前出の浅田次郎氏の小説は厳粛な神秘的世界の物語台風霧台風

 

それに較べて原田マハさんのアートミステリーはまさにエンターテインメント、

 

面白い?と言っては失礼かもしれませんが、内容にもストーリー展開にもぐいぐいと引き込まれましたグッド!グッド!グッド! 

 

この本は題名からもわかるようにピカソがテーマ。

 

ピカソがゲルニカを描いた1937年頃と現代を交叉してストーリーが進みます。

 

(現代と言っても、NYで同時多発テロのあった2001年と、その後アメリカが大量破壊兵器を持つイラクに対して軍事行動を起こす2003年の頃のことです)

 

<2003年、国連本部でアメリカの国務長官がイラクへの攻撃開始をプレス発表した。その背後の壁にはピカソの「ゲルニカ」(複製織物のタペストリー)が掛かっている筈だったが、当日そのゲルニカの絵には何故か暗幕が掛けられていた。誰が何のために幕を掛けたのか演劇

 

丁度その頃、ニューヨークMoMA美術館でキュレーターとして働く瑤子は「ピカソの戦争」と題した企画展を開こうとしていた。企画の中心展示作品は何といってもゲルニカだ。瑤子は2年前の9・11のテロで夫を失っていた。夫を奪ったテロは憎い、だがイラクへの報復は憎悪の連鎖を生むだけだ。瑤子はゲルニカの力を借りて平和の意義を広く人々に訴えたいと思っていた。

 

ゲルニカは当時パリで開かれた万博でスペイン館を飾る壁画として描かれた。その頃ピカソの母国スペインでは共和国政権と保守系右翼が争っていた。1937年4月26日、フランコ将軍を支援するナチスドイツ空軍はスペイン北部の小さな町ゲルニカに無差別爆撃をかけた(この爆撃は世界史上でも初めての空からの爆撃( air raid )にあたる)。

 

その惨状を知ったピカソは母国の惨劇に対する怒りと哀しみを絵の中にぶつけた・・・横たわる兵士、苦しむ馬、子供を抱え泣き叫ぶ女、もがき苦しむ人々や動物の群像・・・その絵はゲルニカと名付けられた。だが、ピカソの住むパリににもナチの攻撃が迫っていた。

 

ゲルニカはピカソの信奉者、スペインの元貴族の若者によって一時ニューヨーク近代美術館に預けられる。スペインの国内事情が安定した後、ゲルニカは祖国に戻される。

 

紆余曲折を経て現在はソフィア王妃芸術センターに飾られている。だが、経年劣化にによる傷みが激しく門外不出となっている。戦への憎しみ、平和への願い、反戦のシンボルとしてのゲルニカを何としても借り出したい瑤子。果たして借り出すことはできるのか!?!?

 

 

正直、あまりピカソの絵は好きではありませんでしたカラーパレット

 

それは私自身が絵画に求めるものが違っていたからです。

 

ルネッサンス期の美しい人間美、厳かな宗教画、写実を超える繊細な描写の人物や風景や静物など

 

観ることで感動し心癒される、そんな絵が好き・・・ラブラブラブラブ

 

それらに較べるとピカソは醜くてグロテスクでドクロ全く魅力が感じられないパンチ!

 

でもこの小説を通して絵の持つ意義や価値について再考させられました。

 

美しいだけが魅力的な絵ではない、強く人の心に訴える絵もまた魅力的なんだと音譜音譜

 

専門家はピカソの絵をキュービズム(立体)派と称しているそうですが、その中でも代表作であるゲルニカ、これをピカソが描いた当時は評価されなかったそうです。

 

(キュービズムという定義も分かりにくいのですが、三次元の空間軸と時間軸を絵という二次元の平面で描写でするとああいう不思議なフォルムの絵が出来上がるというのではないかという気がします)

 

でも、時を経れば経るほど、ピカソの戦争に対する哀しみ憤りが観る人の心を打つようになっていった・・・メラメラメラメラ

 

なんとなく納得⁉

 

この絵が評価されるには時代の流れと人々が物を観る価値観の変化が必要だったのではないでしょうか。

 

世紀に亘って続く戦争、それから一世紀も経たぬのにまたテロによる殺戮と報復が繰り返される現代。

 

ピカソの絵は先の戦争への憎しみを描き、瑤子は殺戮の連鎖を止めたいと願いゲルニカを展示しようと画策する・・・

 

たとえこの小説が半分はフィクションだとしても美術の持つ力について教えられた気がしています。

 

The art is mightier than the sword ! !. 

