報環境に居る、ということです。

それが勉強ができる人の "特徴" だと気づいたのです。

[以前の記事] にも書きましたが、最近の情報環境はスマートフォンでのテクストメッセージング、ネットニュースでの瞬時の情報取得によって、膨大な量の情報が瞬時に入る情報過多の環境になっています。

幅広い好奇心や興味がある人、外へ興味が向いてしまう人は、ついつい時事情報やネットワークテクノロジーに翻弄され、"昔ながらの" 「記号操作テスト」のために必要な「勉強時間」や「記憶のリズム」を失ってしまいます。

しかし勉強ができる人は、あるいは成績が良い人は、情報を "遮断" しています。あるいは外のことや他人への興味がない。

ある種の「情報鎖国」状態を保っているのです。

私は、受験勉強中にこの情報鎖国性に気付き、情報をコントロールすることにしました。

勉強への「集中度を上げ」、「復習をシステム化」することで、短期間のうちに勉強での結果を取り戻すことができました。

つまり、
・情報コントロール
・集中度のUP
・復習のシステム化

で意図的に、情報環境への好奇心を抑え込み、勉強という評価の方法にに自分を集中し、適応させてしまったのです。
それで結果が出ました。


しかし、矛盾が

この "適応" にはおおきな矛盾がつきまといます。

私が "情報鎖国" をしているその間、IT技術はさらなる進歩を遂げ、Twitterが出てきたり、ガラケーからスマホになったりしました。勉強ができてもIT環境の「変化」を "知らない" 状態になりました。(今は追いついていますが。)

これは良いことでしょうか?

また、社会的には「未履修問題」が大きく報道されました。
本来履修するはずの科目(=情報)を削ってまで、大学に合格することを至上目的とすることが問題になりました。(結局、うやむやになりましたが。)

そこにも同じ矛盾があります。
早く行きたい大学に入って経験して活躍することが良いのか、
未履修だった科目 (の情報…) を "頭に詰め込む" 方が大事なのか。

評価は分かれるはずです。

「勉強ができること」と「生きる力を身につけること」が "矛盾" しているのです。

そして、そのキーファクターとなるのが、「情報環境」なのです。

私たちはこの情報過多の中で、好奇心を押さえ込み、集中度を保ち、記憶を小さい範囲にまとめこむ、「試験」を突破しなければ、社会的に評価されないという矛盾を抱えているのです。

基礎学力は効率化して勉強をスピーディーに終わらせたらいいのではないか?

効率的に基礎学力を付けて、残った時間をその他の活動に費やせば全体としてバランスが取れるのではないでしょうか?

教育費に付ついても、多額の教育費(トータルで数千万単位)をかけてまで、「情報遮断」→「テスト」をすることがその後の人生のためになるでしょうか?それとも、そのお金を別の活動に掛けた方が社会を生き抜く力が付くのではないか?

おそらく、答えはないと思います。

一方では、目上の人の話を黙ったまま、座って聴き、文章を読み、覚えたことを応用し、丁寧に手書きで答える古典的な学習も必要ですし、

また一方では、膨大な情報を瞬時に理解し、まとめ、他者とやり取りし、自分が価値のあるものを創ってしまう、という学習も必要なはずです。

**************************************

これらのアプリはこの問題への私なりの一つの "解答" として作ってみました。


「スマホの前に」集中!
$~勉強の極意~ "アプリアシスト型" 勉強法データベース

App Store:「スマホの前に集中できる!」タイマー ネットは後で!

エビングハウスの忘却曲線を利用して、復習管理!グラフで図示。

App Store: [京大生が作った] 4日復習ノート

センター試験に特化したタイマーアプリ:
$~勉強の極意~ "アプリアシスト型" 勉強法データベース

App Store: センター試験専用タイマー
今回も以前紹介した復習法の実践例です。

英語資格試験においても、実は「復習」を再考することで、思わぬ改善や向上が得られるかもしれません。(※本ブログは「何々メソッド」という、それ以外を許さないような方法論ではなく、あくまで参考や気付きなれたら、というスタンスで書いています。)

英語資格試験というのは、具体的に TOEIC, TOEFL のことです。

昨今の英語資格ブームのために、スコアが上がらないことでお悩みの方も多いことと思います。


学習指導要領の旧課程を受けた私は、センター試験初回受験には「英語リスニング」の科目はありませんでした。

それでも、複数回大学受験を受ける中で(どうせこれから必要になるだろう、とも思い、)英語の「リスニング」についても、この復習方法を適用して、効果が出るか実験してみました。




結果は、センター試験のリスニングと同じ方法で勉強し、TOIECに取り組む前に身に付けた「センター試験のリスニング」の力が活かせたこともあり、最初の TOEIC で700、その後三回で 835 となりました。

