次元が違って見える時何が起きている? | 【ありかた】に帰ると世界が変わる 

【ありかた】に帰ると世界が変わる 

僕らが生きている「今」は、未来の人たちから借りている


テーマ:

前提を変えるってなると

 

すごいそれって

なんか一瞬にして

 

できちゃうことなのかなと

思ったんですよね

 

 

その時の閃きで
さとっちと会話していきます。

 

ブログランキングに参加しています。

下の2つのバーナーをクリックして

いただけると大変嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

m(_ _)m

 


哲学・思想ランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

 

おはようございます

 

おはようございます

 

 

昨日の続きを受けてさとっちから

質問があるということなんで

 

お聴きしたい思います

 

 

昨日のボクシングの

話題なんですけども

 

次元が違うっていうことを

考えた時に

 

どっか違うところに

たどり着くっていう

 

イメージがあったんだけど

前提を変えるってなると

 

すごいそれって

なんか一瞬にして

 

できちゃうことなのかなと

思ったんですよね

 

その辺のことを

聞きたいなと、、、

 

 

前提を変えるって

いうことは

 

意志を宣言するって

ことですね

 

 

井上尚弥選手もそれに近いことを

やっているってことかな

 

 

それは僕の見立てなので

何とも言えないですけど

 

周りから見る以上に

本人がしっかりと

 

宣言してると思います

 

 

宣言でなくても何か

定義づけているということかな

 

 

そうだね

例えば、プロ野球では

 

イチロー選手とか大谷選手は

小さい頃以に「こうだ!!」と

 

書いてるものが

残っていたりするんですよね

 

宣言というのは、その時点で

自分で決めてるって言う事ですから

 

決めたことに対して最終的に

結果としてはそうなるってことですね

 

結果としてなるっていうよりは

その時点でなっているんですよね

 

本人の中ではね

 

結局は周りが評価する

領域じゃないので

 

ご本人しか分かんないので

僕も見立て言っている

だけなんですけど

 

そういう世界があるっていうのは

僕は感じてます

 

 

そうか宣言した時に

なってしまっている

 

もう一流のプロ野球選手に

なるって決めたら

 

もう小学生だろうがなって

生きているということだね

 

 

そうだね

形に周りが囚われるけど

 

中身がなってれば

なってるんですね

 

それを宣言とか決めるって

いう事だと思います

 

 

なった自分をどこまで

自分で演じられるかとか

 

信じきれるか

とかいうこともあるかなと、、、

 

 

そうだね〜

それはできてないっていう

前提の人がそういうようなことを

 

考えるので「できてるできてない」

ってのは超えてるんですよね

 

それが次元が違うって

ことですね

 

その人たちが結果を出してるん

じゃないかなと思います

 

 

はいありがとうございます

 

 

 

 

 

選ばれるリーダー塾5周年記念イベント第5弾

 

8月3日札幌開催

「潜在意識を扱う力」

 

「空想は知識より重要である。
 知識には限界がある。
 想像力は世界を包み込む」


アインシュタインの言葉です。


想像力とは、私たちの持つ強力な
能力の一つであることは
潜在意識を学んでいる方は
ご存知のことと思います。

自分の人生を「想像」する力が
潜在意識を動かし
現実のものとなる。


「潜在意識を扱う力」は


何者かになるために
努力したり
頑張ったり
どこからかメッセージをもらったり

することとは別の視点から
お伝えします。


水のように流れ出る力を持つこと
それが潜在意識を扱う力です。

その力をあなたの人生に
取り入れることは可能です。

「想像」ではなく「創造」する
イマジネーションではなく
クリエイションする「力」を
扱います。

何かを「受け取る」のではなく
「生み出す」力をつける。

それが、潜在意識を扱う力です。

 

潜在意識を扱う力 紹介動画(13分)を見る

 

潜在意識を扱う力 詳細&お申込はこちらから
 

 

 

デジタルメディテーション

ワークショップ開催予定

 

5月21日18時30分   札幌 お申込みはこちら

5月22日18時30分   倶知安お申込みはこちら

6月13日14時    札幌 お申込みはこちら

6月29日14時    札幌 お申込みはこちら

7月6日14時      旭川 お申込みはこちら

 

 

詳細こちらから

3ケ月後に飛躍するデジタルメディテーションワークショプとは

 

 

 

 

言葉にする力 札幌初開催

4月20日土曜日札幌エルプラザにて、「言葉にする力」を開催しました。

東京で開催して大好評だった「言葉にする力」

 

今回は女性4名の参加となり、深い気づきと発見のワークショップでした。

自分がどんな思考をしているのかを紐解いていくこの時間。

 

選ばれるリーダー塾主宰菅野康幸のこれまでが凝縮されたワークショップです。

気づきとはどういう風にやってくるのか。

 

そこに再現性をもたせることを探求してきた結果、この形になりました。

参加者と一緒に創る「気づき」

 

シェアすることの素晴らしさを改めて感じました。

一緒に参加している人の言葉が、自分の気づきや発見の糸口になります。

 

そして、ワークショップが終わる頃には、会場の中に繋がっているという安心感と

活力が充満していました。

 

このワークショップは、毎月開催することを予定しています。

自分への信頼は、自分の本質を知ることから始まります。

 

自分の本質を知って生きる素晴らしさ。

言葉にする力は、あなたの人生に豊かさの花を咲かせます。

 

 

言葉にする力は、どんなワークショップなのか?【動画8分】

 

紹介動画 ①を見る 

紹介動画 ②を見る

紹介動画 ③を見る

 

 

受講者の感想

受講者の感想

T・Yさん

自分が普段ダメでできないなと思っていることが、やはり自分の生きる活力だったんだなと

確信しました。

シェアすることが苦手な内容もありましたが、それが人のためになるのであれば

シェアしたいと思いましたが、そんなに嫌じゃない自分を発見できました。


 

K・Sさん

次元上昇・次元下降について改めて自分の思いを確認できました。

最近、人に対する気疲れが気になったりしていたけど、

 

私の基本には、自分にしてほしいことが根底にあって、

行動・言動しているのだと気づくことができました。

 

今後はそれを自分が疲れない程度に気遣いや心配をしていきたいと思いました。

 

U・Sさん

人生をよりよく生きることは、言葉にして決める。そして歩んでいくことなんだなと

思いました。

 

K・Sさん

ライフワークという大事なものを言葉にする時間は楽しかったです。

2回目でしたが、深い発見がありました。さらに人生が楽しく充実したものに

なると確信します。

 

次回開催は

6月8日13時30分

お申込みはこちら

 

開催日程など詳細はこちらから

「言葉にする力」公式サイト