東京藝術大学の副学長であり
作曲家の松下功先生が
9/16に急逝されました。


松下先生門下の親友から、
また私が松下先生と繋がりが深いことを知って下さっているピアノ科の角野教授からも、
すぐに連絡を頂き知ることが出来ました。



松下先生には、
私が芸大学部生の頃からそして卒業しても
ずっとお世話になっており、
度々演奏をご一緒したり、
つい先月だと、芸大の奏楽堂で松下先生の作曲された曲「このこと」をオーケストラ(チェレスタ)で演奏させて頂いていたりしました。



多くの方に慕われ、
多くのエネルギーをお持ちで、
音楽家として大尊敬していた松下先生。


突然で、言葉がありません。




松下先生はオリンピック2020のお仕事もされており、ちょうど「年末まで1日も休みがない」とメールにもお書きになられていて、お忙しくも毎日が充実しているご様子でしたのに。。

残念で残念で、、



松下先生の分まで、
毎日を丁寧に大切に過ごさないとと思います。


松下先生、
本当にありがとうございます。




写真を見るとつらいですが、
先生は天国でも音楽を続けていらっしゃると
確信しています。


心より
御冥福をお祈り申し上げます。