PCエンジンミニは… | 高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」Powered by Ameba

高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」Powered by Ameba

高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」Powered by Ameba


テーマ:

ども、名人です。

 

今日の東京の空は、雲で覆われています。

気温も、ちょっと低くて、肌寒い感じですね。

 

さて、今日は、お台場のフジテレビにて、イベントがあるので、早めに起きていて、準備を進めています。

今日来られる方は、一緒に楽しみましょう!

 

 

ところで、昨日のHuカードのブログなどでPCエンジンの事を書くと、「PCエンジンミニ」が欲しいというコメントが書かれます。

 

ミニが欲しいのは、私も同様なんです。

30年前に、速度が速いチップを使っていたとはいえ、現在のチップを使えば、PCエンジンと同程度の性能を出す事は充分過ぎるほどに可能です。

 

さらには、当時のゲームは、数MB程度、そして、CD-ROMであったとしても、1タイトル700MB以下なので、現在のメモリーの価格を考慮すれば、20や30タイトルを入れる事も可能です。

 

もし私が設計するとしたら、上と前面から見たデザインは、白い初期のPCエンジンにしておきます。

異なるのは、左右のデザインになりますが、どちらからに、コントローラーの挿入口を4つ取り付けたいですね。

 

これはマルチタップを使わないで、5人対戦が出来るようにという事なんです。

マルチタップも同時に販売する事が出来れば、必要は無いのですがPCエンジンのコネクターは小さいので、5個並べても、問題はありませんからね。

 

 

という感じで、思いを書く事は出来ても、実際に実行するとなると様々な問題が生じてきます。

 

今までにミニを販売したのは、それぞれが自社メーカーだから出来ているという部分が大きいです。

もしもPCエンジンミニを販売するとなると、現在商標名を持っている「コナミデジタルエンタテインメント」さんと「ビッグローブ」さんに許諾を得る事から始まり、さらには、それぞれのソフトメーカーにも許諾を得なければいけません。

 

15年ほど前にハドソンがやっていたアーカイブなどでも出ていないゲームは、その権利の確認が面倒だったからになります。

たった15年前でも大変なのに、30年前にともなると、どれだけの時間が掛かるかは見当も付きませんし、もしかして、見当が付いた時には、ミニフィーバーが終わっているかもしれません。

 

まぁ、充分な予算があれば、そんな事は問題無いのでしょうけど…

ホントに、宝くじが当たってくれればと思うばかりですね。

 

 

というところで、そろそろ出なければいけません。

 

 

 

 

 

 

では、今日も一日楽しみましょう!

高橋名人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