 (The pen is mightier than the sword. をもじって)

 

 

 

引き続きこの物語の第一話と第五話を紹介します。

 

第一話「神上りましし伯父」これも浅田少年の実体験です。

 

<時代は浅田氏が小学生の頃、昭和三十年代半ばのこと、浅田少年の伯父にあたる武蔵御嶽神社の十九代目の神官がある冬の夜に亡くなった。

 

浅田少年は、その前年に伯父が神の使者である白と黒の二頭のお狗様に先達されて歩く姿を見かけている。

 

それはまさしく「神上がる」つまり神官にとっての死の予兆の姿だった。

 

伯父は亡くなった当夜に、神主の衣冠を身に付け白い箱を捧げ持って少年の夢の中に現れた。

 

火葬後、屋敷に戻る葬列では最後尾を同じ姿で歩いていた。

 

通夜の夜、少年は、他の神官たちに霊魂を追われ雪降る中を悲し気に屋敷を去る伯父の霊を見送った。

 

納骨の日、奥津城(墓所)では八百万の神々や他の先祖の霊をそこここに感じたが、もう伯父の姿は見られなかった。

 

だが、その気配、息吹きを耳元に感じ、少年は伯父が「神上がった」ことを実感した。

 

山に生まれ神に仕えたものは土に還る(土葬される)というのが神官の運命。

 

ところが当時法律により土葬は禁止となり、神官と雖も法律には従わざるを得ず火葬された伯父。

 

伯父の無念さを感じ取った浅田少年は―見えざるものが見え聞こえざる声が聞こえる能力---が自分に備わっていることにおののきを覚える>

 

第五話「見知らぬ少年」

 

<浅田少年には従妹が沢山いた。

 

夏休みにはその一統が集うことがある。

 

子供たちは屋敷に着くと先ず神社をお参りする。

 

参道の途中で浅田少年は今まで見かけたことのない少年に出会った。

 

名を尋ねると「かしこ」と答える。

 

だが、子供一行が集う夕食の席に「かしこ」はいなかった。

 

かしこのことを尋ねると伯母に驚かれ叱られる。

 

夜になり肝試しをすることになった。

 

神社の方に行くか、奥津城(墓場)に行くか。

 

浅田少年は独りで奥津城に行くことになった。

 

恐ろしさに慄きながら進むといつのまにか「かしこ」がついてきて歌を歌って励ましてくれた。

 

奥津城に着き祖父の墓に詣で、その傍らの木陰に小さな岩を見つける。

 

岩の面を手でなぞると「かしこ」の文字が・・・>

 

その他には

第二話「兵隊宿」ある雪の夜、近衛連隊の一師団が御嶽神社の宿坊に一夜の宿を請いに来る。だが、その夜、同時刻には既にその一師団は遥か離れた旅順の二百三高地で全滅している筈だった・・・

 

第四話「聖」宿坊に喜善坊というある山伏が訪ねてくる。山形の羽黒山で修業、次の修行地の熊野へ行く前に御嶽神社の御師様の下で山中行に励みたいと願い出る。満万行を終えた修行僧は天狗岩から身投げする…果たして修業は全うされたのか?

 

第六話「宵宮の客」宿坊に背中に背後霊を背負った男が現れる。彼は、世話になった親方の娘との縁談話が断れなくて恋人を殺してしまった逃亡者だった。男の背中の背後霊はその恋人のものだった・・・

 

第七話「天井裏の春子」狐に憑りつかれた春子、祖父の御師様が一生懸命祈祷して春子の心身から狐を追い払おうとするのだが・・・

 

という物語がありました。

 

それぞれの物語をこうして粗筋でまとめると何だか味気ないのですが、物語の中で起きた出来事が、御嶽山や神社やその周辺の自然を背景に巧みに描写されているので、遥かに神秘性を帯び、怪奇現象に変わり、怖ろしさが一層増してきます。

 

浅田氏が随所に散りばめた珠玉の描写を拾い出し繋いでみると・・・

 

鬱蒼たる杉の森は凍えつき、

 

氷のかけらを散らし、

 

まるで白羽二重のように濃密な光沢のある霧は山をくるみこみ、

 

軍靴の足跡や砲車の轍を白く被うのは雪のしわざではなく高天原から降り落ちたもう無数の小さな神々の(しわざ)

 

神々は花を好まぬ、

 

花を大自然の些末な一部とみなし、巌や常盤木の清浄を穢す色や香りととらえて一夜の嵐であとかたもなくけ散らす、

 

