祝10年振り16回目、夏の甲子園出場を果たした佐賀商業高校野球部の皆さん、おめでとうございますクラッカー

 

6月から始めたメンタルトレーニング。

突貫工事のような急ぎに急いだトレーニングでしたが、皆さんの成長は目を見張るほどでした。

 

特に『言葉の威力』のレッスンでは、炎 燃える集団 炎 に大きく変化しましたね。

 

また、イメージトレーニングのレッスンでは、イメージングのコツを多くの選手たちが習得して

「これだ!きっと、こうなる!!

という想いが、教室中に溢れました。

 

みなさんの甲子園でのご活躍を、祈っています。

 

メンタルトレーナー 深川英伸

 

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

 

秋の四国大会でセンバツを逃し悔しさでいっぱいだったが、このメンタルトレーニングをやると聞き、最初の深川さんの講演を聞いて、「これなら甲子園に行けるんじゃないか」と期待をもってメンタルトレーニングを始めた。

 

毎日、毎日、目標達成に向けてチャレンジしていった。

僕は達成するのが当たり前だと思っていたから、毎日欠かさず達成し続けた。

でも3週目くらいまで、達成者が少なく、これじゃダメだと思い、みんなに呼びかけた。

みんなも僕の呼びかけに応えてくれて、朝5時に起きてバットを振ったり、昼休みのちょっとの時間でも振ったり、みんな必死でやってくれた。

「こんなに練習してるやつ、他にいないだろう。」本気でそう思えるくらいやった。

 

トレーニング面以外でも生活面の目標にもチャレンジした。

A君は全然キレなくなったし、寮のスリッパもキレイに揃うようになった。

朝起きたら「おはよう」と言い合うようになった。

色々な面で、今までは無かったようなことがいっぱい起きるようになった。

これは、全部奇跡だと思う。

このメンタルトレーニングをやらなかったら、絶対になかった。

春の大会は結果が出なくて悔しかったけど、僕たちがやったことは、野球の神様が絶対に見てくれていると思う。

最後の最後に、絶対微笑んでくれると思う。

 

甲子園に行くとどんな良い事が起こるのかを、深川さんに教えてもらった。

ニヤケが止まらないくらいワクワクした。

本気でそこに行こうと思った。

今では「行ける」としか思わなくなった。

みんなも一緒だと思う。

 

自分たちの殻を破ってくれて、本気にさせてくれた深川さんには、本当に感謝している。

夏まで残り少ない期間も大切にして、自分たちのに向かって頑張る。

 

(愛媛県立小松高校 野球部 播田君)

 

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

 

 

前向きに捉える事が増えた

私は2年間メンタルトレーニングを受講して、気持ちの面でかなり変われたと思います。

1年生の頃は出来ない事があると「何でできないんだろう」とか「もう無理だ」などと自分の中で否定的になってしまって、何度か逃げ出してしまうような行動もとってしまいました。

しかしメンタルトレーニングを受け、前向きな言葉を聞いているうちに、たとえマイナスに考える自分がいたとしても「ダメ、ダメ」と言い聞かせて前向きに考えていくことが増えました。

そして出来ない事に対しては(どうして出来ないんだろう?)と思うのではなく、自分の中ですごく悔しいと思うようになり、(どうしたら出来るんだろう?)と原因を考えるようになりました。

原因が見つかったらすぐに『勝利の7day’s』に書き出して、習慣付けるということが当たり前のようになり、できるプレーがどんどん増えていきました。

 

生活面

前までは「これやって」「あれやって」などと言われないと気付かなくて、手伝いの事で母と何度かケンカになったことがありました。

しかし『勝利の7day’s』でお弁当箱洗いやお風呂洗いをしているうちに、母の大変さをだんだん考えるようになり、母が疲れているなぁと感じて、楽にさせてあげたいという気持ちから自然と手伝うようになりました。

 

良いイメージをする力

今回のレッスンで一番効果があると思ったのはシュミレーションパフォーマンス(イメージトレーニング)です。

A高校との練習試合の時に自分の中で良いイメージを持って試合する事ができ、良い出だしで試合する事ができました。

前は受け身になってしまうことが多かったのですが、その時は自分からツーを入れて攻撃をしたり、レシーブでは受け身にならずどんなボールでも拾おうと向かって行く事ができました。