それ以後はTOEFLを受けたりして続けてはいませんが、英語ニュースの8割以上は聞き取れるようになりました。

「復習を管理」して、「達成度」別に「繰り返し」学習したことが効果があったと思います。
「聞きっぱなし」にしない勉強を心がけることで効果があったと考えています。

具体的に、「センター試験リスニング」では、前記事の物理問題集と同様にチェックをし、

①. 大体聞き取れる、
②. 解説を読んで、聞き取れ理解できる
③. 解説無しで聞き取れ、二回目にはすべて理解できる
④. 一回目から聞き取れ、理解できる

などと、「達成度目標」を設定して、"4日の"復習管理をしていました。
センター試験リスニングでは、(少なくともそのころは)二回音声が流れるので一回きりのTOEICの良い練習になるかもしれません。

「センターリスニング」をきちんとやっておくと、後のTOEICにも応用可能、ということは主張しておきたいです。




センターリスニングでの復習方法は、TOEICの勉強でも活かせ、同様の復習管理をすることで、夏休み等の短期間の内だけで勉強を圧縮して仕上げていきました。

読んだり、解法を覚えたりする「記号操作」だけでなく、「リスニング」という「知覚スキル」にも、「繰り返し」と「達成度目標」で復習のリズムを取れば、効果が現れるのです。

よくリスニングをするときに、一通り聞くだけで済ませてしまう「聴きっぱなし」になることが多いのですが、意識的に「聞き取れない語」や、「聴き取れないスピード」を区別することが大切だと思います。

その語を逃さずに聞き取り、スピードにも対応して理解できるようにする、精読ならぬ「精聴」がおろそかにされがちです。

昨今の情報過多で、"テキト~"に情報を扱いやすくなっているのが人間の性ですが、能力を自分の知覚スキルとするためには、「丁寧な情報理解」と「繰り返し」が必要なのだと、私自身、今でも考えさせれています。


ここで使用した本は、センター試験リスニングに関しては、初級、中級レベルの問題と解説型の問題集として、TOEICに関しては、上級レベルの単語帳として利用しました。):
灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 (基礎編) (英語の超人になる!アルク学参.../アルク

¥1,470
Amazon.co.jp

灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則 (実践編) (英語の超人になる!アルク学参.../アルク

¥1,470
Amazon.co.jp

上級者へのTOEIC Test英単語―差がつく1,000語で900点突破!/Z会

¥1,995
Amazon.co.jp

(「英作文」も復習を徹底して、例文をスラスラ口ずさめるレベルに「スピード化」しました。これは京大英作文の場合ですが、別の機会に書きます。)

「リスニング」という知覚スキルにも、身体的に「モノにする」ことが必要です。
「何となく」聞き流していても、理解力は上がりません。

多くの素材を聴くことも、あるレベルからは重要なことだと思いますが、要点が分からないような段階では、同じ素材を繰り返し聞く、精聴ことで改善が図れることがあるでしょう。

現在、この「4日復習法」はアプリになっています。
「勉強がめんどくさい」のは、私だけではないと思い、「大雑把さ」に対応した復習項目のデータ管理を、「すっぽかし対応」機能とともに私が無料で提供しています。
「すっぽかし」をすると、日付は自動更新されます。

☆復習のリズムを守る、復習管理アプリ。 テキストの傍用チェックノートとして。:

$MY iPhone アプリ  :     MY iPhone Apps

App Store: [京大生が作った] 4日復習ノート




その他使用したことのある、「受験英語から英語資格試験につなげる」系統の本:
受験英語からのTOEIC Test―新テスト対応版/Z会

¥1,995
Amazon.co.jp

英単語4000受験英語からのTOEFL Test/Z会

¥2,520
Amazon.co.jp
大学受験の時に、"めんどくさがり" の私が、実際に行って効果があった(と自分なりに考えている)復習管理の方法を公開します。
(※ 復習の方法の"一例"としてご覧下さい。)

下の写真です。



以前の記事:なぜ復習を4回に分け、連日こなすと続くのか? で紹介したように、達成度を4段階に分けて、ある期間、なるべく連日、復習をしています。
厳密には4日連続ではないですが、復習管理をしている画像です。上の画像の鉛筆書きの部分です。