雷雲が生ずれば屋敷はそれに包みこまれ、その稲妻は横に走る、その尖光はまさしく神の姿である・・・

 

という御嶽山の全貌が浮き上がってきます。

 

一方で、中央線から見る武蔵野の雑木林や、基地と都心を繋ぐ街立川の雑踏や、青梅線沿線の様子や、奥多摩の山波、多摩川の瀬音についての記述、

 

日向和田、吉野梅郷といった馴染みのある地名の羅列があって親しみも湧きます

 

読み終わり、この空の延長線上に浮かぶ神なる山、御嶽山に心奪われ、いつかもう一度訪れてみたいと思いました。

 

 

この夏は異常な暑さだけでなく、自然災害にもつながるような大雨、雷、台風などにも悩まされました。

 

科学の発達していない大昔には、それらが神の仕業と考えられても仕方なかったでしょう。

 

日本人にとって自然は神、

 

風雨や雷のような無形のものから、巨石や巨木のみならず小さな草花にも神の存在を認め畏れ崇めています。

 

中でも山岳信仰は特別。

 

「神坐す(かみいます)山」といえば、九州の阿蘇山、鳥取の大山、四国の石鎚山、奈良の三輪山、長野の戸隠山、山形の出羽三山などなど。。。

 

日本の各地方に幾つも思い当たります。

 

最初にこの本の題名を見かけた時、いったいそれらの内どの山を指すのかに興味を持ちました。

 

なんとそれは御岳山(みたけさん)のことでした。

 

といっても先日大相撲で優勝した御嶽海の出身地、長野の御嶽山(おんたけさん)ではありませんよ。

 

れっきとした東京都の山で、新宿から二時間くらい?の青梅線は御嶽駅からバスとケーブルカーで30分位で行けちゃう霊山です。

 

山上には武蔵御岳神社があり、私も一度訪れたことがあります。

 

御岳神社といっても木曽の御岳教とは縁もゆかりもないそうで、

 

こちらは、第十二代景行天皇の御代、日本武尊東征の折に山上に具をしたので武蔵の国号名が起こり神社の草創となったとか、

 

この小説の作者、浅田次郎氏の先祖は徳川家康の関東入封の折に先達を務めた熊野の修験者だったそうです。

 

そういう祖先を持つ浅田次郎氏が、少年時代に体験した不思議な出来事や、今も御嶽山で宿坊を営む神官の親戚などから聞いた不思議な物語がこの小説の軸となっています

 

(もともと「~~物語」という小説の形式は、古来の雨月物語のようなものから近代の遠野物語のようなものに至るまで、嘘か誠か民衆に伝わる数々の不思議なエピソードを集めたものを指すそうですね)

 

全部で七つの物語からできています。

 

中でも印象深かったのは第三話の「天狗の嫁」でした。

 

これは作者自身の体験から書かれています。

 

その粗筋は

<羽振りの良かった頃の父と母と一緒に泊まった御嶽山の屋敷で大嵐に遭遇。六歳の時に天狗にかどわかされたことがあるという母の姉、カムロ伯母は、その大嵐は天狗が自分を迎えに来たものだと慄き震える。嵐は天狗のいたずら、大きな団扇で煽ると大風が起きるという言い伝えどおり、更に猛り狂った嵐は遂には父の泊まった新館の屋根を吹き飛ばす。父は無事だったが、少年は、もしやこの大惨事は父が起こしたのではないか、実は父は人間ではなく天にも昇れず地獄にも堕ちずに人間界を飛び回り人心を惑わす天狗だったのではないかと疑う。そんな猜疑心を子供に抱かせるような人間味の薄かった父。その後父は事業に失敗し母と離婚、一家を見捨て勝手気ままに生きて亡くなる。カムロ伯母は四十で嫁入りしたが、八百万の神々と立てた誓いを全うして程なく神上がった(亡くなった)。カムロという名前は神漏美と書き女神の尊称のことであった>

というものです。

 

 

実はこの本によると、この大嵐は昭和34年の伊勢湾台風の時のものだそうです。

 

伊勢湾台風では東海地方を中心に約5000人の方が犠牲になっっています。

 

私自身も中学生の時に体験、家ごと吹き飛ばされるのではないかと恐れ雨戸を一晩中必死で押さえていた記憶があるので、なおさらこの物語が印象に残りました。

 

自然災害は台風に限りません。

 

台風一過と思ったら北海道では大きな地震が!!

 

この度の台風や地震で犠牲になった方々や被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます<m(__)m>