これからもイメージトレーニングをやり続けて大会では自分の力を最大限に発揮したいです。

(名古屋商業高校バレーボール部  坪田さん)

 

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

僕は60日間メンタルトレーニングを受講して継続するという力が身につきました

 

野球そのお陰で制球力がとても上がりました。

僕は受講前はイップスに悩んでいました

でも、今はイップスが治ってとても野球が楽しいです

前までは腕が縮こまっていて全然だめだったけど、今は送球やピッチングが安定していて、、コントロールも良くなり、このメンタルトレーニングをちゃんとやってきて良かったなと思いました。

 

学校勉強の習慣がつき、テストで高得点をとることができて嬉しかったです。

将来のためには野球だけでは無理だと思うのでしっかり勉強し、資格など取れるようにします。

 

生活面ではゴミを拾うという目標で、それが習慣になって気付いたらゴミを拾えていたので、とても周りが見えるようになったと思います。

 

このメンタルトレーニングを通して人として成長する事ができたので、とても良かったです。

 

(関西高校野球部 森井君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

 

 

「60日間メンタルトレーニング」を受講して考え方がプラス思考、前向きになりました。

Lesson6で「言葉は食べ物だ」と知り、いろんな前向き、肯定的な言葉を取り入れてきました。

そうすると考え方が変わって、きつくてしんどいと思っていた練習も「勝つ為だびっくりまーく」と思い、やる気がでて、意欲的に取り組めるようになりました。

弱音を吐かなくなり、考え方が前向きになったので、自分を追い込む練習でも逃げずに我慢して踏ん張ることができるようになりました。

野球筋力が上がり、足が速くなり、スイングスピードが速くなりました。

 

毎日すると決めた目標を継続して達成出来た時にはとてもやりがいを感じました。

またこの事を通して、習慣作りができるようになりました。

 

勉強勉強の習慣がつき、クラス順位が10位上がりUP、基礎製図検定と英検準2級に合格o(〃^▽^〃)oしました。

 

生活面が一番大変でした。

洗濯汚れたユニフォームを洗うのは大変で、今まではお母さんに任せっきりで、ずっとやってくれていることが当たり前だと思っていたけど、今回の取り組みで家事がどれだけ大変か知ることができました。

毎日家事で大変なお母さんの負担を減らす為に、これからも続けていきます。

 

(姫路工業高校 野球部 山本君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

60日間メンタルトレーニングを受講する前までの僕は、典型的なマイナス思考の人間でした。

「あいつは何でもできて羨ましいなぁ」urayamaとかそういうことばかり考えていました。

 

しかしこのトレーニングを通じ、そういう事は一切考えなくなりました。

自分の夢を鮮明にイメージし、それに向けて日々やるべき事を決め、それらを毎日続けるうちに、自分に勝つ習慣がつき徐々に自信を回復していきました。

 

トレーニング面の目標は最初「1日100スイング」だったのですが、最終的に「1日500スイング」まで増え、打球スピードが明らかに速くなりました。UP

 

勉強面では「1日英単語15個ずつ覚える」ことを実行し、模試の英語の学年順位が150位上がりました。UP

このように日々の努力が目に見える形で成果として表れた時は本当に嬉しかったし、達成感がありました。

 

『言葉の威力』のレッスンを受けてからチームメイトにプラスの言葉をかけるようになりました。

プラスの言葉はチームを鼓舞するだけでなく、自分を奮い立たせることにも繋がるので、キツイ冬の練習でも今は楽しみながら取り組むことができています。ほわり。

 

この60日間メンタルトレーニングを受講していなければ、おそらく自分に負け続け、自分のセルフ・イメージが良くなることはなかったと思います。

継続することの楽しさや大切さを学ぶことができました。

まだまだ夢の続きで色々な障害が待ち受けているかもしれませんが、目標から目を離すことなく、努力し続けます。腕。

 

(富田林高校 野球部 佐々木君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

60日間メンタルトレーニングのレッスンでは成功した人の話をたくさん教えてもらいます。

僕はプラスな考えをする事ができるようになりました。

 

自分自身の目標を決めて、毎日達成に向けてチャレンジしました。

野球面では毎日500スイング以上すると決めていましたが、最低でも1000回は振らないと気がすまなくなって、今では習慣になっています。

 

勉強面では毎日読書ができるようになり、家で野球ノートを書くことが習慣になりました。

 