これは、物理の標準的なレベルの問題集で、復習システムを使った問題集管理を行っています。

画像では、一日目は10月8日に学習したけれど、あまりにテキトーだったので、3日後の10月11日にきちんとやり直し、そこで達成度1を付けています。

翌日、達成度2の復習をし、一日空いたので、10月14日にも達成度2の復習をし、15日にようやく達成度3をつけています。

そして、最後の復習から数ヶ月おいて、大学入試(二次試験)直前の2月10日に総復習をかねて見直しの復習をしています。

画像中には書いていませんがこれが、4段階目です。
本来は総復習するまでに4段階まで達成してスピード化までしておくのが理想ですが、私は"めんどくさがり"なのでこのように大雑把です。



それでも連日復習をすると効果は絶大でした。
これは物理の標準レベル問題集ですが、これをみっちり復習することで、東大物理の応用問題も解けるようになりました。(※ 別に演習も必要です。演習もこの復習で意識して記憶に残しました。)

復習すると、記憶の再現スピードとともに、正確さも上昇するので、応用するときの知識や、応用するときの時間的・心理的余裕も増大します。それまでの「一夜漬け」とは全く比にならない記憶力、応用力が付きました。これまで「やりっぱなし」で失っていた記憶を、強固な記憶として試験本番までストックすることができたのです。直前の総復習でも、これ以外の復習ストックを含めて、短時間で見直すことにより、さらなる記憶の増強ができ、自信を持って本番に臨めました。

このように、問題集の余白に日付と達成度をチェックしておくだけで、4段階の復習を適用し、連日行うことで記憶に残すシステムが出来上がります。

「大雑把」でも、「テキトー」でも構いません。全く復習しないと残りません。大雑把でもテキトーでも「繰り返し」は効きます。

大雑把ではありますが、いや、大雑把であるからこそ続けられる、そんな例として上の画像にしました。
(※ きちんと四日連続で一通りの復習を終えている記録もあります。)

このような(別の方法でも構いませんが)復習チェックを習慣にしておくと、復習の計画をその都度特別に考える必要はなくなり、ただ日付と達成度をメモしておくだけで済みます。

****************************
使用した問題集:
名問の森物理 (電磁気・熱・原子) (河合塾SERIES)/河合出版

¥1,050
Amazon.co.jp
****************************
ちなみに、達成度の数字の上にある「カ」というのは、学習の「形態」のメモです。

後日丁寧に書きますが、すべての問題を解き直すのに、紙と鉛筆ですべてを「書き直し」していると、膨大な時間と労力を消費し、他の勉強ができなくなります。
なにより、めんどくさいし、退屈だし、疲れます…。

そこで、暗記カードの様に、問題を読んだら、答えを見ずに、"頭の中で"解法を順序立てて再現します。なるべく丁寧さを心がけます。手を動かしたりしてイメージすることもあるでしょう。

人間は、書かなくても視覚イメージがある程度できるし、黙っていても頭の中で音声を再生することができます。

そしてそのスピードはリアルよりも速いし、疲れも少ないです。

これを利用します。

この復習の方法が、暗記カードで学習しているときに近いので、"カード型"と(私なりに勝手に)名付け、その頭文字であるカタカナの「カ」をとってメモしていました。

時間がある時や、正確にチェックしたい時は「書く」復習をするので、ひらがなの「か」をメモしていました。

☆ 後から復習記録を振り返ると、きちんと「書いて」復習したのか、頭の中で「カード型復習」をしたのか一目瞭然です。それに応じて以後の学習の方法や強度を対応させることができます。

…私はめんどくさがりなので、カタカナの「カ」ばかり並んでいますが…

**************************

ともあれ、復習のシステムに記憶の管理を任せ一回一回の学習は「カ」で済むようなラクなものにして達成感の脳内物質で気分を上昇させながらゲームのように楽しく勉強を続けることができます。この復習管理法により、記憶の管理と気分の上昇、やる気の持続が可能になります。

"トータル"で負荷と時間を削減し、"トータル"で記憶の質を向上し、続けるための気分の上昇も見込める方法です。

"根性”では記憶に残らないから、復習に分散させる、
”めんどくさい"からこそ、復習システムに任せる。
自分は今やることだけ、やればよい。
続ければ良い。
…このように考えると、長期戦の試験勉強では気が楽になるかもしれません。

(※ 達成度や、難易度はぜひご自分用にカスタマイズして下さい。)

**************************************

今回、この「4日復習法」をアプリにしました。
「勉強がめんどくさい」のは、私だけではないと思い、「大雑把さ」に対応した復習管理を再現するために、「すっぽかし」対応機能をつけました。
「すっぽかし」をしても、日付は自動更新されます。
丸一日使用されなかった翌日に、通知で「すっぽかし」たことだけをお知らせします。
無料です。


☆復習のリズムを守る、復習管理アプリ。 テキストの傍用チェックノートとして。:
$MY iPhone アプリ  :     MY iPhone Apps

App Store: [京大生が作った] 4日復習ノート