✈ 日本映画:空気人形

 

2009年制作の日本映画

「空気人形」を観ました。

英語では「Air Doll」という。

 

空気人形 [DVD] 空気人形 [DVD]
2,650円
Amazon

 

 

正直、あまり気が進まなかった

けれど、友人がDVDを貸して

くれたので観ました。深い映画。

私が借りたDVDは日本語メインで

ドイツ語とフランス語の字幕付き。

フランス語の勉強になるかと思い

ましたが、あまりにも奇妙な話

なので、そちらに集中してしまい

ほとんどフランス語字幕は読んで

いません。

 

 

あらすじ&ネタバレ

大人の人間サイズの空気人形

ラブドール。「のぞみ」という名を

つけられ、持ち主にとても大切に

扱われていた。ある日、心を持ち

自由に動けるようになる。

 

様々なことを観察し、真似をして

いろいろなことを覚えていく。

いつの間にかビデオレンタル屋で働く

ようになる。そこで働く純一から

色々なことを教わり、一緒にでかける

ようになる。

 

- - - - -


道ゆく気になる人々の後をつけたり、

話をする中で、印象に残る言葉の数々、

不思議な映画です。綺麗だったり、

エロっぽいところもあるのだけれど、

何か気持ちが悪くなる場面もあった。

 

中身のない人間。
代わりがきく人間。

心があったほうがいいのか?

心がないほうがいいのか?

醜い景色ばかりの世の中なのか、

美しい部分もあるのか・・。

 

いってきます。

おかえり。

 

人間はこの世に生まれて、時を経て

いずれは死ぬ。

 

燃えるゴミ・燃えないゴミ

 

カラダに空気を入れる。

 

言葉のほかに印象に残ったことは、

景色や描写の美しさというのかな・・

アートっぽい。人形と人間の

対比のようで、実はいまどきの私たち

の在り方をのぞみを通して観ているの

かなとも思います。自分勝手さも

ちょっとした人々の姿勢から感じる。

 

代わりはいくらでもいる。

のぞみは生みの親(人形師)に会いに

いく。作りかけの人形たちを観ている

ところに、人形師がやってきてのぞみに

向かって「おかえり」という。すぐに

わかるのですね。のぞみに、工場に

戻ってくる人形たちの表情がどれも違う

こと、それぞれ経験が違うのだという。

 

- - - - -

 

いつもありがとうございます。