生活面では「自立する」という目標を立ててやってきました。

弁当箱洗いやユニフォーム洗いなど、いつも母がやってくれていることを、できるだけ自分でやるようにしました。

母の気持ちがよくわかり、とてもエライことをしているのがわかって、あまり親に負担をかけないでおこうと思ったので、進んで手伝うことができ、良い習慣が身についてとても良かったと思います。

 

メントレを始める前までは『プロ野球選手になる』という夢だったけど、メントレを始めてから『一流のプロ野球選手になろう』と思いました。

これからも夢に向かって努力し続け一、流のプロ野球選手になれるようにします。o(^▽^)o

 

(伊香高校 硬式野球部 金谷君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

メンタルを鍛えるとプレーがすごく変わると思いました。

受講前は家にかえってからあまり自主トレしていませんでした。

家で野球のためにしていたのは、お風呂上がりの柔軟やストレッチ、あと携帯で高校野球やプロ野球を見たり、トレーニング方法を調べるくらいでした。

でも60日間メンタルトレーニングを始めてから練習終わりによく自主練するようになったし、家に帰ってからも、シャドウピッチングや素振り、チューブトレーニングをするようになりました。

最初の頃はあまり成果はでなかったけれど、(継続していくうちに)この秋の大会で、自分が変化したことを実感しました。

 

僕が投げたのは2回戦の阿波高校からでした。

阿波高校は中央ブロック大会で決勝まで残ったチームでした。

僕は先発でした。

その試合は、変化球は低めに決まるし、ストレートも走っていて2安打に抑え8対0で勝ちました。

その次の池田高校にも勝つことができ、僕はここまで安定したピッチングができるのは、目標設定をして毎日継続して自主トレーニングしてきたからだと思いました。

メンタル面でも試合前によく緊張していたけれど、秋の大会はあまりそういうことがありませんでした。

60日間メンタルトレーニングのお蔭で、自分はすごく変われたと思うし、イメージトレーニングや何事もプラスに考えていくことなど、たくさん教わってとても良かったと思います。

これからも「甲子園」という目標に向かって、毎日トレーニングをしっかりとしていきます。

 

(富岡西高校 野球部 浮橋君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

 

夏の大会で8打数4安打という結果を残すことができた。

その大きな要因の一つにメンタルトレーニングがあったと思う。

 

メンタルトレーニングで一番役に立ったのは、明確な目標設定と日々の行動計画と実践だ。

講師のアドバイスのもとに「夏の大会で3割バッターになる」という目標を立てた。

そして目標達成のために毎日家でする練習を決めた。

「毎日必ず素振り300本をして、毎週毎に50本ずつ増やす」という練習内容にして、毎日欠かさず日課のようにした。

 

数日間は血だらけになって、とても痛く、手を休めたい日もあった。(><;)

しかしそれをこらえて毎日素振りを続けていると、それが自信に変わった。o(〃^▽^〃)o

 

「これだけ素振りしたから、それで結果が出なかったら仕方がない」と思うようになって、夏の大会に臨むことができた。

心に余裕ができてきたからこそ、このような成績を収めることができたと確信している。

 

(帝塚山高校 野球部 濱野君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ

60日間メンタルトレーニングを受講して本当に良かった。

 

中でも目標設定して 毎日素振りを続けられた ことが一番僕にとって大きかったと感じている。

野球メントレを開始する前、全く打てなくて25打席連続ノーヒットという状態で、Bチームでも埋もれていたのに、素振りを続けた結果、夏の大会で背番号をもらって2つの試合に出る事ができた

 

心気持ちの持ち方もずいぶん変わった。

受講前は「エラーしたらどうしよう」「三振したらどうしよう」「打てる気がしない」とマイナスイメージで野球をしていたが、メントレでイメージトレーニングの方法を教えてもらってから、具体的な良いイメージを持って野球ができるようになってきた。

 

毎日ずっと聴いていたCDの話も非常に面白く、興味深いものだった。

実例を挙げてメンタルトレーニングについて説明してもらえたので信じることができたし、新しい発見もあった。

メントレをしていなかったら知らなかった世界に入る事ができて本当に良かった。

 

教えてもらった目標の立て方、イメージトレーニング等を継続してやっていくことでより大きな成果を得られるように頑張る。

 

(豊岡高校 野球部 山本君)

 

メンタルトレーニングのサクセスプラン研究所公式ホームページへ