今日は、打合せの流れで、矢場とんに行って来ました。

せっかくなので、たっぷり楽しもうという事でお願いしたのが

 

わらじとんかつ定食     1800円

 

 

かつが2層になっていて、両方ともに味噌だれか、味噌だれ+ソースかを選ぶ事が出来ます。

 

今回は、味噌だれとソースにしましたが、このソースも、味噌だれっぽいので、私としては、とんかつソースの方が、もっと良いのになと思ってしまいます。

 

 

美味しかったです。

 

ごちそうさまでした。

ども、名人です。

 

今日の東京の空は、どんよりとした雲で覆われています。

天気予報を見ると、週末にかけて雨になる確率100%となっていました。

せっかく…、計画していたのが台無しです。

そして、今朝の私の体温は、36.0度でした。

 

さて、昨日は、PCエンジンminiで遊んでいました。

どのタイトルで遊ぼうか悩んだのですが、miniの中でも最大級に変なゲーム

 

超兄貴   を遊びました。

 

 

これが発売されたのは、1992年12月に完全PCエンジン用のオリジナルタイトルとして、発売されました。

最初の、このゲームを見たのは、旧ハドソンの社内で、皆で、「何これ!?」と言っていたと思います。

 

この頃にボディビルが流行っていたかは思い出せませんが、スーパードッジのイベントで一緒だった、マッスル北村さんが世界選手権に出場していたのがこの前後な様で、私の知らないところで流行していたのでしょう。

 

そして、そのボディビルをメインストーリーにしたのが、この「超兄貴」なのです。

 

基本は横スクロールのシューティングですが、ステージによっては背景が縦スクロールをしたりします。

そして、それぞれのステージで登場する敵キャラも、かなり豊かなものでした。

 

 

 

 

操作は、男のイダテンか、女のベンテンを選ぶ事が出来ます。この違いは、ため打ちのビームが真っ直ぐのメンズビームか斜めにも攻撃出来るスプラッシュビームかの違いになります。

 

まぁ、とにかく、プレイした方には分かると思いますが、本当に変なゲームで、最初は、その違和感と思わず笑ってしまう世界感で、なかなか先に進める事が出来なかったりします。

 

そういう意味では、ぜひ試して欲しいゲームでもありますね。

 

 

 

 

では、今日も一日楽しみましょう!

 

 

今日は、とんこつ醤油ラーメンが食べたくて、とある店を目指していたのですが、途中にあった黄色い看板にひかれてしまいました。

お願いしたのは

 

とんこつ醤油ラーメン    800円

麺大盛り          100円

 

 

ランチには、ライスかサラダが付くのですが、ライスよりも麺を大盛りにしてしまいました。

 

チャーシューは、スープに浸しておけば、柔らかくなるので、私は、そこまで待って食べています。

麺は中太で、今日ののどごしは良かったです。

 

 

 

美味しかったです。

 

ごちそうさまでした。

ども、名人です。

 

今日の東京の空は快晴です。

気温は、まだ春らしい感じですけども、これくらいが1年続いてくれると良いなと思います。

そして、今朝の私の体温は、35.9度でした。

 

さて、昨日は、久しぶりにバンゲリングベイを遊んでみました。

 

 

このゲームを遊ぶのは、ほぼ記憶に無いのですけども、そこまで期間が空いている訳ではありません。

ただ、冷静になってプレイしてみると、やっぱり小学生には無理だったかなという感じがします。

 

皆さんもご存じの様に、オリジナルのゲームは、

「ロードランナー」

「チョップリフター」

と一緒になり、「バンゲリング帝国三部作」と呼ばれていました。

 

バンゲリング帝国は、このバンゲリングベイの舞台であり、ロードランナーがバンゲリング帝国に潜り込んで金塊の奪取。

そして、チョップリフターが、バンゲリング帝国に捕まった捕虜の救助になっています。

 

このストーリーを無視したかの様に、ハドソンではロードランナーとボンバーマンを紐付けてしまいましたが、まぁ、それもその瞬間の思いつきだったので…

そこはご容赦寝返ればと思うばかりです。(汗

 

まぁ、そもそもファミコン版のロードランナーを見せに行った時、「これは違う」と言われていたので、ブローダーバンド社さんは、別途の作品として、分けていたかもしれません。

 

それにしても、今さらですが、このバンゲリングベイを遊んでみると、なかなか難しいですね。

これを販売した当時は、もっと先まで進められていたのですが、2ステージをクリアするので精一杯な感じです。

 

私には、ある特技があって、どんなに遊んだゲームでも、1年もしないで忘れる事が出来ます。(汗

ただ、少しやれば思い出してしまうのですけど…

それゆえに、気に入ったゲームであれば、何度でも遊ぶ事が出来るのです。

それも新鮮な気持ちで。

もしかすると、皆さんも同じかもしれませんけどね。

 

 

 

では、今日も一日楽しみましょう!

 

 

ども、名人です。

 

先日、とっても美味しい日本酒を紹介されました。

 

加東市秋津地区「山田錦」を100%使用

米のささやき 龍力 純米大吟醸 秋津

 

 

特A地区特上米契約栽培の山田錦を100%使用した純米大吟醸です。

 

実は、昨年開催していた「Tokyo Sake Festival 2020」で、ここ本田商店さんの「龍力」を頂いたのですが、そのおいしさにハマってしまいました。

 

そうしたら、その最高級酒をぜひ飲んでみてくださいと言うことで教えて頂いたのが、こちらの「秋津」になります。

 

ぶっちゃけ言うと、一口含むだけで、お米の全てを感じる事が出来ます。

そして、怖いくらいに、杯が進んでしまいます。

「秋津」は、この720mlで16500円なので、そこはちょっと怖くなります。

しかし、逆に言うと、これだけ美味しい純米大吟醸が、この値段で頂けるってのは、やっぱり日本酒って安いですね。

 

帰り道で、北海道プラザへ寄って、イカの塩辛と鮭の氷頭のなますを買ってきましたが、どちらにも合うし、この他にもマリアージュしたくなりました。

 

いや、本当に美味しかったです。

 

チャンスが有ったら、皆さんもぜひ!